社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
年次大会  Annual meeting
MENU


第73回大会(オンライン開催)のホームページは出来上がり次第開設します

第73回大会(オンライン開催)研究発表申込案内

第73回大会運営委員長  今川 真治
研究発表審査委員長    吉川はる奈

 10号で予告しましたように,(一社)日本家政学会第73回大会を下記の要領によりオンライン開催いたします.多数の研究発表が行われ,活発な議論ができることを期待しております.
 研究発表申込みは本学会大会ホームページから演題登録サイトに入り,案内にしたがってお申込み下さい.発表の採否(口頭発表・ポスター発表の別を含む)および発表日時の決定は研究発表審査委員会が行いますので,ご了承下さい.採否は 2月末にメールでお知らせいたします.
 プログラムは,大会ホームページ上でお知らせします.発表の詳細は大会ホームページでご確認下さい.また,オンライン大会の参加に当たっては,文末の「一般社団法人 日本家政学会大会オンライン開催に当たっての注意事項」を遵守くださいますようお願いいたします.

[第73回大会概要]
1.期 日:2021年5月28日(金)~5月30日(日)
5月28日: 代議員懇談会
29日: 研究発表(口頭発表,ポスター発表),シンポジウム,代議員総会・学会賞授与式,学会賞受賞講演,スポンサーズセミナー(例年ランチョンセミナーとして開催しているもの),企業展示
30日: 研究発表(口頭発表,ポスター発表),スポンサーズセミナー,企業展示,若手の会・部会企画等
※スケジュールや内容については変更の可能性があるため,最新情報は大会ホーム
  ページでご確認ください.
※各部会企画等の時間帯についても,大会ホームページでご確認ください.
※シンポジウムの一部については,後日,関係者の許可を得て一般公開する予定です.

2.会 場:オンライン開催(神戸女子大学)

3.大会事務局:
〒654-8585 兵庫県神戸市須磨区東須磨青山2-1
神戸女子大学家政学部
一般社団法人日本家政学会第73回大会実行委員会事務局
 平田 耕造 Email:kasei-taikai2021@yg.kobe-wu.ac.jp

4.大会ホームページ:
第73回大会に関する最新の情報は,(一社)日本家政学会の大会ホームページに掲載します.
http://www.jshe-taikai.info/

[募集する研究発表の概要]
1. 発表資格
 

・演者(口頭発表・ポスター発表とも)は,正会員,学生会員および海外会員とします.
・1人が2件以上の発表で演者となることはできません.
・賛助会員は発表者になることができますが,演者になることはできません.
・非会員は発表者になることができますが,できるだけ入会をお願いします.
  入会申込については,本ホームページの入会案内をご覧ください.
・研究発表申込入力の際は, 5桁の会員番号  が必要です.発表者全員の会員番号をあらかじめ準備してください.
  非会員は00000と入力して下さい.
   ※演者とは,登壇者を指します.
   ※発表者は,演者,筆頭発表者,共同発表者等すべての登録者です.

2.研究発表内容
  家政学分野に関連した内容で, 下記に関する未発表の研究

              専門分野別・テーマ別の演題分類表
 専 門 
 分 野 
家政学原論   家庭経営・経済  家族   児童  
食物 (栄養 食品 調理・加工 食文化 食育)
被服 (材料・整理・染色 構成・衛生 心理・意匠・服飾) 
住居  家政教育   環境  健康  福祉  国際  震災 
             総合領域(環境 健康 福祉 国際 震災)についても積極的にお申込み下さい.
3.発表形式
   第73回大会では,口頭発表はWeb会議システム「Zoom」を,ポスター発表は「Facebook」をプラットフォームとしてオンライン開催することになりました.また72回大会より,英語でのポスター発表ができるようになっています.
4.発表の要領
  (1)口頭発表
①全分野の発表時間は1題15分(発表12分,討論3分)です.時間厳守をお願いします.申込多数の場合には,時間が短縮されることがあります.また,Zoom会議室の数に限りがあるため,ポスター発表に変更をお願いすることがあります.
②詳細は大会ホームページおよび学会誌に掲載されるプログラムでお知らせします.
③すべての発表はZoom Webinarで行いますが,一般的なZoom meetingと同様,Zoom会議室内で,演者が発表スライドデータを画面共有する形式で発表を行っていただきます.
④発表スライドデータは,ワイドスクリーン(16:9)サイズで作成いただくことを推奨します.
⑤ネットワークは有線LAN接続を強く推奨いたします.高速Wi-Fiも使用可能ですが,時間帯や利用場所によりWi-Fi通信は安定しない場合があります.
⑥マイクとスピーカーはヘッドセット(マイク付きヘッドフォンなど)を利用することを推奨いたします.相手の声が聞き取りやすくなり,エコーによるハウリングなどの障害を防止します.
(2)ポスター発表
①本大会用に設置するFacebookの特設ページにポスターをアップロードしていただきます.今回設置するFacebookページは本学会に限定した公開設定としており,大会事務局からの承認なしでは閲覧ができない仕様となります.本大会専用のアカウントの作成から,ポスターの掲示,ポスターの閲覧,質疑応答までの基本的な流れは,参加者向けポスター発表・閲覧・質疑に関するマニュアルを作成して案内します.
②ポスターは,発表者が自分でFacebook上にアップロードしていただき,参加者がそのポスターを学会期間中に閲覧するスタイルで行います.質疑応答は原則としてFacebookのコメント欄におけるチャット機能を使っていただきます.ただし,発表者がコメント欄などにWeb会議用のURL(Zoom, Google Hangouts Meet, Skype等)を貼り付けておくことによって,より通常の集合開催に近い映像・音声での質疑応答も可能ですので,希望者はご利用ください.
③ポスターセッション:双方向性の質疑応答を促すため,発表者が情報端末の前でリアルタイムに説明・質疑応答を行うコアタイムを設定します.
④コアタイム:5月30日(日)10:30~12:00
 コアタイムには,すべてのポスター発表者が自分自身のパソコンの前にいる必要があり,参加者からの質問に即座に対応しなくてはなりません.
⑤発表用ポスター作成について
 詳細は大会ホームページおよび学会誌に掲載されるプログラムでお知らせします.
5.若手研究者ポスター賞
   第67回大会より,若手研究者の研究奨励・応援のために「若手研究者ポスター賞」を設けています.奮ってご応募ください.応募資格は,2021年4月1日現在45歳未満の会員です.エントリー希望者は,演者かつ筆頭発表者でなければなりません.またエントリー希望者には,Zoomによる口頭発表も行っていただきます.ただし,口頭発表の演題登録は,改めて行う必要はありません.なお,過去に若手研究者ポスター賞を受賞した者は,エントリーできません.
 研究発表申込の際,演題登録サイトの連絡者情報の中の「若手研究者ポスター賞」欄で「エントリー希望」を選択してください.ただし,英語による発表希望者はエントリーできません.
 
[研究発表申込方法]
1. 大会ホームページhttp://www.jshe-taikai.info/から演題登録サイトに入り入力して下さい.
2. 申込受付期間:2021年1月12日(火)14:00~2月15日(月)14:00
ただし、2021年1月14日(木)21:00~24:00の時間帯は、Confitの演題登録/参加登録システムのメンテナンスのため、発表申し込みが出来ません。
  締切間際の入力は,トラブルの原因になるので,早めの入力をお願いします.申込受付期間を過ぎてからの修正は一切できません.研究発表審査委員会は,修正の依頼には対応しません.
3. 入力必須事項は,発表者全員の氏名・所属機関(日本語と英語)・会員区分・5桁の会員番号,演題分類,発表形式,演題名(日本語と英語),要旨(日本語または英語),キーワード(日本語と英語),連絡者に関する情報(メールアドレス等)です.
サイトに接続した状態で60分間アクセスがないとタイムアウトして接続が切断されます.短時間で入力を終えるよう,要旨はあらかじめワード等で作成しておき,入力画面に貼り付けて下さい.ただし,文字修飾などは,貼り付けした場合に消えることがあるので,入力画面上で行うようにして下さい.
4. 使用文字種:
  ・使用できるのはJIS第1,第2水準で規定されている文字のみです(人名も含む).
 環境(機種)依存文字の使用は絶対に避けて下さい.データ共有の面で重大な支障をきたしますので守って下さい.
   代表的な環境(機種)依存文字(すべて全角の1文字)
     囲み文字:①,②,③,・・・
     ローマ数字:Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ,・・・
     単位記号:㎜,㎝,㎞,㎎,㎏,㏄,㎡・・・
     省略記号:㈹,㍾,㍽,㍼,・・・
 万一これらの文字を使用した場合,印刷のときに別の文字に変換されます.研究発表審査委員会は修正しません.
5. 申込受付期間中はマイページ上から何回でも登録確認と修正ができます.登録確認と修正には,マイページへのログインID・パスワードが必要です.(ログインID・パスワードについては,次ページの申込入力要領で説明しています.)
なお,期間中演題を一度取り下げ再登録する場合は,マイページにログインし,新規投稿を開始してください.演題名を変更する必要はありません.同一演題名でも再登録は可能です.
 
[演題登録サイトでの申込入力要領]
☆演題登録サイトからの入力内容がそのまま要旨集に掲載されます.登録者による校正はありません.入力内容を十分に確認してください.
1. 演題登録サイトにアクセスして下さい.
大会ホームページhttp://www.jshe-taikai.info/のトップページにある 日本家政学会第73回大会研究発表申込 ボタンをクリックするとアクセスできます.画面の指示にしたがって入力して下さい.
推奨ブラウザ:Microsoft Edge 最新版 Internet Explorer 最新版 Firefox 最新版 Safari 最新版 Chrome 最新版
2. 画面下の「マイページ作成」をクリックし,必要項目を入力してマイページを作成して下さい.
マイページの登録者は,事務局とのやり取りをしていただく連絡者です.連絡者は,原則として演者(登壇者)とします.演者が連絡者になれない場合は,必ず発表者の中から連絡者を選んでください.メールアドレスを正しく入力しないと,演題登録画面に入れませんので,お気を付け下さい.
3. 演題登録の際は以下の表をお手元に置き,記入例に従って入力して下さい.
 
手順 方法 記入例
 1 入力 【マイページ作成】


連絡者情報
・大会ホームページhttp://www.jshe-taikai.info/のトップページにある 日本家政学会第73回大会研究発表申込 ボタンをクリックする.
・画面左下の「マイページ作成」をクリックし,必要項目を入力してマイページを作成する.
 
・必須項目は必ず入力する.
・英語の姓(FAMILY)はすべて大文字,名(First)は最初の文字だけ大文字で入力する.

・受付通知は,連絡者のメールアドレスに送られるので,メールアドレスは正しく入力すること.

・ログインID・パスワードは各自で作り入力する.
 (ログインIDはメールアドレスでも可)
 パスワードは再度,登録内容確認と修正をする際に必要となるので,必ず控えておくこと.
家政 明子   KASEI Akiko
神戸女子大学
〒654-8585 兵庫県神戸市須磨区東須磨青山2-1

kaakiko@yg.kobe-wu.ac.jp


*******
・連絡者情報下部の確認ボタンをクリックして登録内容を確認し,登録ボタンをクリックする.
・登録したメールアドレス宛に完了メールが配信される.そのメールのリンクをクリックし,メールアドレスを本登録する.
・画面下の同意項目をご確認の上「同意する」をチェックして,「新規投稿」ボタンから演題登録を開始する.
 
【演題登録】
所属機関情報

発表者全員の所属機関名を日本語と英語で入力する.
注)
・所属は大学名,企業名等を略記で入力する.
 (例)○○大学→○○大 
    ◇◇女子大学→◇◇女大
    株式会社○○→(株)○○
    △△短期大学→△△短大
    □□大学短期大学部→□□大短 
・学部・学科名,所属部署等は入れない.
 (例)四国大学生活科学部→四国大
・教授,客員教授,非常勤などの役職名は入れない.
 (例)×お茶の水女大・教授 ×名古屋大・非
・大学院所属の教員,学生とも,大学名のみ入力.
 (例)×富山大・院→○富山大

1 群馬大 Gunma University
2 北海道教育大 Hokkaido University of Education
3 郡山女大短 Koriyama Women’s College
発表者に関する情報 発表者全員の姓名を日本語,英語で入力する.

英語の姓はすべて大文字,名は最初の文字だけ大文字で入力する.
・会員区分と5桁の会員番号を入力する.
・非会員の場合は00000を入力する.

・発表者ごとに所属機関を選択する.
・発表者を並べ替えることも出来ます.

・賛助会員は,演者以外の発表者となることが出来ます.
・非会員は,演者以外の発表者になることが出来ますが,できるだけ入会手続きをしてください.(入会申込は,日本家政学会ホームページ http://www.jshe.jp/ よりお願いします).
筆頭発表者
 家政 明子   KASEI Akiko
 所属機関1
 正会員12345

発表者2
 日原 式子   HIHARA Shikiko
 所属機関2
 学生会員23456

発表者3
 小山 道夫  KOYAMA Michio
 所属機関3
 非会員00000
演者
(登壇者)
演者を発表者から選択する.
・演者(口頭発表・ポスター発表とも)は,正会員, 学生会員および海外会員とする.
・1人が2件以上の発表で演者となることはできない.
演者
講演情報
演題分類
選択肢(家政学原論,家庭経営・経済,家族,児童,食物,被服,住居,家政教育,環境,健康,福祉,国際,震災等)の中から選択する. 環境
希望発表形式 次の中から選択する.
口頭(日本語),ポスター(日本語),ポスター(英語),
口頭またはポスターどちらでも可(日本語)
口頭(日本語)
演題名 演題名を日本語と英語で入力する.
・英文の題名は右記のように, 最初1文字のみ大文字にする.
排水中からの除去方法の検討を前提とした非イオン界面活性剤の定量法の開発
Development of the quantitative method・・・・・.
要旨 目的,方法,結果に分ける.
発表言語に応じて,入力欄が異なる.
日本語・英語とも要旨のみ入力し,演題名や発表者名,所属は入力しないこと.
 
日本語で発表される方は「日本語」の要旨入力欄に記入する.
・全角500字以上,610字以内で,具体的に記述する.
 
英語で発表される方は「English」の要旨入力欄に記入する.
・半角1,000字以上、1,200字以内で記述する.
目的 環境教育の一環として,排水中からの非イオン界面活性剤の除去方法を検討するために,前報1)に引き続き,非イオン界面活性剤の簡易定量法(CP法)の開発を検討した.
方法 自作の加熱式簡易濁度計2)を用いて,加熱に伴う非イオン界面活性剤溶液の濁度の変化を測定し,得られた温度-濁度曲線をもとに・・・・・・.
結果 (1)20~50ppmの試料溶液に対して,硫酸ナトリウムを添加して曇点の測定を可能とし,・・・・・.
[文献] 1) 家政明子ら;第35回洗浄シンポジウム,p.95-99 (2003) ・・・・・・.
キーワード 日本語と英語で入力する(3語以上6語以内).
英語の場合,最初の文字だけ大文字にする.
非イオン界面活性剤 Nonionic surfactant
加熱式簡易濁度計 Heating turbidimeter
曇点 Cloud point
若手研究者ポスター賞 エントリーされる方は,「エントリー希望」を選択.
英語による発表者はエントリーできない.
 
  Next(確認画面)ボタンを押す.  
 2 登録確認 表示された画面を見て
・文字化けがないことを確認する.
特に,要旨の文字修飾や特殊文字が正しく表示されていることを確認する.

・エラーメッセージが出ている場合は訂正する.
(入力内容が表示される.エラーがある場合はエラーメッセージも表示される)
・登録ボタンを押す.
・登録内容は,後で送付されるURLで確認できます.
 
 3 登録完了 受付番号が表示される.
受付番号とパスワードは,採否結果の確認,事務局への問い合わせの際に必要となるので,必ず控えておくこと.
(7桁の受付番号が表示される)

例: C000XXX
 4 受付通知メールの受信 登録したメールアドレスに受付通知メールが届いていることを確認すること.
受付通知メールが受信できない場合の問い合せ先:
 学会事務局(kaseigakkai@tokyo.email.ne.jp
 

☆「採否通知」メールは2月末に送信予定です.

本号記載の入力方法に変更が生じた場合は,大会ホームページに変更点を掲載します.

☆研究発表に関する問い合わせ先

日本家政学会事務局   kaseigakkai@tokyo.email.ne.jp

研究発表に関するお問い合わせは,すべて上記にお願いいたします.
連絡の際には必ず,受付番号,演題名,連絡者名(マイページ作成者名)を明記して下さい.


一般社団法人 日本家政学会大会オンライン開催に当たっての注意事項

 一般社団法人日本家政学会(以下「本学会」)大会に関わる映像,画像,抄録,音声等(以下「本コンテンツ」)の著作権は,本学会,講演者,その他の著作権者(以下総称して「著作権者」)に帰属します.本コンテンツは,大会の視聴用途のみにてご利用ください.

 本コンテンツの複製(静止画でのキャプチャ取得やスクリーンショット等を含む同等の行為のすべて.以下同じ.),上映,公衆送信,展示,頒布,譲渡,貸与,翻案,翻訳,二次的利用等は,一切禁止です.

 本コンテンツを,著作権者の許諾を得ずに,複製,上映,公衆送信,展示,頒布,譲渡,貸与,翻案,翻訳,二次的利用等することは,著作権を侵害する行為であり,その利用者は,刑事責任を問われる可能性があります.また,これらの行為は,発表者等の肖像権等を侵害する行為でもあります.

 本コンテンツ利用者が使用するPC環境,インターネット回線等が視聴環境を満たしているか,ご確認ください.視聴環境次第では,本コンテンツの映像が途切れ又は停止する等,正常に視聴できないことがあります.高速Wi-Fi も使用可能ですが,時間帯や利用場所により Wi-Fi 通信は安定しない場合がありますので,ネットワークは有線 LAN 接続を強く推奨いたします.

 視聴場所は聴講者の自宅または勤務先またはこれに準ずる場所としてください.公共性が高く聴講者以外の部外者が閲覧できる環境は避けてください.

 本大会の聴講者として不適切と本学会が判断した場合は退室して頂く場合がございます.
戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会 事務局は在宅勤務しています。
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.