社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 お知らせ 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

教員公募

東北生活文化大学(被服企画・造形分野)
岩手大学(学校教育分野)
神奈川工科大学(食品学分野)
新潟工科大学(食品科学分野)

東北生活文化大学(被服企画・造形分野)

職 名 教授、准教授または講師
採用人員 1名
業務内容 ①本学専任教員として必要な教育・研究活動と学生指導
②大学運営に関わる諸業務
担当予定科目 ファッションデザインや被服造形・生産実習等の主に被服企画・造形分野に関する科目
日本衣料管理協会の衣料管理士養成課程における「企画・設計・生産」分野の科目、専門研究等
※隣接科目を担当する場合もあります
所 属 学校法人三島学園 東北生活文化大学家政学部家政学科服飾文化専攻
条件等 常勤、待遇は本法人給与規程による。
応募資格 以下のいずれの要件も満たす者
①修士以上の学位を有すること。
②衣料管理士の養成に関連する専門科目が担当できること。
③採用後は仙台市またはその近郊に居住できること。
着任予定日 令和4年4月1日
応募締切日 令和3年8月31日 必着
提出書類 ①履歴書(写真添付、電子メールアドレスも記入のこと。)
②学位取得の証明書または学位記のコピー
③主要な業績5点の別刷りまたはコピー
④教育研究業績書(主要な業績5点に◯印を付すこと。)
⑤着任後の教育・研究・社会貢献に対する抱負(1200字程度)
⑥実務経験を有する場合は実務内容を説明する文書
⑦繊維製品品質管理士や衣料管理士等の資格を有する場合は資格証のコピー
※①、④、⑤、⑥はA4版、様式任意
書類提出先 〒981-8585 仙台市泉区虹の丘1-18-2
東北生活文化大学 教務課
※書留にて郵送し、表に「教員応募書類在中」と朱書のこと。
選 考 書類選考の上、面接を行います。
問い合わせ先 家政学科長 鈴木裕行 宛
TEL:022-272-7513  E-mail: h-suzuki@mishima.ac.jp
その他 ①選考過程において面接が必要な方には追って面接日を通知します。その場合、旅費等は自己負担となりますのでご了承ください。
②選考結果は本人に通知します。なお、原則として応募書類は返却しません。
③大学の概要等については本学ホームページをご覧ください。
http://www.mishima.ac.jp/

岩手大学(学校教育分野)

職 位 准教授
採用人数 1名
専門分野 学校教育(家庭科・生活科)
担当科目 学部科目:小学校家庭科(分担)、家庭科教育法(小)、小学校生活科(分担)、生活科教育法(分担)、小学校実践研究(分担)、教職実践演習、家庭科教育法Ⅰ、家庭科教育法Ⅱ、家庭科教育法Ⅲ、 家庭科教育法Ⅳ、家政学特講Ⅰ、家政学特講Ⅱ、卒論指導 等
 また、教育学部で開講している教科専門科目(特に「家庭」免許関連)のうち、研究分野によってそれに関連する科目を担当できることが望ましい(例えば保育学、住居学、生活経営学など)。
教養教育科目:基礎ゼミナール 等
大学院(教職大学院)科目:家庭科教育の実践と課題、生活科・総合学習の実践と課題
応募資格 (1)大学院修士課程を修了している者、又はこれに準ずる研究業績を有する者。
(2)大学院(教職大学院)において、教育・研究の指導ができる者。
(3)小中高等学校における教育実践経験、又は教育研究機関等での勤務経験を有する者が望ましい。
(4)大学、学部、大学院の組織運営上の業務などに積極的に取り組むことができる者。
(5)教員養成に強い意欲を示し、現職教員の研修等教育現場への貢献に強い意欲を有し、熱意をもって協働で取り組むことができる者。
(6)採用後は、盛岡市又はその近郊に居住できる者。
採用予定日 令和4年4月1日
提出書類 (1)教員の個人調書(本学の書式による。写真添付。A4判用紙、パソコン使用。)
(2)教育研究等業績書(本学の書式による。著書、学術論文(実務経験者については、実践報告等も学術論文の一部に代えることができる。)、教育活動、地域・社会・国際交流貢献活動等に分けて年代順に記載。A4判用紙、パソコン使用。)    
(3)(2)の研究業績のうち主要著書・論文等合わせて5編程度(コピーでも可)。ただし、必要に応じて追加して論文等の提出を求める場合があります。
(4)本学採用後の教育・研究(小中学校の教員養成を含む)に対する抱負(1,200字以内、書式は自由)
(5)応募者の業績等の照会先(氏名と連絡先:1名以上)
 
※本学所定の教員個人調書・教育研究等業績書・業績一覧の書式は、本学部ホームページからダウンロードして下さい。(Word)『岩手大学』→『岩手大学教育学部』→『お知らせ』
https://www.iwate-u.ac.jp/
応募締切 令和3年5月31日(月)必着
提出先 〒020-8550 岩手県盛岡市上田3丁目18番33号 岩手大学教育学部長 宛
※封筒に「学校教育科教員応募書類在中」と朱書きし、書留便で送付すること(簡易書留も可)。宅配便も可。
照会先 岩手大学教育学部家政教育科 天木桂子  E-mail: amaki@iwate-u.ac.jp
または教育学部 学部運営グループ
TEL:019-621-6504  Fax:019-621-6600  E-mail: edujim@iwate-u.ac.jp
その他 (1)採用者の決定は、研究業績のほか、教育上の能力や実績、社会貢献に関する業績及び大学、大学院等の組織運営上の実績等も考慮し、総合的に判断します。
(2)採用後は教育学部、教育学研究科の教員として組織運営上の業務や教育実習関連業務、現職教員の研修に係る業務に従事していただきます。
(3)学部専門科目のほか、教養教育科目も担当していただきます。具体的には、採用後、自身の専門分野に関連した科目委員会へ所属し、委員会の所掌する科目を担当することになります。
(4)岩手大学は男女共同参画を推進しています。業績および資格等に関わる評価が同等と認められる場合には、女性を優先的に採用します。産前産後休暇、育児休業及び介護休業を取得していた場合(性別は問わない)には、選考の過程で考慮します。両住まい手当制度や子育て・介護中の研究者に対する支援策等についてはこちら(https://www.iwate-u.ac.jp/gender/)をご覧ください。
(5)速やかに連絡がとれるように、携帯電話番号、電子メールアドレス等があれば「教員の個人調書」に記入してください。
(6)書類選考後に面接を行いますが、旅費等は応募者負担となりますので、ご承知おきください。
(7)提出していただいた書類等は原則返却しませんが、返却を希望する場合はその旨を明記し、着払いの送り状を添付してください。
(8)応募書類に含まれる個人情報は、採用者の選考および採用後の必要手続きに使用するものであり、他の目的では使用しません。

神奈川工科大学(食品学分野)

団体名または会社名 神奈川工科大学 健康医療科学部 管理栄養学科
募集職種 教授、准教授、または助教(助教は任期制)
募集人員 1名
募集分野・業務内容 募集分野:「食品学」の分野
担当予定科目:食品学I, II,食品学実験I, II,専門演習Ⅰ,Ⅱ,卒業研究など
応募資格 (1) 教授,准教授の場合は,博士の学位を有するか,あるいは同等以上の業績を有すること。
(2) 助教の場合は,博士の学位を有するか,あるいは取得予定であることが望ましい。
(3) 教育、研究、学生指導に熱意のある方
(4) 基礎化学や有機化学などの専門基礎教育および,本学科の運営(国家試験対策等)にも積極的に携われる方
提出書類 (1)履歴書(写真貼付)(注*1参照)
(2)研究業績リスト(注*2参照)
(3)所属学会および社会における活動等(注*3参照)
(4)主要論文3~5編(コピー可)
(5) (i)これまでの研究の要約*
  (ii)教育に対する抱負*
  (iii)研究に対する抱負*
    *各1000字程度
(6)推薦書(1通)または応募者について照会できる方2名の氏名・所属・連絡先

(1)(2)(3)は本学ホームページ「教職員採用情報」(http://www.kait.jp/recruit/)から指定用紙(Wordファイル)をダウンロードし、記入して下さい。
[注]
*1:履歴書(A)に記入。
*2:学協会印刷発表論文は履歴書(B-1)に、査読付き国際会議発表論文は履歴書(B-2)に、その他の発表論文・特許等は分類して履歴書(B-3)に、それぞれ新しい順に番号を付けて記入。
*3:履歴書(C)に記入。
選考方法 教員選考委員会による審査となる。
書類審査による一次選考の後、面接/模擬授業による二次選考を行う。
着任時期 2021年4月1日以降のなるべく早い時期
勤務時間 大学の規程による
勤務形態 常勤
勤務地 神奈川県厚木市
処遇・待遇 大学の規程による
応募締切日 2021年3月19日(金)必着 ただし応募期間中に適任者が決まり次第応募締め切りとする
参考URL http://www.kait.jp/
特記事項 応募書類は、封筒の表に「管理栄養学科教員(食品学)応募」と朱書きし,簡易書留または書留でお送り下さい。なお、応募書類に記載された個人情報は,本選考以外の目的で使用しません。また、提出書類は返却致しません。
書類提出先
郵便番号 243-0292
住 所 神奈川県厚木市下荻野1030
部署名 神奈川工科大学
担当者名 庶務担当部長気付 管理栄養学科教員選考委員長
問い合わせ先
部署名 神奈川工科大学 健康医療科学部 管理栄養学科
担当者名 澤井 淳
e-mailアドレス sawai@bio.kanagawa-it.ac.jp(@を半角に修正してお使い下さい)

新潟工科大学(食品科学分野)

職名、員数 准教授、講師又は助教 1人
任 期 任期なし(65歳定年)
専門分野 食品科学に関連する分野
担当授業科目
(予定)*
学部の食品科学に関する科目(食品工学、食品加工学、食品安全学等の食と環境に関わる科目、分析化学、有機化学等、及び学生実験)、工学ゼミ、卒業研究等の総合科目、及び専門分野の大学院授業科目他を単独又は他教員と分担して担当
*令和4年度からカリキュラムの改定を実施
資格要件 次の要件を全て満たす者
①上記授業科目を担当できる者
②上記専門分野で業績がある者
③研究代表者として独立した研究室を運営できる者
④博士の学位を有する者、又は着任までに取得見込の者
⑤本学の建学の精神を理解し、熱意を持って学生の教育指導にあたることができる者
採用日 令和3年10月1日
応募書類 (1)履歴書(本学所定様式) 1部
(2)研究業績書(本学所定様式) 1部
(3)主要論文別刷(3編、コピー可) 各1部
(4)研究または実務業績の概要(本学所定様式、2000 字以内) 1部
(5)教育業績の概要(本学所定様式、2000 字以内) 1部
(6)採用後の教育研究に関する抱負(任意様式、2000 字以内) 1部
(7)推薦書または意見を求めることができる方2名の氏名と連絡先(任意様式) 1部
(8)選考結果通知用封筒(長3封筒に返信先を明記し、84 円切手を貼付のこと)
※提出された書類は返却いたしません。
問い合わせ先 〒945-1195 新潟県柏崎市藤橋1719番地
新潟工科大学 工学部 教授 古口 日出男
電話 :(0257)22-8111(代表)、FAX:(0257)22-8112(代表)
E-mail:hkoguchi@niit.ac.jp
書類提出先 〒945-1195 新潟県柏崎市藤橋1719番地 新潟工科大学 事務局総務課
提出方法 封書の表に「教員応募書類(食品科学) 在中」と朱書きし、必ず簡易書留にて送付してください。
応募期限 令和3年4月9日(金)必着
選考方法 書類による選考の後、面接等を行います。ただし、その場合の交通費等は自己負担となります。
その他 新潟工科大学の詳細については、本学ホームページを参照してください。
本学所定様式については、本学ホームページからダウンロードしてください。
URL:https://www.niit.ac.jp/recruit/
戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会 事務局は在宅勤務しています。
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.