社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 お知らせ 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

教員公募

宮崎大学(被服学分野)
実践女子大学(被服整理学・染色加工学分野)
東北生活文化大学(被服企画・造形分野)

宮崎大学(被服学分野)

職 名 教授、准教授または講師
所属講座 家政教育
専攻分野 被服学
担当科目
<基礎教育> ・大学教育入門セミナー(分担) ・専門教育入門セミナー
 (分担)
  ・暮らしを見つめる  他  
<学  部> ・被服学
 (被服製作実習を含む。)
・被服学基礎実習
  ・被服学応用実習 ・被服材料学
  ・被服学実験 ・家庭科教育実践研究(分担)
  ・家庭(分担) ・生活(分担)
  ・教職実践演習 ・卒業論文   他
<教職大学院> ・スポーツ・生活科学教育系内容開発研究(分担)
  ・スポーツ・生活科学教育系内容開発基礎研究ⅡB(分担)
資 格 イ)大学院修士課程修了者、又は同等以上の研究業績を有すること。
ロ)大学院教育学研究科(専門職学位課程)関係の研究・教育の指導ができること。
ハ)大学における教育、研究に従事し、さらに組織の管理運営及び社会における活動に積極的に参加できること。
ニ)小・中・高等学校での教育経験を有することが望ましい。
業務内容 イ)上記科目の担当及び学生指導
ロ)上記担当科目に係る研究
ハ)大学組織の管理運営
ニ)専門分野に係る社会における活動
任 期 本学では、任期制(5年間)を導入しており、再任審査の結果に基づき、雇用期間の定めのない教員として更新することが可能です。
(更新後は65歳定年制)
待 遇 就業時間  原則として裁量労働制を適用
(専門業務型裁量労働制により、7時間45分働いたものとみなされます。)
休  日  土、日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)
給  与  俸給月額216,400円~541,100円(学歴、職歴、年齢等により決定されます。)
保険適用  共済保険、雇用保険、労災保険等
試用期間  採用の日から6か月間
採用予定日 令和4年4月1日
提出書類 イ)履歴書(写真貼付、学歴は高等学校卒業以上を記入)(本学所定様式)
ロ)最終学校の卒業証明書又は修了証明書
ハ)研究業績一覧表(審査制度のある学術誌に掲載された論文は○印をすること)
  (本学所定様式)
  1)著書
  2)学術論文
  3)参考論文
  4)学会講演・発表
ニ)上記の研究業績一覧表に記載された業績のうち○印を含めて主要なもの10点以内
  (別刷、コピー可)。さらに、別紙にて各200字程度の要約をつけること。
ホ)教育等業績(本学所定様式)
  1)加入学会 ・学会役員
  2)教育的活動
  3)社会における活動
  4)組織の管理運営
へ)外部資金の獲得状況(本学所定様式)
ト)研究業績の概要(1,000字程度)(様式自由)
チ)今後の研究計画及び教育、社会における活動、組織の管理運営の抱負(様式自由・全体で3,000字程度)
リ)上記の紙媒体に加えて、イ、ハ、ニの要約、ホ~チの情報を納めたCD-ROM(1枚)、またはUSBメモリー(1本)*データのファイル形式はwordのこと。
応募申請書は宮崎大学のホームページからダウンロードできます。
http://www.miyazaki-u.ac.jp/edu/community/post.html
ご提出いただきました個人情報は、教員採用の選考資料としてのみ利用し、個人情報保護法に基づき、適正に取り扱います。また、提出物は、原則として返却いたしません。返却を希望する場合は、返信先を明記し切手を貼付した返信用封筒を同封してください。
応募締切日 令和3年9月15日(水)必着
(応募締切日までの応募者が少ない場合には、公募締切日を1か月ほど延ばす場合があります。)
送付先 〒889-2192 宮崎市学園木花台西1丁目1番地
宮崎大学教育学部長 宛
(提出書類は、必ず書留便とし「家政教育教員応募」と朱書きのこと。)
選考方法 イ)書類審査により選考し、必要な場合は、模擬授業を含む面接を行うことがあります。(旅費・宿泊費等は応募者負担です。遠隔による実施の可能性もあります。)
ロ)本学の男女共同参画推進事業の実施を踏まえ、選考過程で同等の能力とみなされた場合は、女性を優先的に採用します。
雇用者 国立大学法人宮崎大学長
就業場所 国立大学法人宮崎大学木花キャンパス(住所は上記送付先のとおり)
照会先 宮崎大学教育学部教授 篠原久枝
℡:0985-58-7544
e-mail:e09102u@cc.miyazaki-u.ac.jp

実践女子大学(被服整理学・染色加工学分野)

採用人数 1名(教授、准教授、または専任講師)
勤務形態 常勤(任期なし)
研究分野 被服整理学・染色加工学
業務内容(担当科目) ・担当予定科目:「テキスタイル管理学」「染色加工学」「生活環境科学」「テキスタイル管理実験(染色加工実験を含む)」「生活環境基礎c」「実践入門セミナー」「生活環境学演習」「生活環境学セミナー」「卒業研究」等
・その他の業務:委員会活動、クラス担任等専任教員としての校務 他
応募資格 以下のいずれの条件も満たす者
・博士の学位を有する者、またはそれと同等の研究業績もしくは品質管理等における実務実績を有する者
・上記の研究分野について高い専門性を有し、講義を担当できる者
・本学の建学の精神、教育理念を十分に理解し、教育・研究ならびに学生指導、各種校務に熱心に取り組む意欲のある者
勤務地 実践女子大学 日野キャンパス(東京都日野市大坂上4-1-1)
着任時期 2022年4月1日(金)
待 遇 【給与等】「実践女子学園給与規程」及び「関係諸規程」による
【勤務時間・休憩】「専門業務型裁量労働時間制」に基づく勤務
【休日】「労働時間、休日及び休暇等に関する規程」による
【社会保険等】私学共済制度(健康保険・年金)に加入
         雇用保険・労災保険加入
【その他】学園の規程による
応募締切 2021年7月12日(月)(必着)
応募書類

※1~3は必須書類。
1.履歴書(写真貼付)1部
2.教育研究業績書 1部
 ※上記1、2は、本学指定用紙を使用し、記入例を参照し作成してください。
  (採用情報のページよりダウンロードしてください。)
3.学位記の写し(またはそれに代わる書類)1部
4.主要論文・業績(抜刷・コピー可)
5.本学での教育に対する抱負(書式自由 1200字程度)1部

※応募書類は返却いたしません。なお、応募に関する個人情報は本選考以外の目的には一切使用いたしません。
応募書類送付先 〒191-8510 東京都日野市大坂上4-1-1
実践女子大学 学務部庶務課管理担当
※封筒の表に「生活環境学科 教員応募書類在中」と朱書きの上、簡易書留にて郵送してください。
選考方法 書類による一次審査の後、面接審査を行います(面接審査時の旅費等は応募者の負担となります)。面接の際には、模擬授業等を行ってもらう場合があります。
なお、選考結果は、各審査の後、文書で本人に通知します。
問合せ先 実践女子大学 生活科学部生活環境学科 主任 橘弘志(担当教授名)
TEL:042-585-8904
FAX:042-585-8904
E-mail:tachibana-hiroshi@jissen.ac.jp

東北生活文化大学(被服企画・造形分野)

職 名 教授、准教授または講師
採用人員 1名
業務内容 ①本学専任教員として必要な教育・研究活動と学生指導
②大学運営に関わる諸業務
担当予定科目 ファッションデザインや被服造形・生産実習等の主に被服企画・造形分野に関する科目
日本衣料管理協会の衣料管理士養成課程における「企画・設計・生産」分野の科目、専門研究等
※隣接科目を担当する場合もあります
所 属 学校法人三島学園 東北生活文化大学家政学部家政学科服飾文化専攻
条件等 常勤、待遇は本法人給与規程による。
応募資格 以下のいずれの要件も満たす者
①修士以上の学位を有すること。
②衣料管理士の養成に関連する専門科目が担当できること。
③採用後は仙台市またはその近郊に居住できること。
着任予定日 令和4年4月1日
応募締切日 令和3年8月31日 必着
提出書類 ①履歴書(写真添付、電子メールアドレスも記入のこと。)
②学位取得の証明書または学位記のコピー
③主要な業績5点の別刷りまたはコピー
④教育研究業績書(主要な業績5点に◯印を付すこと。)
⑤着任後の教育・研究・社会貢献に対する抱負(1200字程度)
⑥実務経験を有する場合は実務内容を説明する文書
⑦繊維製品品質管理士や衣料管理士等の資格を有する場合は資格証のコピー
※①、④、⑤、⑥はA4版、様式任意
書類提出先 〒981-8585 仙台市泉区虹の丘1-18-2
東北生活文化大学 教務課
※書留にて郵送し、表に「教員応募書類在中」と朱書のこと。
選 考 書類選考の上、面接を行います。
問い合わせ先 家政学科長 鈴木裕行 宛
TEL:022-272-7513  E-mail: h-suzuki@mishima.ac.jp
その他 ①選考過程において面接が必要な方には追って面接日を通知します。その場合、旅費等は自己負担となりますのでご了承ください。
②選考結果は本人に通知します。なお、原則として応募書類は返却しません。
③大学の概要等については本学ホームページをご覧ください。
http://www.mishima.ac.jp/
戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会 事務局は在宅勤務しています。
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.