社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 お知らせ 学会誌・論文投稿 入会案内・
各種書類
公募・研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 支部・部会・
若手の会 紹介
賛助会員・
関連学協会
公募・研究助成  Faculty Recruitment & Research Grant
MENU

教員公募

東北生活文化大学(家政学部家政学科服飾文化専攻)
長野県立大学(健康発達学部食健康学科)
佐賀大学(人文・社会科学域 教育学系(教育学部))
東京家政学院大学(現代生活学部 現代家政学科)

東北生活文化大学(家政学部家政学科服飾文化専攻)

職 名 教授、准教授または講師
採用人員 1名
業務内容 ①本学専任教員として必要な教育・研究活動と学生指導
②大学運営に関わる諸業務
担当予定科目 日本衣料管理協会の衣料管理士養成課程における「加工・整理」分野の科目:被服整理学、被服整理学実験、染色加工学、染色加工学実験、専門研究等
※隣接科目を担当する場合もあります。
所 属 学校法人三島学園 東北生活文化大学家政学部家政学科服飾文化専攻
条件等 常勤。待遇は本法人給与規程による。
応募資格 以下のいずれの要件も満たす者
①修士以上の学位を有すること
②衣料管理士の養成に関連する専門科目が担当できること
③採用後は仙台市またはその近郊に居住できること
着任予定日 令和5年4月1日
応募締切日 令和4年12月23日 必着
提出書類 ①履歴書(写真添付、電子メールアドレスも記入のこと。)
②学位取得の証明書
③教育研究業績書(主要な業績5点に◯印を付すこと。)
④主要な業績5点の別刷りまたはコピー
⑤着任後の教育・研究・社会貢献に対する抱負(1200字程度)
⑥実務経験を有する場合は実務内容を説明する文書
⑦繊維製品品質管理士や衣料管理士の資格を有する場合は資格証のコピー
⑧照会可能な方2名の氏名と連絡先
※①、③、⑤、⑥、⑧はA4版、様式任意
書類提出先 〒981-8585 仙台市泉区虹の丘1-18-2 東北生活文化大学 教務課
※書留にて郵送し、表に「教員応募書類在中」と朱書のこと。
選 考 書類選考の上、面接を行います。
問い合わせ先 家政学部長 鈴木裕行 宛
TEL:022-272-7513  E-mail: h-suzuki@mishima.ac.jp
その他 ①選考過程において面接が必要な方には追って面接日を通知します。その場合、旅費等は自己負担となりますのでご了承ください。
②選考結果は本人に通知します。
③応募書類および個人情報については本選考のみに使用し、他の目的には使用しません。なお、原則として応募書類は返却しません。
④大学の概要等については本学ホームページをご覧ください。
http://www.mishima.ac.jp/

長野県立大学(健康発達学部食健康学科)

求人件名 長野県立大学健康発達学部食健康学科 専任教員(講師または准教授1名)の公募【食品衛生学または調理科学分野】
機関名 公立大学法人長野県立大学
機関または部署URL https://www.u-nagano.ac.jp
部署名 健康発達学部食健康学科
機関種別 公立大学法人
公募のURL https://www.u-nagano.ac.jp/about/recruit/
求人内容 [機関の説明(機関概要(設立年、資本金額、従業員数等)、事業内容の詳細、募集の背景、プロジェクトの説明等)]
本学は、長野県の知の礎となり、未来を切り拓くリーダーを輩出し、世界の持続的発展を可能にする研究成果を発信することで、人類のより良い未来を創造し、発展させる大学を理念として、2018年に開学した公立大学です。本学科では「食を通じた健康のプロフェッショナル」の育成をめざし、栄養学を中心として、食物や人体に関する専門知識・技術を修得し、エビデンス(科学的根拠)に基づき、人を対象として栄養マネジメントを行うことができる実践力を養うための教育を行っており、管理栄養士養成機関として認可されています。

[仕事内容(採用後の業務・職務内容、担当科目等)]
(1) 担当領域 管理栄養士養成課程における「食べ物と健康」領域 食品衛生学または調理科学分野
(2)主な担当科目
(令和5年度)食品衛生学、食品衛生学実験、食品・メニュー開発演習、調理科学実験、総合演習、ゼミナール、卒業研究等
(令和6年度以降)今後のカリキュラム改定により、担当科目が変更になることがあります。
(3)その他
本学専任教員として必要な教育・研究活動ならびに学生指導、地域貢献、大学運営や学生募集等に関する諸任務が含まれます。
令和6年度以降は大学院に関わる教育研究についても加わります。

[勤務地住所等]
〒380-8525 長野県長野市三輪8-49-7

[募集人員(職名・採用人数等)] 講師または准教授 1名

[着任時期]令和5年4月1日
研究分野 1. 大分類:複合領域
小分類:生活科学
2. 大分類:農学
小分類:農芸化学
職 種 講師または准教授相当
勤務形態 常勤(任期なし)
勤務地 甲信越-長野県
応募資格 次の(1)から(8)に該当する方(または採用予定日までにその見込みの方)
(1)上記領域における5年以上の教育歴、または、実務経験を有する者
(2)博士の学位を有する者、または、これに準ずる学識及び研究業績を有し、最近5年間に研究業績を有する者
(3)管理栄養士の資格を有することが望ましい
(4)管理栄養士養成ならびに食品衛生監視員養成に理解のある者
(5)食健康学科及び健康栄養科学研究科の理念と目標を理解し、学部および大学院の教育・研究指導に熱意を持ち、人格・見識が本学教員としてふさわしい者
(6)学内および学外の研究機関や組織・団体等との共同研究や連携活動に積極的であり、地域社会に還元できる研究・実践活動ができる者
(7)大学運営及び地域貢献活動、産学官(公)連携の活動等に対して意欲を有する者
(8)採用後は長野市またはその周辺に居住することが可能な者
待 遇 給与、勤務時間、休日等は当法人の規則等の規定による。
【主な待遇】
(1)給与 「公立大学法人長野県立大学職員給与規程」等に準じます。
(2)勤務時間 労働基準法に基づく専門業務型裁量労働制によります。
(3)勤務条件等 本学就業規則に準じます。
(4)休日等 土・日曜日、祝日、年末年始等
(5)公立学校共済組合及び雇用保険に加入します。
※常勤(65歳となった年度末をもって定年退職となります。)
募集期間 令和4年(2022年)11月30日(水)(必着)
応募・選考・結果・通知・連絡先 [応募書類]
(1)教員個人調書(履歴書)(様式第1号)
(2)教育研究業績書(様式第2号)
(3)最終学位の学位授与証明書、または最終学歴の修了証明書(学位記の写し可)
(4)管理栄養士免許証の写し(あれば)
(5)主要な研究業績のうち3点(写し可)
(6)これまでの研究概要と着任後の研究計画(様式任意、A4判:2,000字程度、教育研究業書目録番号を引用)
(7)本学における教育についての抱負(様式任意、A4判:2,000字程度)
(8)応募者について照会できる方(2名)の氏名と連絡先(別添様式)
※(1)(2)(8)の様式は、本学ホームページ(https://www.u-nagano.ac.jp)からダウンロードしてください。

[提出方法]
提出書類は「食健康学科 教員 応募書類在中」と朱書の上、簡易書留郵便又はレターパックで下記提出先へ送付してください。持参、電子メール又はFAXによる申込は受け付けません。
なお、提出書類は原則として返却いたしません(ただし、書籍・学術論文の返却を希望する方は、切手又は着払い伝票を貼付した返信用封筒を同封してください)。

[応募書類提出先]
〒380-8525
長野市三輪8-49-7
公立大学法人長野県立大学 総務・経営企画課 人事係
TEL:026-217-2240(直通)
FAX:026-235-0026
E-mail:daigaku-kyoinkobo@u-nagano.ac.jp
※お問い合わせは、原則電子メールでお願いいたします。

[選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法]
本学の規定に基づき、教員審査を行います。
1)1次選考:書類審査
2)2次選考:面接審査(12月下旬)
※1次選考結果については、12月中旬、通知書を発送する予定です。あわせて1次選考を通過した方には、2次審査(面接審査)実施日をメールでお知らせいたします。
※面接審査では、質疑応答に加え、「食品衛生学」の模擬授業を行っていただきます。
※面接審査時の旅費は応募者の負担となります。なお、感染症等社会状況を踏まえてオンライン(Zoom)による面接になることがあります。その場合の通信費等も、応募者の負担となります。
※2次審査の結果については1月上旬に通知します。
※採用に際しては、栄養士法の管理栄養士学校指定規則に基づき、予定職位・担当授業科目の適格判定を受け、審査を通ることが採用の条件となります。
添付書類 1.教員個人調書(履歴書)(指定様式)
2.教育研究業績書(指定様式)
3.照会リスト
電子応募 この公募は、電子応募できません。
備 考 応募者の個人情報については、選考以外の目的には使用しません。

佐賀大学(人文・社会科学域 教育学系(教育学部))

募集者 佐賀大学(佐賀市本庄町1)
所属・職名 人文・社会科学域 教育学系 准教授または講師(常勤職員)
募集人員 1名
就業場所 佐賀大学本庄キャンパス(佐賀市本庄町1)
・配属先 人文・社会科学域 教育学系 (教育学部)
専門分野 被服学
担当業務 (1)教育に関する内容
① 学 部【教育学部】「被服学Ⅰ」「被服学Ⅱ」「被服学演習Ⅰ」「被服学演習Ⅱ」「被服実習」「小学家庭」「小中連携教育内容論」「教職実践演習」「卒業研究」のほか教育実習の指導
【芸術地域デザイン学部】「衣食住文化論」
② 教職大学院(学校教育学研究科):「教育内容の開発Ⅱ(発展)」
③ 全学教育機構:全学教育機構が開講する科目(教養教育科目等)
(2)その他:専門分野に関する研究及び大学の管理運営業務にも携わっていただきます。
待 遇 任  期:任期無しの常勤職員(試用期間3か月)
賃  金:年俸制(国立大学法人佐賀大学年俸制教員給与規程による)
ただし,応募する時点で佐賀大学に常時勤務する大学教員のうち国立大学法人佐賀大学職員給与規程の適用を受けている方については,引き続き同規程の適用を希望することも可能です。
勤務形態:週5日,38時間45分勤務
(月~金)8時30分~17時15分(12時~13時は休憩時間)
専門業務型裁量労働制により,7時間45分働いたものとみなされます。
休  日:土日,祝日,年末年始(12月29日~1月3日)
健康保険:文部科学省共済組合,労災保険,雇用保険加入
備  考:その他詳細は,国立大学法人佐賀大学職員就業規則等による
応募資格 (1)博士の学位を有する方またはこれと同等の研究業績を有する方
(2)教職科目を担当できる方
(3)被服実習を担当できる方
(4)教員の養成および現職教員の指導に意欲を有する方
(5)附属学校園との共同研究に意欲を有する方
(6)小・中・高等学校等での教職経験を有することが望ましい
着任時期 令和5年4月1日
提出書類 (1)履歴書(別紙様式1)
(写真添付,連絡先とE-mailアドレス,高等学校以降の学歴・職歴を明記)
(2)業績書(別紙様式2)
(3)ティーチング・ポートフォリオまたは教育業績,及び社会における活動・所属学会等を項目別にまとめ,年代順に列記したもの(任意様式)
ただし,応募する時点で佐賀大学に常時勤務する大学教員(医学部医学科臨床医学系専任教 員の助教及び医学部附属病院専任の講師及び助教を除く)については,標準版のティーチング・ポートフォリオ(本文及び根拠資料)の提出を必須とします。
(4)業績等を実証・閲覧できる資料
著書・論文等については現物(別刷またはコピーも可,1部ずつ)。
なお、主要業績5点については、その旨明記すること。
(5)業績を総括した解説(1,000字以内)
(6)教育及び研究に関する今後の展望(上記8.応募資格(3)(4)(5)に言及すること)(1,200字以内)
(7)競争的資金の獲得状況(任意様式)
(8)応募者について照会可能な方1名の氏名,所属,連絡先(様式自由)
(9)保有する学位に関する学位授与証明書(学位記の写は不可)
最終学歴証明書(修士または博士の学位を有しない者のみ)
選考方法 書類選考の上,面接と専門分野に関する模擬授業を実施していただきます。(面接などの場合の旅費等は支給いたしません。)但し,今後の新型コロナウィルス感染症の拡大状況によっては遠隔(オンライン)で実施する可能性もあります。
応募締切日 令和4年11月25日(金)17時必着
提出先 〒840-8502 佐賀市本庄町1番地  佐賀大学教育学系長 小野 文慈 宛
封筒表面に「教育学部(被服学)教員応募書類在中」と朱書きし,書留にて郵送してください。電子メールによる応募は受け付けません。また,応募書類は原則として返却しません。
問合せ先:佐賀大学教育学部総務係
TEL:0952-28-8211 FAX:0952-28-8219
E-MAIL:bunsomu@mail.admin.saga-u.ac.jp
本公募掲載先 本学HP:http://www.saga-u.ac.jp/other/boshu.html
JREC-IN,
上記提出書類の各種様式については,本学HPより取得してください。
その他 提出いただきました個人情報は,本学個人情報の保護に関する規程に準じて適正に管理し,本選考以外の目的には使用いたしません。
また,本学では,男女共同参画社会基本法,佐賀大学ダイバーシティ推進宣言(平成29年)の精神及びポジティブ・アクションに基づき,教員の選考を行っております。
(佐賀大学ダイバーシティ推進室HP: https://www.oedi.saga-u.ac.jp/

東京家政学院大学(現代生活学部 現代家政学科)

所 属 現代生活学部 現代家政学科
担当分野 「家政学原論」分野
職名及び採用人員 教授 1名
勤務形態 常勤(任期なし)
担当予定科目 家政学原論,家庭経営学概論,家政学概論,家庭科教育法A,家庭科教育法B,家庭科教育法C,家庭科教育法D,現代家政演習,基礎ゼミ,現代生活論,現代家政ゼミA,現代家政ゼミB,卒業研究A,卒業研究Bなど
千代田三番町キャンパスと町田キャンパス,両方の開講科目を担当していただきます。
その他,大学院科目を担当していただきます。また、上記以外の,専門領域に関連する科目や共通教育科目(一般教養科目)担当の可能性もあります。
勤務地 千代田三番町キャンパス(東京都千代田区三番町22番地)及び
町田キャンパス(東京都町田市相原町2600番地)
※主たる勤務地は千代田三番町キャンパス
応募資格 (1)博士の学位を有すること。または,これに準ずる業績を有すること。
(2)家政学原論に関わる業績があり、上記担当予定科目を担当できること。
(3)大学院(前期課程)の授業担当,研究指導ができること。
(4)本学の建学の精神を理解し,教育・研究およびクラス担任,委員会活動など専任教員としての校務に熱意をもって取り組むこと。
(5)本学・学部の教育方針を理解し,運営に協力すること。
(6)大学等における教育経験を有することが望ましい。
採用予定日 令和5年4月1日
待 遇 (1)給 与:本学給与規程により支給する。
(2)勤務時間:勤務時間の配置は、学長の定めるところによる。
(3)授業時間:1限 9:00~5限18:40
(4)雇用形態:常勤(任期なし)
(5)休 日:原則、日・祝日。ただし、入試や学部に関する校務等の対応により、日曜日、祝日出勤あり。
(6)研 修 日:週2日あり。
(7)定 年:満 67 歳(年齢に達したその年度末日に退職)。
(8)保 険:日本私立学校振興・共済事業団に加入、雇用保険、労災保険に加入
提出書類[(1)~(8)] (1) 個人調書(本学所定様式-1を必ず使用のこと)1部
(2) 教育研究業績書(本学所定様式-2を必ず使用のこと)1部 *口頭発表,講演などを含む
(3) 写真(本学所定様式-3を必ず使用のこと)1枚
(4) 主要著書,学術論文(現物またはコピー)5点以内
(5) 教育・研究への抱負(1200字程度)1部
(6) 推薦状 1通
(7) 「家政学原論」(1年次・講義科目)14回分(1 回100 分)のシラバス案
(各回の授業テーマと概要をまとめたもの) 1 部
(8) 最終学歴を証する書類1部
(注1)本学所定様式1~3は,本学ホームページより入手ください。
URL  https://www.kasei-gakuin.ac.jp/schoolcorporation/recruit/
(注2)提出された書類の返却を希望される場合は,返信用の封筒(返送先を明記し,所定の金額の切手を貼付したもの)を必ず同封してください。
応募締切日 令和4年11月30日(水)17時[必着]
面接及び模擬授業 面接及び模擬授業による審査を行うことがあります。
状況に応じて,ウェブ利用での面接等を実施する場合もあります。
書類提出先 〒194-0292 東京都町田市相原町2600番地
東京家政学院大学 総務室 電話042-782-9811(代)
(郵送の場合は,封筒の表に【「家政学原論」分野 教員応募書類在中】と朱書し,書留便で送付してください)
照会先 東京家政学院大学 現代生活学部 学部長 岩見 哲夫
E-mail:koubo-g@kasei-gakuin.ac.jp 電話042-782-9811(代)
(メールでの照会の際は,件名を「家政学原論」としてください。)
その他 (1) 応募,面接・模擬授業等に必要な費用は,応募者の負担となりますので,ご了承ください。
(2) 提出書類に含まれる個人情報は,選考及び採用以外の目的に使用することはありません。
戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会 事務局は在宅勤務しています。
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.