社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 お知らせ 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

関連学協会 催し

第69回レオロジー討論会
第8回 気候変動・省エネルギー行動会議(BECC JAPAN 2021)
第6回 JSAAS 産官学連携シンポジウム アミノ酸科学リカレントと次世代研究への扉

第69回レオロジー討論会

 第69回レオロジー討論会は,日本バイオレオロジー学会と共同主催で,北海道大学の折原宏教授を実行委員長として2021年10月20日(水)~22日(金)の3日間「かでる2・7」(札幌市中央区北2条西7丁目,道民活動センタービル)にて開催されます。(オンライン開催に変更する場合あり)。レオロジー一般および下記テーマに関する講演を募集いたします。討論会に適した内容であれば既発表の研究を含んでも構いません。皆様の積極的なお申込みをお待ちしております。
主 催 日本レオロジー学会,日本バイオレオロジー学会
協 賛 日本材料学会,プラスチック成形加工学会,高分子学会,日本化学会,日本物理学会,繊維学会,応用物理学会,化学工学会,強化プラスチック協会,日本ゴム協会,日本接着学会,日本セラミックス協会,日本木材学会,セルロース学会,日本機械学会,日本雪氷学会,日本混相流学会,日本流体力学会,可視化情報学会,日本食品科学工学会,日本家政学会,日本調理科学会,日本食品工学会,日本繊維機械学会(依頼中)
後 援 日本農芸化学会(依頼中)
期 日 2021年10月20日(水)~22日(金)
会 場 かでる2・7(札幌市中央区北2条西7丁目,道民活動センタービル)
※COVID-19の影響によっては,オンライン開催に変更となる場合もあります。
講演申込 学会ホームページ「討論会講演申込フォーム」よりお申込みください。フォームからのお申し込みができない場合は,①講演題目,②オーガナイズドセッションテーマ名,③発表の種類(口頭かポスター),④研究者氏名 (連名の場合講演者に○印,連名者全員の所属も記入),⑤所属先名または勤務先名,⑥TEL,⑦E-mail,⑧100 字程度の概要,以上1~8を1題ごとに明記し,office@srj.or.jp 宛に申込み下さい。
なお,講演申込は,5/17(月)から開始します。
講演発表時間 1件あたり講演時間は15~20分,討論5~10分を予定
プログラム編成について 講演の採否,プログラム編成は実行委員会に御一任下さい。
プログラム編成の都合上,お申込み時の発表の種類をご変更頂く場合があります。
申込先 一般社団法人 日本レオロジー学会
〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町93番地 京都リサーチパーク6号館3F
E-mail:office@srj.or.jp  TEL:075-315-8687
特別企画とオーガナイザー(敬称略):
バイオレオロジー・リサーチ・フォーラム 丸山 徹
 
オーガナイズドセッションとオーガナイザー:
1.高分子液体のレオロジー 高野敦志,松宮由実
2.高分子固体のレオロジー 新田晃平,山口政之
3.非ニュートン流体力学 日出間るり,高橋 勉,山本剛宏,岩田修一
4.表面界面のレオロジー 梶谷忠志,川口大輔
5.ER·MR流体及び液晶のレオロジー 田中克史,藤井修治
6.ゲル·エラストマーのレオロジー 浦山健治,河原成元,酒井崇匡
7.生体由来物質·食物のレオロジー 三浦 靖,吉村美紀
8.バイオレオロジー(医学関連のレオロジー) 中村匡徳,古澤和也,丸山 徹
9.ミクロ·ナノおよび分子レオロジー 酒井啓司,増渕雄一
10.分散系·セラミックス関連のレオロジー 菰田悦之,四方俊幸,巽 大輔
11.機能性材料·成形加工のレオロジー 岡本正巳,杉本昌隆
12.サイコレオロジー(含化粧品関連のレオロジー) 田村英子,那須昭夫,山縣義文
13.English Session Sathish K. Sukumaran,谷口貴志
各種締切日
講演申込締切   6月18日(金)17時
要旨原稿提出締切   8月16日(月)17時
冊子体要旨集購入申込締切   8月31日(火)17時
事前参加申込締切   10月8日(金)17時

第8回 気候変動・省エネルギー行動会議(BECC JAPAN 2021)

国内外において、エネルギーと気候変動の問題に対処するため、従来の技術的・工学的アプローチに加えて、人間の行動に関する科学的知見を政策やサービスに応用し、省エネルギー行動や環境配慮行動を促進する試みが注目されています。BECC JAPANは、省エネルギーや地球環境保全に寄与する、人間の行動・意思決定に着目した研究発表を行う場として、気候変動・省エネルギー行動会議(事務局:住環境計画研究所)の主催により毎年8月に会議を開催しています。
第8回目となる2021年の開催概要は以下の通りです。
名 称 BECC JAPAN 2021(呼称:ベックジャパン 2021)
https://seeb.jp/eventcontents/3748
日 程 2021年8月31日(火)
※本年は施設見学会は実施いたしません。
会 場 早稲田大学 西早稲田キャンパス(東京都新宿区大久保)
開催形態 ハイブリッド開催
会場定員 200名程度(会場参加+オンライン参加)
参加費 早期割引料金(7/16まで):一般 15,000円、自治体職員 5,000円、学生 3,000円
通常料金(7/17-8/26まで) :一般 18,000円、自治体職員 5,000円、学生 3,000円
交流会 5,000円程度
主 催 気候変動・省エネルギー行動会議
後 援 経済産業省、環境省、他学会に依頼予定
特別協力 Venture Cafe Tokyo
参加申込 2020年4月中旬頃より開始予定
※最新の情報は、以下のホームページにてご確認ください。
 https://seeb.jp/eventcontents/3748

第6回 JSAAS 産官学連携シンポジウム
   アミノ酸科学リカレントと次世代研究への扉

日 程 2021年5月31日(月)13:00-17:00
開催形態 オンライン(参加登録者限定サイトとなります)
開催概要 シンポジウム、ポスターセッション
主 催 日本アミノ酸学会
実行委員長 森下幸治(協和発酵バイオ株式会社)
大会参加費 無料
【講演プログラム概要】
●セッション1 たんぱく質/アミノ酸栄養
「地域在住中高年者におけるたんぱく質/アミノ酸摂取と認知機能・身体機能の関連」
大塚 礼(国立長寿医療研究センター)
「日本人の食事摂取基準」
木戸 康博(甲南女子大学)

●セッション2 アミノ酸標準
「アミノ酸学会としての標準品開発への取り組み」
門脇 基二(新潟工科大学)
「アミノ酸分析の為のSIトレーサブルな標準物質の開発と上市」
水井 浩司(富士フイルム和光純薬株式会社)

●セッション3 腸内細菌とアミノ酸
「食事由来アミノ酸と腸内細菌叢」
福田 真嗣(慶應義塾大学)
「アミノ酸のキラリティが調節する宿主–細菌相互作用」
笹部 潤平(慶應義塾大学)

戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会 事務局は在宅勤務しています。
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.