社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 お知らせ 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

日本家政学会 催し

若手の会2021年学術交流セミナー 「2021年度若手学術交流会」
関東支部 令和3年度オンライン見学会「大阪ガス株式会社 実験集合住宅NEXT21のオンライン見学会」
関東支部若手の会 2021年度オンライン講演会および茶話会
家政学原論部会2021年夏期セミナー
2021年度被服構成学部会公開夏期セミナー「衣生活教育に活かすビデオコンテンツ」
色彩・意匠学部会 2021年度夏季公開講演会
第48回・被服材料学部会 オンライン・夏季セミナー
2021年 生活経営学部会 オンライン・夏期セミナー

若手の会2021年学術交流セミナー 「2021年度若手学術交流会」

テーマ趣旨説明 新型コロナウイルスの感染拡大により学術交流が難しい中でも,若手による研究成果や未完成なものでも気軽に議論できる機会を作り,今後の活動に寄与させる必要があります.今後の学術交流を広げるため,本セミナーを開催することにいたしました.
日 時 2021年12月5日(日)12:30~17:40
場 所 オンライン開催 or 実践女子大学日野キャンパス
(東京都日野市大坂上4-1-1)
新型コロナウイルスの感染状況によっては,開催方法を変更する可能性があります.
形 式 口頭発表 (計15分間,発表時間7分間,ディスカッション8分)
参加登録(当日受付不可) 本会会員(非会員)・学生会員(非会員),無料
(本会非会員・学生非会員で参加のみ希望する場合,事前に問い合わせください.)
発表資格 家政学分野(家政学原論,家庭経営,家族,児童,食物,被服,住居,家政教育,健康・生活福祉など)に関する研究・技術開発に取り組んでいる方や学生(学部生や院生)
定 員 40名程度(予定)
参加申込期日 2021年10月22日(金)まで
申込方法 期日までにメール申込み (担当者:katogi-hideaki@jissen.ac.jp)
1. メールの件名「2021年度若手発表交流会申込」
2. 氏名(ひらがなも記入)・日本家政学会の会員有無(学生会員の場合はその旨を記す)
3. 勤務先または所属先,連絡先 (電話番号,メールアドレス,住所)
4. 発表の有無 (発表有りの場合,題目,発表者,連名者,著者所属)
5. 希望発表区分(この中で希望する区分,家政学原論,家庭経営,家族,児童,食物,被服,住居,家政教育,健康・生活福祉)
6. 発表タイトルおよび概要(和文,50字以内)

 発表決定通知後,要旨(和文,300字以内,一段組)を提出してください.参加および発表採否通知,プログラム等については,若手の会の幹事会にご一任ください.
プログラム *スケジュールおよび発表形式については,大幅に変わる可能性があります.
12:30~12:50 受付
12:50~13:00 開会挨拶
13:00~17:30 学術交流会 (休憩含む)
17:30~17:40 総括,閉会挨拶
問い合わせ先 (一社)日本家政学会・若手の会 [セミナー担当] 加藤木秀章
実践女子大学生活科学部生活環境学科
(191-8510 東京都日野市大坂上4-1-1)
電話:042-585-8897,FAX:042-585-8897,
E-mail:katogi-hideaki@jissen.ac.jp

関東支部 令和3年度オンライン見学会
  「大阪ガス株式会社 実験集合住宅NEXT21のオンライン見学会」

主 催 一般社団法人日本家政学会 関東支部
日 時 令和3年9月16日(木)10時00分~12時00分
10:00 開会・NEXT21オンライン見学
11:30 「自在の家」の詳細説明および意見交換会
12:00 閉会
開催方法 オンライン:Zoom
内 容 「環境」「エネルギー」「暮らし」の面からさまざまな居住実験と検証を1993年から続けている「大阪ガスの実験集合住宅NEXT21」をオンラインで見学し意見交換会を行う。
 
1. NEXT21の概要
2.「自在の家」「健康管理IoT住宅」の住戸内見学
3.「自在の家」の詳細説明 (大阪ガス株式会社 加茂みどり氏)
  および意見交換会
定 員 300名
会 費 なし
申し込み 下記の申込みフォームよりお申込みください。
申し込み締切日:令和3年9月10日(金)
 
申込先URL  https://bit.ly/3fXQaM9
 
申込先QRコード
問い合わせ先 一般社団法人日本家政学会関東支部 オンライン見学会企画担当 jshekanto2021@gmail.com

関東支部若手の会 2021年度オンライン講演会および茶話会

主 催 一般社団法人日本家政学会 関東支部若手の会(関東支部共催)
日 時 2021年10月9日(土)10:30~12:00
【プログラム】
10:30~11:15 オンライン講演会
 「スープを中心とした保存食の活用法」
 東京医療保健大学医療保健学部医療栄養学科教授 御堂直樹氏
11:15~11:35 オンライン茶話会(飲食物は各自でご用意ください)
場 所 オンライン(Zoom)
※インターネット設備の整った環境のご参加をお願い致します
内 容  2017年度より関東支部若手の会では、講演会&見学・体験会を企画しています。本年度は第四弾として「災害時に活かせる家政学」をテーマに、「食事編 ほっこりあたたかおうち時間~スープを中心とした保存食の活用法~」と題し、初のオンライン講演会と茶話会を実施します。
 講演会では、食品開発に従事された経験をもつ御堂直樹氏(東京医療保健大学)に乾燥スープの健康価値や保存性、その他保存食に関するトリビア等についてお話いただきます。
 茶話会では講演会の内容を踏まえて、保存食に関する疑問や意見等、講師・参加者同士でお茶を飲みながら気軽に会話していただきます。
 会員・非会員、年齢、性別を問わず、家政学に興味のある多くの方々のご参加をお待ちしております!
定 員 100名
会 費 会費:無料
※オンライン茶話会での飲食物は各自でご用意ください
申し込み
下記参加申し込みフォーム、またはORコードよりお申し込み下さい。https://forms.gle/VikC3MuKXpqU4KWHA
【申込締切】2021年9月30日(木)
※申込後、1週間以内に申込確認メールを送信します。当該メールが届かない場合は、お手数ですが、kkwakate@gmail.com宛にメールをお送りください。
問合せ先 一般社団法人日本家政学会関東支部若手の会
HP: http://wakate.jshe-kanto.jp/
E-mail: kkwakate@gmail.com
Tel :048-749-6111(人間総合科学大学 矢部えん)

家政学原論部会2021年夏期セミナー

テーマ 家政学・家政学原論の未来を考える:
日本家政学のSDGsポジション・ステートメントを創造する
日 時 2021年8月21日(土) 9:00~16:00,22日(日) 9:00~12:00
形 式 Zoomによるオンラインセミナー
テーマ趣旨  2019年春以来の家政学・家政学原論のあり方に関する部会活動を踏まえて,2021年夏期セミナーの統一テーマを「家政学・家政学原論の未来を考える:日本家政学のSDGsポジション・ステートメントを創造する」といたしました。
 2020年以来,新型コロナウイルス・パンデミックが猛威を奮い,個人・家族・コミュニティのウェルビーイングを脅かし続けています。そのような中で家政学・家政学原論が,どのように人々の生活の向上に貢献できるのかを明らかにし,教育・研究・普及の活動を行うことが切実に求められています。
 今回の夏期セミナーでは,SDGsに関する取組に関連する他部会からメッセージをうかがうとともに,部会のゴール研究グループの研究に基づく日本家政学のSDGsポジション・ステートメントを創造し,今後の研究活動を推進するための議論を行いたいと考えます。
*スケジュールは変わる可能性があります。
8月21日(土)
9:00~ 9:30   開会の辞,総会
9:40~10:00   統一テーマ趣旨説明
10:00~12:00   研究発表
13:00~16:00   <統一テーマ> 家政学・家政学原論の未来を考える:
  日本家政学のSDGsポジション・ステートメントを創造する
13:00~13:30   これまでの議論の到達点 倉元綾子(西南学院大)
  第1部 他部会からのメッセージ
13:30~13:50   1) 生活経営学部会から 重川純子氏(埼玉大)
13:50~14:10   2) 住居学部会から 定行まり子氏(日本女子大)
14:10~14:30   3) 食分野から 香西みどり氏(お茶の水女子大)
14:30~14:50   質疑応答・討論
  第2部 ゴール研究グループからの報告
15:00~15:40   1)ゴール3&5 野崎有以氏(東京大)・星野亜由美氏(兵庫教育大)
15:40~16:00   質疑応答・討論
8月22日(日)
9:00~9:40   2)ゴール11 ゴール11グループ
9:40~10:10           指定討論・薬袋美奈子氏(日本女子大)
10:10~10:50   3)ゴール12 ゴール12グループ
11:00~11:45   総括討論・質疑応答
11:45~12:00   閉会の辞
参加費 無料
申込フォーム https://forms.gle/obCHKgfYK8j6q8gJ7
申込〆切 2021年8月14日(土)17時
問合せ先 家政学原論部会事務局
a-kuramo@seinan-gu.ac.jp
家政学原論部会ホームページ:新着情報 http://genron.net/

2021年度被服構成学部会公開夏期セミナー
「衣生活教育に活かすビデオコンテンツ」  

主 催 (一社)日本家政学会 被服構成学部会
日 時 2021年8月27日(金)13:00~16:30(オンライン開催)
開催校 東京家政大学(東京都板橋区加賀1-18-1)
プログラム
13:00~13:10 開会のごあいさつ
13:10~14:30 <レクチュア1>「映像メディアを活かすために」
  東京家政大学・大学院 教授 兼古 昭彦 氏
 
14:40~15:20 <ショートスピーチ>「わたしのおすすめツール」
  1.「授業や教材作成に使える簡単アプリケーション」
  京都女子大学 渡邊 敬子 氏
  2.「デジタル教材作成に用いる便利なアイテム」
  武庫川女子大学 末弘 由佳理氏
  3.「ミシン縫い撮影にアクションクランプ」
  東京家政大学 田中 早苗 氏
 
15:30~16:10 <レクチュア2>「プロモーションビデオの制作現場から」
  東京家政大学 Web戦略室次長 尾崎 寿美子 氏
参加費 無料
参加人数 先着100名迄
申し込み締切 2021年8月14日(土)
申し込み方法 日本家政学会被服構成学部会ホームページ
https://www.jshe.jp/bukai_hp/hihukukouseigaku/ からお申込みください。
問い合せ先 田中早苗 stanaka@tokyo-kasei.ac.jp
※詳細は日本家政学会ホームページをご覧ください。

色彩・意匠学部会 2021年度夏季公開講演会

テーマ 「生活の中の色彩とデザイン」
主 催 一般社団法人日本家政学会色彩・意匠学部会
日 時 2021年8月26日(木) 13:00~16:20
会 場 zoomによるオンライン開催(申込者に前日URLをお知らせします)
定 員 80名程度
参加費 無料
申し込み期間 2021年7月1日~8月24日
申込方法 https://forms.gle/j1rYiHJ3ZFBHWwuu6
よりお申し込みください。
問合せ先 広島女学院大学 熊田亜矢子 kumada@gaines.hju.ac.jp
※詳細は日本家政学会色彩・意匠学部会ホームページをご覧ください。
http://shikisai-isyou.sakura.ne.jp/

第48回・被服材料学部会 オンライン・夏季セミナー

テーマ 紙おむつ最前線 -持続可能な社会の実現を目指して-
日 時 2021年8月22日(日)13:00~17:20
形 式 Zoomによるオンラインセミナー
テーマ趣旨 紙おむつは「育児と介護の必需品」と言われ、特に大人用紙おむつの消費量増大が著しい。そのため着用時の快適性や機能性の向上が絶えず図られている。一方で、使用後の紙おむつは大量の水分が含まれているにもかかわらず、ほとんどの自治体では焼却処理がなされている。その際、焼却温度を高温に維持するために、大量の助燃剤が使用されているのが実状である。近年、新しい処理方法として、使用済み紙おむつをマテリアルリサイクルなどで有効利用する試みが始まっている。本セミナーでは様々な視点から紙おむつについての最前線の取り組みを取り上げ、持続可能な社会実現への貢献を考える機会としたい。
プログラム
13:00~13:20   開会挨拶 福岡女子大学 学長 向井 剛 先生
13:20~14:10   講演会① 株式会社リブドゥコーポレーション 鍵尾 幸司 氏
「紙おむつの現状と今後の動向」
14:10~14:40   講演会② 東京家政大学 家政学部 濱田 仁美 先生
「紙おむつの着心地、利便性などの研究」
14:40~15:00   休憩
15:00~15:30   講演会③ 環境省 環境再生・資源循環局 石井 颯杜 氏
「紙おむつリサイクルの国としての取り組み」
15:30~16:20   講演会④<一般公開> トータルケア・システム株式会社
代表取締役 長 武志 氏
「使用済み紙おむつリサイクル事業について」
16:20~16:30   休憩
16:30~17:10   懇親会・見学会に代えて
17:10~17:20   閉会挨拶 被服材料学部会長 與倉 弘子 先生
参加費 部会員、非部会員とも 3,000 円(前納)、学生 1,000 円(前納)、「講演会③一般公開」のみの一般参加者:無料
参加申し込み方法 https://forms.gle/mmyZLbVJE3UKMaQPA よりお申し込みください。
お申込を確認した後、入力頂いたメールアドレスに参加費振込先のご案内をお送りいたします。参加費の振込が確認されましたらZoomのアドレスをお知らせいたします。期日までに参加費の振込が確認できた方には、要旨集を事前に送付させて頂きます。
申込期限 2021年7月30日(金)。参加費の振込期限:8月5日(木)。
問合せ先 福岡女子大学 国際文理学部 環境科学科 吉村 利夫 yoshimura@fwu.ac.jp
夏季セミナーご案内

2021年 生活経営学部会 オンライン・夏期セミナー

テーマ 社会環境の変化に対する生活経営の再構築
~コロナ禍における女性の生活を中心に~
日 時 2021年8月27日(金) 9:30~17:00
形 式 Zoomによるオンラインセミナー
テーマ趣旨  新型コロナウィルスの感染拡大により、日常のあらゆる場面で、これまでとは異なる生活様式を経験するようになっている。
 生活経営とは、生活の外部的条件(労働市場、商品市場、社会保障や社会福祉など)と内部的条件(家庭内の労働や家族関係、生活価値観など)を整序化し、生活資源を主体的にマネジメントすることであるが、今、誰もが新型コロナウィルス拡大防止のために、生活の外部的条件の変容を余儀なくされ、その影響が生活の内部的条件に及んでいる。この状況下で、生活の外部的条件と内部的条件の関係性を明らかにし、主体的な生活資源のマネジメントのあり方を探ることは重要である。
 本セミナーのテーマ決定については、部会員の皆様にオンラインアンケート調査を実施し、検討を行った。部会員の多くが、コロナ禍において深刻な影響をうけている女性の生活実態に関心を寄せていた。
 そこで、基調講演者には日本女子大学の周燕飛氏をお迎えし、女性の雇用を中心とした生活困難の実態と課題についてご講演いただく。シンポジウムでは、ウィメンズアイの石本めぐみ氏よりシングルマザー調査プロジェクトの結果をご報告いただき、fukucierの小林しのぶ氏からは生活資源マネジメントの実践例として福島県での介護スキルのシェアサービスの現状をお話しいただく。コロナ禍における生活課題の抽出、課題解決に向けた活動から主体的な生活経営の再構築とそのために必要な新たな取組を検討したい。
*当日のスケジュールは変わる可能性があります。
 9:30~ 9:35   開会挨拶
 9:35~11:05   自由論題報告
11:05~11:10   趣旨説明
11:10~12:15   基調講演 周 燕飛氏(日本女子大学)
「コロナ禍における女性の仕事と生活の変化」
13:15~15:50   シンポジウム
13:15~14:00   講演① 石本めぐみ氏(特定非営利活動法人 ウィメンズアイ)
14:00~14:45   講演② 小林しのぶ氏(一般社団法人 fukucier)
15:00~15:20   論点整理:吉井美奈子氏(武庫川女子大学)
15:20~15:50   総括討論・質疑応答
16:00~16:50   総会
16:50~17:00   閉会の辞
参加費 無料
参加申し込み方法 午前の自由論題報告は生活経営学部会員のみ、基調講演、シンポジウムは部会員以外も参加可能。
7月上旬に掲載する「参加申込」(準備中)から登録をお願いします。なお、申込期限を過ぎてからの受付は致しません。
参加申し込み者のみに8月中旬以降、ミーティングIDをメールでお送りします。
問合せ先 生活経営学部会事務局【夏期セミナー担当】
seikatsukeiei2021@gmail.com
生活経営学部会ホームページ:夏期・最新セミナー案内
https://jshe-frm.jp/seminar/
戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会 事務局は在宅勤務しています。
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.