社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿   支 部   部会・若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

教員公募

京都教育大学(食物学分野)
日本女子大学(被服整理・染色分野)
大妻女子大学(住居学分野・建築計画学分野)
東京家政大学(服飾文化分野)
東京家政大学(染色加工学分野)

京都教育大学(食物学分野)

所 属 教育学部(家政科)
職名及び人員 准教授または講師 1名
担当分野 食物学
主たる職務内容

学部ならびに大学院(教育学研究科)の授業担当、大学院における研究指導及び大学運営に係る業務

担当予定授業科目

学 部:「食生活論」(栄養学を含む)、「食生活実習」(調理実習を含む)、「学校における食教育」、「初等家庭科教育」、「小学校家庭科教材研究」(分担)、「小学校教科内容論家庭」(分担)、「生活科学」他
大学院:「食物学特論Ⅰ」、「家庭科教育教科内容論Ⅱ」、「家庭科教育実践特別演習」他

応募資格 (1)学歴等:博士の学位を有すること、またはそれと同等の教育研究業績を有すること
(2)年齢:採用予定日において40歳以下の者
    ※長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、上記年齢の範囲で募集します。
   (雇用対策法施行規則第1条の3第1項3号のイ)
(3)小学校の家庭科教育法(「初等家庭科教育」)が担当できること
(4)学校教育の教員養成に強い意欲を有し、家庭科教育に高い見識を有すること
採用予定日 平成30年4月1日
応募期限 平成29年7月21日(金)午後5時必着(「送付先」の注意事項を確認の上、応募願います。)
応募書類 (1)履歴書:本人自署押印、写真(裏面に氏名記載)貼付、連絡先(電話番号、メール)、所属学会、社会的活動及び教員免許状等の資格も記載してください。  1通
(2)研究業績一覧表:著書、論文、学会発表、その他に分類した研究業績一覧  1通
(3)主要業績の提示:著書、論文のうち、主たるもの5点について、 現物または別刷り・コピー等を提示し、200字程度の要旨を添付してください。  1通
(4) 「応募の動機と本学での教育(教員養成、家庭科など)に関する展望」について述べたもの(A4版、様式自由、2000字程度)  1通
(5)本学での担当授業「食生活論」のシラバス(15回分の授業を「到達目標」「概要」「授業計画」及び「評価方法」を記載のうえ、A4版1枚程度で提出してください。)  1通
送付先 〒612-8522 京都市伏見区深草藤森町1番地 京都教育大学 総務・企画課人事グループ 宛
(注意事項)封筒に「食物学担当教員応募書類在中」と朱書きで明記して、必ず書留の郵便(簡易書留)、レターパックプラスまたは宅配便で送付願います。受領の確認できない普通郵便、レターパックライト、メール便、電子メールまたは持参等による応募は受付できませんので、ご注意願います。
その他 (1)必要に応じて面接を行います。ただし、その際の旅費は自己負担となります。
(2)小学校一種、中学校一種「家庭」などの教員免許状を有することが望ましい。
(3)審査の状況により、学業証明書、本学所定の候補者調書等をご提出願うことがありますので、お含みおきください。
(4)選考の結果についての連絡は、直接ご本人にいたします。採否のお問い合せはご遠慮願います。応募書類は返却いたしません。特に返却を希望される場合には、その旨を必ず明記の上、返信用の封筒(送付先を明記し、所定の金額の切手を貼付したもの)を同封してください。
(5)提出書類に含まれる個人情報は本選考にのみに使用し、他の目的には使用しません。
(6)採用後は、京都市近郊に在住できること。
(7)採用後の給与等は、「国立大学法人京都教育大学教職員就業規則」及び本学諸規定による。
問い合わせ先

京都教育大学教育学部 家政科主任 井上 えり子
問い合わせは、電子メール(eriko@kyokyo-u.ac.jp)に限ります。
なお、選考経過等のお問い合わせはご遠慮願います。

日本女子大学(被服整理・染色分野)

学科紹介 被服素材、デザイン・生産、取り扱い、着心地等の性能分析、流通・消費者問題、被服の歴史・文化までをカバーする研究・教育体制を有し、バランスのとれた「被服のスペシャリスト」として社会で活躍する人材を育成しています。
募集人員 教授、准教授または講師 1名
専門分野 被服整理・染色分野
主な担当科目

衣管理学、テキスタイル整理学・同実験、染色加工学実験、高分子分析実験、衣服化学概説、衣服総合実験、衣服科学演習、被服総合演習、衣整理学特論(大学院)、衣整理学演習(大学院)、通信教育課程科目など
※記載したもの以外の科目を担当していただく場合があります。

応募資格 1. 本学および本学科の理念と目標を理解し、教育、研究、大学運営、社会貢献活動等に対して意欲を有すること。
2. 衣整理・染色分野での専門分野での業績があり、かつ当該専門分野の講義・演習科目が可能であること。
3. 衣料管理士(TA)資格およびTES資格に理解があり、関連分野の素養が備わっていること。
4. 学部・大学院の教育および研究指導を担当できること
5. 教育研究および大学運営に関わる職務に支障のないこと、かつ職務を遂行するのに十分な日本語能力を有すること。
6. 博士の学位を有すること、またはこれに準ずる学識及び研究能力を有すること。
7. 外国語による授業ができるなど、国際的な人材育成を可能にする語学力があることが望ましい。
8. 本学への通勤可能な地域に居住すること。
待 遇 本学規定による。
(60歳以上の場合は特任となる。)
定 年 68歳(2017年現在)
採用予定 2018年4月1日
提出書類 1. 履歴書、教育・研究業績一覧(写真貼付、高校からの学歴・職歴・資格、論文、著書、参加プロジェクト、所属学会の他社会的活動など)
2. 主要論文、著書等(別刷り、コピー可)(5点以内)。各々に付き日本語400字以内での要約を付ける
3. これまでの研究および活動概要(A4 1枚程度)と、本学採用後の研究、社会貢献等への抱負(A4 1枚程度)
4. これまでの教育活動の概要と今後の抱負(A4 1枚程度)
5. 本人についての照会が可能な方2名の氏名・所属・職位・連絡先
※提出書類1.は、下記URLから履歴書様式をダウンロードして記入して下さい。
http://www.jwu.ac.jp/grp/recruit/teacher/
提出期限 2017年9月15日(金) (必着)
選考方法 書類選考の上、必要に応じて面接・模擬講義を行う(交通費は自己負担とする)。
書類の送付
問い合わせ先
照会は原則として、E-mail でお願いします。
〒112-8681 文京区目白台2-8-1
日本女子大学家政学部被服学科 学科長 大塚美智子 宛
公募関係問合せE-mail:hihukujwu@fc.jwu.ac.jp

※提出書類は、封書に「被服学科衣整理学分野教員応募書類在中」と朱書し、書留またはそれに代わる方法で送付して下さい。書類の直接持参は受け付けません。
備 考

1. 就任後は、禁煙など、本学の規程を遵守していただきます。
2. 応募された書類は審査終了後返却しますので、書留用金額分の切手を貼った返信用封筒を同封してください。

大妻女子大学(住居学分野・建築計画学分野)

 社会情報学部社会情報学科環境情報学専攻では、環境創成学を学ぶために、自然環境との共生分野および持続可能な社会分野の2分野からなるカリキュラムを提供しております。そのなかで、自然環境に配慮した暮らしを可能とする「住居のデザイン」を学ぶための専門科目として、二級建築士受験資格の指定科目を開講しております。
採用人数・職位 1名・教授
専門分野 住居学分野・建築計画学分野
担当予定科目

(以下の科目のうち6~7科目程度)
「環境情報処理論及び実習Ⅰ」「住居学」「住居デザイン」「環境デザイン論」「建築デザイン」 「住居デザイン演習Ⅰ」「住居デザイン演習Ⅱ」等
このほかに、必修科目の「卒業研究」および「3年次・4年次のゼミナール」等を担当予定です。

採用予定日 平成30年4月1日
応募資格 博士又はPh.D.の学位を有し、住居学・建築計画学の分野に関して十分な研究業績があり、次の(1)~(3)の全ての条件を満たすこと。
(1)教育・研究経験が18年以上、あるいは、それと同等以上と認められる経験を有すること。
(2)住居学・建築計画学分野に関して深い知識を持ち、この分野に関する教育及び研究に対して熱意をもって遂行できること。
(3)大学の教育・研究及び大学運営に対して情熱があり、地域的な連携にも意欲的であること。
応募書類 (1)履歴書(本学指定の書式に準拠、写真貼付、自筆署名、押印のもの)
(2)教育研究業績目録(本学指定の書式に準拠、本学のホームページからダウンロードしてください)
(3)これまでの研究概要(1000字程度)
(4)主な著書・論文の別刷り(コピー可)5編程度
(5)着任後の教育研究に対する抱負(1000字程度)
(6)照会が可能な方(2名)の連絡先
応募締め切り 平成29年7月10日(月)必着
給 与 本学院の教職員給与規程による
選考方法 書類選考の上、面接を実施する。
応募書類の送付先 〒206-8540 東京都多摩市唐木田2-7-1
大妻女子大学社会情報学部 環境情報学専攻 専攻主任 松本暢子 宛
(簡易書留にて、「教員応募書類在中」と朱書きして郵送)
その他

問合わせは、書面(応募書類送付先)または、E-mail(eco2017jinji@ml.otsuma.ac.jp)に限ります。なお、応募書類の返送を希望される場合は、返送先宛名を明記のうえ、返信用切手を貼付した返信用封筒を同封してください。

東京家政大学(服飾文化分野)

職名・人数 准教授または教授(条件によっては期限付)1名
所 属 家政学部 服飾美術学科
専門分野 服飾文化分野
担当科目

本学科では平成31年度にカリキュラム改訂を行う予定である。従って平成31年度は以下とは異なる隣接科目を担当する場合がある。
西洋服飾文化史、日本服飾文化史、現代ファッション史、民族服飾論、ファッション文化論、衣の文化、ファッションアクセサリー論、ゼミナールⅠ、Ⅱ卒業研究、及びその周辺科目             
計 15時間以上

給与等 本学の給与規程による
採用予定日 平成30年4月1日
応募資格 (1) 修士以上の学位を有するか、それと同等の能力を有する者
(2) 教育研究に熱意を持ち、担当授業科目に関して教育や経験に実績のある方
(3) 大学院を担当できる方
提出書類 (1) 履歴書(本学所定のもの)
(2) 写真(本学所定の貼付紙に貼付)
(3) 教育研究業績一覧(本学所定のもの、主要論文5編の番号を○で囲み、別刷り(コピー可)1部を添付すること)
(4) 着任後の教育・研究に対する抱負(A4版2000字以内)
(5) 担当する主要科目(1科目)の授業計画(本学指定のもの)
★上記提出に必要な書類は、本学HPトップ画面上(http://www.tokyo-kasei.ac.jp/)の『教員募集情報』からダウンロードの上ご使用ください
また、必要書類は「履歴書・教育研究業績等の記入要領」を参考に作成ください
書類提出期限 平成29年7月20日(木)必着
選考方法 (1) 書類審査(第一次選考)
(2) 面接および模擬授業(必要に応じて実施する。第二次選考)
(3) 本学教員採用委員会で審議の上、教員審査委員会および教授会を経て学長が決定する
書類提出先 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
東京家政大学 教育支援センター 服飾美術学科 学科事務 宛
(封筒に赤字で「公募書類在中」と明記のこと)
問い合わせ先 服飾美術学科 学科長 :小林 泰子
電話:03-3961-5603
E‐メール: ykobayas@tokyo-kasei.ac.jp
東京家政大学 教育支援センター 服飾美術学科 学科事務
電話:03-3961-2240
その他

応募書類は原則、ご返却いたしません
(返却をご希望の場合は, その旨を明記し、切手を貼った返信用封筒を同封して下さい。)

東京家政大学(染色加工学分野)

職名・人数 准教授または教授(条件によっては期限付)1名
所 属 家政学部 服飾美術学科
専門分野 染色加工学分野
担当科目 本学科では平成31年度にカリキュラム改訂を行う予定である。従って平成31年度は以下とは異なる隣接科目を担当する場合がある。
染色加工学実験、繊維加工学実験、染色堅ろう度試験法、テキスタイルアドバイザー実習、ゼミナールⅠ、Ⅱ、卒業研究及びその周辺科目
計 14.5時間以上
給与等 本学の給与規程による
採用予定日 平成30年4月1日
応募資格 (1) 修士以上の学位を有するか、それと同等の能力を有する者
(2) 教育研究に熱意を持ち、担当授業科目に関して教育や経験に実績のある方
(3) 大学院を担当できる方
提出書類 (1) 履歴書(本学所定のもの)
(2) 写真(本学所定の貼付紙に貼付)
(3) 教育研究業績一覧(本学所定のもの、主要論文5編の番号を○で囲み、別刷り(コピー可)1部を添付すること)
(4) 着任後の教育・研究に対する抱負(A4版2000字以内)
(5) 担当する主要科目(1科目)の授業計画(本学指定のもの)
★上記提出に必要な書類は、本学HPトップ画面上(http://www.tokyo-kasei.ac.jp/)の『教員募集情報』からダウンロードの上ご使用ください
また、必要書類は「履歴書・教育研究業績等の記入要領」を参考に作成ください
書類提出期限 平成29年7月20日(木)必着
選考方法 (1) 書類審査(第一次選考)
(2) 面接および模擬授業(必要に応じて実施する。第二次選考)
(3) 本学教員採用委員会で審議の上、教員審査委員会および教授会を経て学長が決定する
書類提出先 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
東京家政大学 教育支援センター 服飾美術学科 学科事務 宛
(封筒に赤字で「公募書類在中」と明記のこと)
問い合わせ先 服飾美術学科 学科長 :小林 泰子
電話:03-3961-5603
E‐メール: ykobayas@tokyo-kasei.ac.jp
東京家政大学 教育支援センター 服飾美術学科 学科事務
電話:03-3961-2240
その他

応募書類は原則、ご返却いたしません
(返却をご希望の場合は, その旨を明記し、切手を貼った返信用封筒を同封して下さい。)

戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.