社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

教員公募

東京家政大学(栄養学分野)
新潟青陵大学短期大学部(衣服分野)
兵庫教育大学(食物学分野)
広島修道大学(生活科学論分野)
岩手大学(家庭科教育学分野)
尚絅大学(栄養教育論、臨床栄養学分野)

東京家政大学(栄養学分野)

職名・人数 家政学部の期限付助教1名
所 属 家政学部 栄養学科
専門分野 臨床栄養学分野および公衆栄養学分野
担当科目 上記専門分野の研究 および 栄養学科・栄養科における演習、実験、実習の補助  合計 12 時間
給与等 本学の給与規程による
採用予定日 平成31年4月1日
応募資格 次の事項に全て該当する方
(1)採用時36歳未満の方
(2)管理栄養士の資格を有する方
(3)修士以上の学位を有する方
(4)教育研究に熱意を持ち、上記専門分野に関して研究経験を有する方
(5)上記専門分野の実験、実習を担当できる方
勤務形態 常勤(任期あり)雇用契約は3年間。ただし、2年の更新をする場合がある。
提出書類 (1)履歴書(本学所定のもの)
(2)写真(本学所定の貼付紙に貼付)
(3)教育研究業績一覧(本学所定のもの)
(4)期限付助教研究計画書(本学所定のもの)
(5)志望動機(A4版縦長用紙1000字程度・所定様式なし)
(6)推薦状 1部(A4判 様式自由)
自薦の場合、応募者の教育研究について問い合わせのできる方1名以上と連絡先を明記
★上記提出に必要な書類は、本学HPトップ画面上(http://www.tokyo-kasei.ac.jp/)の『教員募集情報』からダウンロードの上ご使用ください
また、必要書類は「履歴書・教育研究業績等の記入要領」を参考に作成ください
書類提出期限 平成30年12月15日(土)必着
選考方法 (1)書類審査(第一次選考)
(2)面接(第二次選考)
(3)本学教員審査委員会および教授会を経て学長が決定する
書類提出先 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
東京家政大学 教育支援センター  栄養学科 学科事務 宛
(封筒に赤字で「公募書類在中」と明記のこと)
問い合わせ先 栄養学科 学科長: 岡 純 
電話 03-3961-8026
E-mail:okajun@tokyo-kasei.ac.jp
東京家政大学 教育支援センター  栄養学科 学科事務
電話 03-3961-2240
その他 応募書類は原則、ご返却いたしません
(返却をご希望の場合は、その旨を明記し切手を貼った返信用封筒を同封してください。)

新潟青陵大学短期大学部(衣服分野)

募集人員 1人
職 種 准教授または助教
【担当科目】ファッションデザイン論、ファッションコーディネート演習、アパレル造形実習Ⅰ、 アパレル造形実習Ⅱ、アパレルデザイン実習Ⅰ、アパレルデザイン実習Ⅱ
勤務形態 常勤
研究分野 分類:複合領域、分科:生活科学、細目:衣・住生活学
応募資格 下記の項目(1)~(4)にすべて該当する者
(1)修士の学位を有する者、または同等の研究業績を有する者
(2)ファッションの実技指導を可能とする者
(3)本学科の運営に積極的に携われる者
(4)着任後、新潟市またはその近郊に居住することが可能な者
募集期間 平成30年10月22日(月)~11月30日(金)まで
着任時期 平成31年4月1日(予定)
応募書類 ① 履歴書(様式1)※E-mailアドレスがある場合は明記のこと。
② 教育研究業績(様式2)
③ 主要研究業績 3点(コピー可)
④ 着任後の研究・教育に対する抱負(様式自由、1600字程度)
⑤ 選考調書(様式3)
※①、②、⑤に関しては、添付した様式1、2、3に従って、ワープロソフトを用いてA4サイズで作成のこと。
また、①、②に関しては添付ファイル〔記入上の注意〕もあわせてご確認ください。
※上記書類(様式1~3)の電子データ(ExcelまたはWord)も送付してください。
応募締切日 平成30年11月30日(金) 当日消印有効
書類提出先 〒951-8121 新潟市中央区水道町1-5939
学校法人新潟青陵学園 事務局長 栗林克礼 宛
 ※1 封筒に 人間総合学科教員公募書類在中と朱書の上、郵便書留で送付すること
 ※2 提出書類の返却を希望する場合は、宛先を明記し、必要金額分の切手を貼った返信用封筒を同封のこと
選考方法 提出書類の審査と面接によって決定する。
なお、書類選考上、面接時に推薦状の提出を求めることがあります。
連絡先住所 〒951-8121 新潟市中央区水道町1-5939
担当者 法人事務局長 栗林克礼
TEL 025-266-0127(代表)
FAX 025-267-0053
E-MAIL soumu※(※電子メールをお出しになるときは、「@」および「n-seiryo.ac.jp」を付けてください。)
添付ファイル 履歴書 様式1 記入上の注意は、こちら
教育研究業績 様式2 記入上の注意は、こちら
選考調書 様式3

兵庫教育大学(食物学分野)

所 属 学校教育研究科 教科教育実践開発専攻
(平成31年4月1日から人間発達教育専攻に変更予定)
生活・健康・情報系教育コース
専門分野 食物学
職 名 助教
任 期 3年(再任可。ただし、再任は1回までとし、再任の場合の任期は2年とする。)
担当予定授業科目 (*は、複数教員の担当による授業科目を示す。)
大学院 食生活の科学と文化、ライフスタイルと健康*、課題研究等
学 部 食物学Ⅰ(食品学及び栄養学を含む。)、調理学実習*、初等家庭*、初等家庭科教育法*、家庭科教育法Ⅱ*・Ⅲ*、小児栄養、卒業研究 等
応募条件 次のいずれにも該当する者
①博士の学位を有する者、またはこれと同等の研究業績を有すると認められる者
②専門分野に関し、高度の教育研究上の指導能力があると認められる者
③栄養学または食品学に関する研究業績を有する者
勤務場所 兵庫教育大学加東キャンパス(兵庫県加東市)及び神戸ハーバーランドキャンパス(神戸市中央区)
採用予定年月日 平成31年4月1日
応募締切日 平成30年11月30日(金)(必着)
提出書類 (1) 履歴書(本学所定の様式によること。)
(2) 教育研究業績等一覧(本学所定の様式によること。なお、別刷、参考資料等を必ず添付のこと。)
応募書類の提出先 〒673-1494 兵庫県加東市下久米942-1
兵庫教育大学長 福田光完 宛
※封筒に「教科教育実践開発専攻(食物学)教員応募書類在中」と朱書すること。
問い合わせ先 兵庫教育大学総務部総務企画課人事労務チーム(電話:0795-44-2013)
Webページアドレス http://www.hyogo-u.ac.jp/visitor/recruit/#toc1
その他 (1) 本学の定年は65歳である。
(2) 選考のため、選考委員による面接を実施することがある。なお、その際の交通費は自己負担となる。

広島修道大学(生活科学論分野)

主要担当科目 「生活科学論」
※研究分野:複合領域(大分類)、生活科学(小分類)
※衣食住と環境に関わる研究分野が望ましい。
所属学部 人間環境学部
採用職名 学部契約教員
採用職位 准教授または助教
採用人員 1名
応募資格 (1)a.博士の学位を有する者
b.大学院博士課程の単位取得者その他のこれと同等以上の能力があると認められる者
※2019年3月末までに学位取得見込みの者、単位取得見込みの者も含む。
(2)「生活科学論」及びその関連科目を担当可能な者
(3)ゼミナール科目、初年次教育等を担当できる者
(4)教育・研究・社会貢献に積極的に取り組むことができる者
(5)採用後は、広島市またはその近郊に居住できる者
採用時期 2019年4月1日
契約期間 2019年4月1日から2021年3月31日まで
※2年契約で、1回の更新(2年)ができます。
応募締切 2018年11月30日(金)必着
提出書類 (1)履歴書(写真貼付、所属学会名明記、別紙様式)
※博士の学位については、付記された専攻分野の名称及び学位論文の題目を併記してください。
(2)教育研究業績一覧(主たる業績3点を明示、別紙様式)
※博士論文は必ず学術論文に記載してください。
※実務経験は教育研究業績一覧の「実務の経験を有する者についての特記事項」に記載してください。
(3)著書、論文等(主たる業績3点について現物、抜刷またはコピー)
(4)学位取得証明書または単位取得証明書
※2019年3月末までに学位取得見込みの者、単位取得見込みの者も含む。
(5)教育に関する考え(別紙様式)
(6)これまでの研究概要と今後の研究計画について(別紙様式)
(7)「生活科学論」に関する講義計画の概要(90分×16回分(試験を含む))(別紙様式)
選考方法 1次審査 書類・業績審査(応募者全員対象)
2次審査 面接(模擬講義を含む 1次審査通過者のみ)
※全ての選考が終了しだい、合否の通知及び応募書類の返却を行います。
待遇等 (1)給与 本学園の学部契約教員給与規程による(以下2018年度実績)
 准教授 月額360,700円(年額4,328,400円)
 助 教 月額319,600円(年額3,835,200円)
(2)個人研究費 年額 上限676,000円(2018年度実績)
(3)諸手当 住居手当、通勤手当
(4)各種保険 社会保険、雇用保険、労災保険あり
書類提出先 〒731-3195 広島市安佐南区大塚東一丁目1番1号
広島修道大学 人事課気付  学長 三上貴教 宛
*応募書類は簡易書留とし、封筒に「人間環境学部 生活科学論 教員応募」と朱書してください。
*別紙様式は本学ホームページやJREC-INのページからダウンロードできます。
*応募書類は採用選考のみに使用し、それ以外の目的には一切使用いたしません。
問い合せ先 広島修道大学 総務部 人事課
TEL 082-830-1105(直通)  FAX 082-830-1325
e-mail:jinji@js.shudo-u.ac.jp
備 考 広島修道大学は女性研究者の積極的な応募を期待しています。

岩手大学(家庭科教育学分野)

職 名 准教授又は助教
採用人数 1名
専門分野 家庭科教育学
担当科目 学部科目: 家庭科教育法Ⅰ,家庭科教育法Ⅲ, 家庭科教育法Ⅳ(分担),教職実践演習,小学校家庭科(分担),家庭科教育法(小),小学校生活科(分担),小学校実践研究(分担),家政学特講Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ(ゼミ),卒論指導
また、教育学部家政教育科で開講している教科専門科目のうち、研究分野によってそれに関連する科目(例えば保育学,住居学,生活経営学など)を担当できることが望ましい。
教養教育科目:基礎ゼミナール 等
大学院(教職大学院)科目:家庭科教育の実践と課題
応募資格 (1)大学院修士課程を修了している者、又はこれに準ずる研究業績を有する者。
(2)大学院(教職大学院)において、教育・研究の指導ができる者。
(3)小中高等学校における教育実践経験、又は教育研究機関等での勤務経験を有する者が望ましい。
(4)採用後は、盛岡市又はその近郊に居住できる者。
採用予定日 平成31年4月1日
提出書類 (1)教員の個人調書(本学の書式による。写真添付。A4判用紙、パソコン使用。)
(2)教育研究等業績書(本学の書式による。著書、学術論文(実務経験者については、実践報告等も学術論文の一部に代えることができる。)、教育活動、地域・社会・国際交流貢献活動等に分けて年代順に記載。A4判用紙、パソコン・ワープロ使用。)    
(3)(2)の研究業績のうち主要著書・論文等合わせて5編程度(コピーでも可)。ただし、必要に応じて追加して論文等の提出を求める場合があります。
(4)本学採用後の教育・研究(小中学校の教員養成を含む)に対する抱負(1,200字以内,書式は自由)
(5)応募者の業績等の照会先(氏名と連絡先:1名)
 
※本学所定の教員個人調書・教育研究等業績書の書式は、本学部ホームページからダウンロードしてください。(Word)『岩手大学教育学部』→『お知らせ』
http://www.edu.iwate-u.ac.jp/
応募締切 平成30年11月12日(月)必着
提出先 〒020-8550 岩手県盛岡市上田3丁目18番33号 岩手大学教育学部長 宛
※封筒に「家政教育科教員応募書類在中」と朱書きし、書留便で送付すること(簡易書留も可)。宅配便も可。
照会先 岩手大学教育学部家政教育科 天木桂子
E-mail: amaki@iwate-u.ac.jp
不在の場合は教育学部 学部運営グループ
TEL:019-621-6504  Fax:019-621-6600  E-mail: edujim@iwate-u.ac.jp
その他 (1)研究業績のほか、教育上の能力、社会貢献に関する業績及び大学等の組織運営上の実績等も考慮します。
(2)速やかに連絡がとれるように、携帯電話番号、電子メールアドレス等があれば「教員の個人調書」に記入してください。
(3)書類選考後に面接を行いますが、旅費等は応募者負担となりますので、ご承知おきください。
(4)提出していただいた書類等は原則返却しませんが、返却を希望する場合はその旨を明記し、着払いの送り状を添付してください。
(5)応募書類に含まれる個人情報は、採用者の選考および採用後の必要手続きに使用するものであり、他の目的では使用しません。
(6)岩手大学は男女共同参画を推進しています。業績および資格等に関わる評価が同等と認められる場合には、女性を優先的に採用します。産前産後休暇、育児休業及び介護休業を取得していた場合(性別は問わない)には、選考の過程で考慮します。両住まい手当制度や子育て・介護中の研究者に対する支援策等についてはこちら(http://www.iwate-u.ac.jp/gender/)をご覧ください。
(7)採用後は教育学部の教員として教育実習関連業務や現職教員の研修に係る業務に従事していただきます。
(8)学部専門科目のほか、教養教育科目も担当していただきます。具体的には、採用後、自身の専門分野に関連した科目委員会へ所属し、委員会の所掌する科目を担当することになります。

尚絅大学(栄養教育論、臨床栄養学分野)

所 属 生活科学部栄養科学科
職 名 教授、准教授、講師、または助教
募集人員 1名
専門分野

栄養教育論、臨床栄養学

担当授業科目

栄養教育論、栄養指導論、運動栄養学、臨床栄養学概論、臨床栄養管理、臨地実習など
なお、専門性を考慮し、上記以外の科目を含め、担当科目を調整させていただくことがあります。

応募資格 (1) 修士以上の学位を有する方、またはこれと同等の教育・研究歴を有すると認められる方
(2) 専門分野について、特に優れた知識及び経験を有すると認められる方
(3) 管理栄養士の資格を有する方
(4) 本学部の目的を理解し、教育・研究および学部運営に積極的な姿勢で臨まれる方
(5) 栄養教育論もしくは臨床栄養学関連分野で教育研究または実務経験を有する方が望ましい
採用予定年月日 平成31年4月1日
採用条件 任期制(※)
応募書類 (1) 履歴書(写真貼付) 1通
(2) 教育・研究業績書 1通
(3) 主な教育・研究業績3点(別刷または複写も可)または実務経験の具体的内容と実績(1000字程度、形式自由) 1通
(4) 構想する教育内容・方法について(1000字程度、形式自由) 1通
(5) 今後の研究計画について(1000字程度、形式自由) 1通
(6) 健康診断書(選考結果に基づき、後日提出) 1通
*(1)及び(2)は、本学ホームページから様式及び記入要領をダウンロードして記載してください。
応募締切日 平成30年11月9日(金) 必着
応募書類提出先 〒862-8678 熊本市中央区九品寺2丁目6−78
尚絅大学生活科学部栄養科学科 教員選考委員会 宛
*封筒の表に「公募書類在中(栄養教育論)」と朱書きしてください。
問い合わせ先

徳冨 芳子
メールアドレス kobo@shokei-gakuen.ac.jp

その他

(1) 応募書類による審査を経て、面接及びセミナーを平成30年11月下旬(予定)に行います。その際の旅費等の支給はありませんのでご承知ください。
(2) 応募書類は原則として返却しません。著書・作品等で特に返却を希望される方は「要返却」のラベルを付し、宛先を明記し切手を貼付した返信用封筒を同封してください。
(3) 応募書類は適正に管理し、教員採用選考以外には使用しません。

※ 任期制について
① 教授の任期は10年(任期満了の1年前までに審査委員会の議を経て、5年毎の任期の更新が可能)です。
② 准教授の任期は5年(任期満了の1年前までに審査委員会の議を経て、5年毎の任期を2回まで更新が可能)です。
③ 講師の任期は4年(任期満了の1年前までに審査委員会の議を経て、4年毎の任期を2回まで更新が可能)です。
④ 助教の任期は4年(任期満了の1年前までに審査委員会の議を経て、4年毎の任期を2回まで更新が可能)です。
⑤ 上記任期の半ばで昇任をした場合は、その時点から新職の任期の開始とします。
⑥ 本学の定年は65歳です。①、②、③、④または⑤にかかわらず退職日は65歳に達した日の属する年度末です。

戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.