社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

教員公募

東京家政学院大学(調理学分野)
東京家政学院大学(被服学分野・現代家政学科)
東京家政学院大学(被服学分野・生活デザイン学科)
安田女子大学(建築学分野)
安田女子大学(被服学分野)

東京家政学院大学(調理学分野)

所 属 現代生活学部 食物学科
担当分野 「調理学」分野
職名及び採用人員 教授または准教授 1名
勤務形態

常勤(任期なし:定年67歳)

担当予定科目

調理学,基礎調理学実習,調理科学実験,応用調理学実習,調理と素材(実習),調理と文化(実習),食事計画論,食生産体験演習A・B(分担),食物総合演習A・B,卒業研究A・B,他学科の指定する科目
(令和2年度のみ現代生活学部生活デザイン学科開講の調理と文化(実習)を担当頂きます。加えて同科の卒業研究A・Bを担当する可能性もあります。)

勤務地 町田キャンパス(東京都町田市相原町 2600 番地)及び
千代田三番町キャンパス(東京都千代田区三番町 22 番地)
応募資格 (1)管理栄養士の資格を有すること。
(2)大学等における「調理学」分野の教育経験を有すること。
(3)修士または博士の学位を有するか,これに準ずる業績を有すること。
(4)地域・行政・企業・教育機関との連携の実績があることが望ましい。
(5)本学・学部・学科の教育方針を理解し,運営協力すること。
(6)本学の建学の精神を理解し,教育・研究に熱意をもって取り組むこと。
採用予定日 令和2年4月1日
提出書類
[(1)~(9)]
(1) 個人調書(本学所定様式-1を必ず使用のこと) 1部
(2) 教育研究業績書(本学所定様式-2を必ず使用のこと)(口頭発表,講演などを含む) 1部
(3) 写真(本学所定様式-3に張付) 1枚
(4) 主要著書,学術論文(現物またはコピー)など10点以内
(5) 教育・研究への抱負(1200字程度) 1部
(6) 「調理学」(2年次開講・講義科目・1 回90 分)及び「基礎調理学実習」(1年次開講・実習科目・1回180分)のシラバス(それぞれ15回分) 1部
(7) 管理栄養士免許証のコピー 1部
(8) 最終学歴を証する書類 1部
(9) 推薦書 1通 (推薦者に問い合わせをすることがあります。)
 
(注1)本学所定様式1~3は,本学ホームページより入手ください。
    URL https://www.kasei-gakuin.ac.jp/site/saiyo.html
(注2)提出された書類の返却を希望される場合は,返信用の封筒(返送先を明記し,所定の金額の切手を貼付したもの)を必ず同封してください。
応募締切日 令和元年9月20日(金)17時[必着]
選考方法 書類選考後に,面接及び模擬授業による審査を行うことがあります。
書類提出先

〒194-0292 東京都町田市相原町2600番地
東京家政学院大学総務グループ 電話042-782-9811(代)
(郵送の場合は,封筒の表に【「調理学」分野教員応募書類在中】と朱書し,書留便で送付してください)

照会先

東京家政学院大学 現代生活学部 学部長 三宅 紀子
電話042-782-9811(代)
E-mail:koubo-g@kasei-gakuin.ac.jp

その他

(1) 応募,面接・模擬授業等に必要な費用は,応募者の負担となりますので,ご了承ください。
(2) 提出書類に含まれる個人情報は,選考及び採用以外の目的に使用することはありません。

東京家政学院大学(被服学分野・現代家政学科)

所 属 現代生活学部 現代家政学科
担当分野 「被服学」分野
職名及び採用人員 助教 1名
勤務形態

常勤(3年の任期あり, ただし再任あり)
*3年の任期終了後,教育・研究業績及び勤務状況等を審査のうえ,再任(任期3年)を認めることがある。なお,特定の条件を満たした場合は,さらに1回限り再任(任期3年)を認めることがある(助教としての在職期間は最大で9年)。

担当予定科目

(1)授業補助の科目
 ファッション造形実習A
(2)単独で担当の科目
 ファッション造形実習B,ハンドクラフト演習,日本の服飾演習,現代家政ゼミA・B,卒業研究A・B,など
(3)他の教員と分担の科目
 現代家政演習,基礎ゼミ,現代生活論,家政学概論
(4)その他
 上記以外の専門領域に関連する科目や共通教育科目(一般教養科目)を担当していただく場合もあります。

勤務地 千代田三番町キャンパス(東京都千代田区三番町22番地)及び
町田キャンパス(東京都町田市相原町2600番地)
応募資格 (1)修士の学位を有すること。または,これに準ずる業績を有すること。
(2)本学の建学の精神を理解し,教育・研究に熱意をもって取り組むこと。
(3)本学・学部の教育方針を理解し,運営協力すること。
採用予定日 令和2年4月1日
提出書類
[(1)~(7)]
(1) 個人調書(本学所定様式-1を必ず使用のこと)1部
(2) 教育研究業績書(本学所定様式-2を必ず使用のこと)(口頭発表,講演などを含む)1部
(3) 写真(本学所定様式-3を必ず使用のこと)1枚
(4) 主要著書,学術論文(現物またはコピー)5点以内
(5) 教育・研究への抱負(1200字程度)1部
(6) 推薦状 1通
(7) 最終学歴を証する書類1部
(注1)本学所定様式1~3は,本学ホームページより入手ください。
URL https://www.kasei-gakuin.ac.jp/site/saiyo.html
(注2)提出された書類の返却を希望される場合は,返信用の封筒(返送先を明記し,所定の金額の切手を貼付したもの)を必ず同封してください。
応募締切日 令和元年9月27日(金)17時[必着]
面 接 面接による審査を行うことがあります。
書類提出先

〒194-0292 東京都町田市相原町2600番地
東京家政学院大学総務グループ  電話042-782-9811(代)
(郵送の場合は,封筒の表に【「被服学」現代家政学科 教員応募書類在中】と朱書し,書留便で送付してください)

照会先

東京家政学院大学 現代生活学部 学部長 三宅 紀子
電話042-782-9811(代)
E-mail:koubo-g@kasei-gakuin.ac.jp

その他

(1) 応募,面接等に必要な費用は,応募者の負担となりますので,ご了承ください。
(2) 提出書類に含まれる個人情報は,選考及び採用以外の目的に使用することはありません。

東京家政学院大学(被服学分野・生活デザイン学科)

所 属 現代生活学部 生活デザイン学科
担当分野 「被服学」分野
職名及び採用人員 助教 1名
勤務形態

常勤(3年の任期あり、 但し、再任あり)
3年の任期終了後、教育・研究業績、勤務状況などの審査の上、再任(任期3年)を認めることがある。なお、特定の条件を満たした場合は、更に1回限り再任(任期3年)を認めることがある(助教としての在職期間は最大で9年である)。

担当予定科目

(1)次の衣料管理士[TA]2級の実験・実習・演習科目の補助(4科目前後)
・繊維学実験 ・高分子材料学実験 ・染色加工学実験 ・服飾造形実習B ・アパレルCAD実習 ・アパレル生産実習 ・ウィービングデザイン演習A ・消費者調査法
(2)次の衣生活デザイン領域の科目担当(1科目以上)
・被服整理学実験 ・アパレル企画実習 ・ハンドクラフト演習A[ニット] ・ハンドクラフト演習B[刺繍]
(3)生活デザイン学科共通領域の科目
・卒業研究A・B ・ゼミナールA・B ・現代生活論(分担) ・生活デザイン演習A・B・C・D(分担もしくは共担) ・スタディツアー(共担)
(4)共通教育科目(一般教養科目)についても担当していただく場合がある。

勤務地 町田キャンパス(東京都町田市相原町2600番地)及び
千代田三番町キャンパス(東京都千代田区三番町22番地)
応募資格 (1)修士の学位を有すること。又は、これに準ずる業績を有すること
(2)1級もしくは2級衣料管理士資格を有していること。あるいは、日本衣料管理協会の専任助手としての教員審査に通っていること、もしくは通る業績を有していること
(3)本学の建学の精神を理解し、教育・研究に熱意をもって取り組むこと
(4)本学・学部の教育方針を理解し、運営協力いただけること
採用予定日 令和2年4月1日
提出書類 (1)個人調書(本学所定様式-1を必ず使用のこと) 1部
(2)教育研究業績書(本学所定様式-2を必ず使用のこと)(口頭発表、講演などを含む)1部
(3)写真(本学所定様式-3を必ず使用のこと) 1枚
(4)主要著書、学術論文(現物又はコピー) 5点以内
(5)教育・研究への抱負(1200字程度)1部
(6)推薦状 1通
(7)最終学歴を証する書類 1部
(8)衣料管理士資格を有している場合は、認定証のコピー 1部
(9)「5.担当予定科目(1)及び(2)」について、担当可能な科目名を明記した書類 1部
(注1)本学所定様式1~3は、本学ホームページより入手してください。
URL https://www.kasei-gakuin.ac.jp/site/saiyo.html
(注2)提出された書類の返却を希望される場合は、返信用の封筒(返送先を明記し、所定の金額の切手を貼付したもの)を必ず同封してください。
応募締切日 令和元年9月10日(火)17時[必着]
面 接 面接による審査を行うことがあります。
書類提出先

〒194-0292 東京都町田市相原町2600番地
東京家政学院大学総務グループ  電話042-782-9811(代)
(郵送の場合は、封筒の表に【「被服学」生活デザイン学科 教員応募書類在中】と朱書し、書留便で送付してください)

照会先

東京家政学院大学 現代生活学部 学部長 三宅 紀子
E-mail:koubo-g@kasei-gakuin.ac.jp

その他

(1)応募、面接などに必要な費用は、応募者の負担となりますので、ご了承ください。
(2)提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用以外の目的に使用することはありません。

安田女子大学(建築学分野)

公開開始日 2019年5月(決裁後直ちに)
タイトル 家政学部 生活デザイン学科 建築学 担当教員募集
機関名 安田女子大学
機関種別 私立大学
所在地 〒731-0153 広島県広島市安佐南区安東6丁目13番1号
募集地域 特定しない
募集職種 教授
勤務形態 常勤
任 期 なし
募集人員 1名
研究分野等 大分類;工学   小分類;土木工学、建築学
担当分野 建築学、構造力学、環境デザインなど
応募資格 1.博士の学位を有する者またはそれと同等以上の研究業績又は実務実績を有する者
2.一級建築士資格を有する者
3.大学・大学院等の教育研究機関において、上記担当分野の教育歴を有する者が望ましい
4.本学の建学の精神に従って教育・研究活動のできる者
5.原則として広島市に居住できる者
募集期間 決裁後~2019年7月5日(金)予定 ※公募開始後6週間程度
着任時期 2020年4月1日
応募書類 (1)履歴書(本学指定の様式※)
(2)学位記、資格免許証の写し
(3)研究業績一覧(論文・著書など)
(4)主要業績のうち3点(抜刷、コピー可)
(5)志望動機
(6)着任後の教育と研究についての抱負(800字程度)
(7)推薦状 1部(A4判 様式自由)
   自薦の場合、応募者の教育研究について問合せのできる方1名以上と連絡先
(8)応募フォーム(本学指定の様式※)
 ※指定様式は、本学ホームページの「サイトマップ」> 「教職員募集」>安田女子大学・安田女子短期大学>◆大学・短大用(学園指定様式)◆からダウンロードしてください。
【(1)~(7)の書類の送付先】
 提出先:〒731-0153 広島市安佐南区安東6丁目13-1
            安田女子大学 庶務課 宛
封筒に「家政学部 建築学 担当教員 応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送してください。
【(8)の応募フォームの送付先】
必要事項を入力の上、データを以下のメールアドレスへお送りください。
   送付先:saiyo-u@yasuda-u.ac.jp
 提出期限:2019年7月5日(金) 必着のこと。※(1)~(8)すべて応募書類に記載された個人情報は、本選考のみに使用し、その他の目的では一切使用いたしません。
また、応募書類については、採用・不採用に関わらず原則返却いたしません。
不採用となった場合、本学で責任をもって破棄いたします。
選考終了後、履歴書等の応募書類の返却を希望する方は、その旨明記し、応募書類と共に返信用封筒(切手貼付/返送宛名明記)を同封してください。
選考方法 書類審査で第1次選考を行い、第2次選考で簡単な適性検査(30分程度)と面接を行います。
担当者 庶務課 本石 智加
連絡先 saiyo-u@yasuda-u.ac.jp
TEL 082-878-8112 (ダイヤルイン )
FAX 082-872-2896
備 考 所属:安田女子大学 家政学部
待遇:本学園の給与規程による。
本学URL:http://www.yasuda-u.ac.jp/
本募集に関するお問合せは、できるだけE-mailでお願いします。
 安田女子大学 家政学部生活デザイン学科 楠幹江(学科長)
  E-mail:kusunoki@yasuda-u.ac.jp
  TEL:080-4416-7181

安田女子大学(被服学分野)

公開開始日 2019年5月(決裁後直ちに)
タイトル 家政学部 生活デザイン学科 被服学 担当教員募集
機関名 安田女子大学
機関種別 私立大学
所在地 〒731-0153 広島県広島市安佐南区安東6丁目13番1号
募集地域 特定しない
募集職種 教授
勤務形態 常勤
任 期 なし
募集人員 1名
研究分野等 大分類;複合領域   小分類;生活科学
担当分野 家政学、被服学、服飾学など
応募資格 1.博士の学位を有する者またはそれと同等以上の研究業績を有する者
2.高等学校(または中学校)教員免許状(家庭)を有する者が望ましい
3.大学・大学院等の教育研究機関において、上記担当分野の教育歴を有する者が望ましい
4.本学の建学の精神に従って教育・研究活動のできる者
5.原則として広島市に居住できる者
募集期間 決裁後~2019年7月5日(金)予定 ※公募開始後6週間程度
着任時期 2020年4月1日
応募書類 (1)履歴書(本学指定の様式※)
(2)学位記、資格免許証の写し
(3)研究業績一覧(論文・著書など)
(4)主要業績のうち3点(抜刷、コピー可)
(5)志望動機
(6)着任後の教育と研究についての抱負(800字程度)
(7)推薦状 1部(A4判 様式自由)
   自薦の場合、応募者の教育研究について問合せのできる方1名以上と連絡先
(8)応募フォーム(本学指定の様式※)
 ※指定様式は、本学ホームページの「サイトマップ」> 「教職員募集」
  >安田女子大学・安田女子短期大学>◆大学・短大用(学園指定様式)◆からダウンロードしてください。
【(1)~(7)の書類の送付先】
 提出先:〒731-0153 広島市安佐南区安東6丁目13-1
            安田女子大学 庶務課 宛
封筒に「家政学部 被服学 担当教員 応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送してください。
【(8)の応募フォームの送付先】
  必要事項を入力の上、データを以下のメールアドレスへお送りください。
  送付先:saiyo-u@yasuda-u.ac.jp
提出期限:2019年7月5日(金) 必着のこと。※(1)~(8)すべて

応募書類に記載された個人情報は、本選考のみに使用し、その他の目的では一切使用いたしません。
また、応募書類については、採用・不採用に関わらず原則返却いたしません。
不採用となった場合、本学で責任をもって破棄いたします。
選考終了後、履歴書等の応募書類の返却を希望する方は、その旨明記し、応募書類と共に返信用封筒(切手貼付/返送宛名明記)を同封してください。
選考方法 書類審査で第1次選考を行い、第2次選考で簡単な適性検査(30分程度)と面接を行います。
担当者 庶務課 本石 智加
連絡先 saiyo-u@yasuda-u.ac.jp
TEL 082-878-8112 (ダイヤルイン )
FAX 082-872-2896
備 考 所属:安田女子大学 家政学部
待遇:本学園の給与規程による。
本学URL:http://www.yasuda-u.ac.jp/
本募集に関するお問合せは、できるだけE-mailでお願いします。
 安田女子大学 家政学部生活デザイン学科 楠幹江(学科長)
  E-mail:kusunoki@yasuda-u.ac.jp
  TEL:080-4416-7181
戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.