社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

教員公募

東京家政学院大学(調理学分野)
神戸大学(人間環境学に関する食の複合的研究分野)
京都ノートルダム女子大学(経済学、経営学分野)
秋田県立大学(食品科学分野)
安田女子大学(土木工学、建築学分野)
京都府立大学(視環境計画学分野)

東京家政学院大学(調理学分野)

所 属 現代生活学部 食物学科
担当分野 「調理学」分野
職名及び採用人員 教授または准教授 1名
勤務形態 常勤(任期なし:定年67歳)
担当予定科目 調理学,基礎調理学実習,調理科学実験,応用調理学実習,調理と素材(実習),フードスペシャリスト論,食物総合演習A・B(ゼミナール),卒業研究A・B,食生産体験演習A・B「15回中1回(90分/回)程度」
勤務地 町田キャンパス(東京都町田市相原町2600番地)及び
千代田三番町キャンパス(東京都千代田区三番町22番地)
応募資格 (1) 大学・短期大学・専門学校等における「調理学」「調理学実習」の教育経験を有すること。
(2) 修士または博士の学位を有するか,これに準ずる業績を有すること。
(3) 本学学部・学科の教育方針を理解し,運営協力すること。
(4) 本学の建学の精神を理解し,教育・研究に熱意をもって取り組むこと。
採用予定日 令和3年4月1日
提出書類[(1)~(8)] (1) 個人調書(本学所定様式-1を必ず使用のこと) 1部
(2) 教育研究業績書(本学所定様式-2を必ず使用のこと)(口頭発表,講演などを含む) 1部
(3) 写真(本学所定様式-3に貼付) 1枚
(4) 主要著書,学術論文(現物またはコピー)など 10点以内
(5) 教育・研究への抱負(1200字程度) 1部
(6) 「調理学」(2年次開講・講義科目・1回90分)のシラバス(15回分) 1部
(7) 最終学歴を証する書類 1部
(8) 推薦書 1通(推薦者に問い合わせをすることがあります。)
 
(注1)本学所定様式1~3は,本学ホームページより入手してください。
   URL https://www.kasei-gakuin.ac.jp/site/saiyo.html
(注2)提出された書類の返却を希望される場合は,返信用の封筒(返送先を明記し,所定の金額の切手を貼付したもの)を必ず同封してください。
応募締切日 令和2年9月25日(金)17時[必着]
選考方法 書類選考後に,面接及び模擬授業による審査を行うことがあります。
書類提出先 〒194-0292 東京都町田市相原町2600番地
東京家政学院大学総務グループ 電話042-782-9811(代)
(郵送の場合は,封筒の表に【「調理学」分野教員応募書類在中】と朱書し,書留便で送付してください。)
照会先 東京家政学院大学 現代生活学部 学部長 三宅 紀子
電話042-782-9811(代)
E-mail:koubo-g@kasei-gakuin.ac.jp
その他 (1) 応募,面接・模擬授業等に必要な費用は,応募者の負担となりますので,ご了承ください。
(2) 提出書類に含まれる個人情報は,選考及び採用以外の目的に使用することはありません。

神戸大学(人間環境学に関する食の複合的研究分野)

職 名 助教
所 属 大学院人間発達環境学研究科人間環境学専攻
専門分野 人間環境学に関する食の複合的研究
担当予定授業科目 (1)大学院人間環境学専攻の授業科目
   博士前期課程科目・博士後期課程科目
(2)国際人間科学部の学部共通授業科目
(3)国際人間科学部環境共生学科の授業科目
(4)全学共通授業科目
募集人員 1名
応募要件 (1)人間の発達と人間環境の関わりに深い興味・関心を持ち,グローバルに活躍すると同時に,人間環境学専攻の教員と協力して研究を遂行しうること。
(2)国際誌学術論文等の研究成果や外部研究資金獲得実績等の優れた業績を有すること。
(3)理論研究に加え,実証研究,さらに社会実装や公共政策との接点を持ち,他分野との共同研究に積極的な人が望ましい。
(4)具体的な研究分野として,食と環境,食とライフスタイル,食糧資源,食の安全,食の安全保障,食の持続可能性,食を巡る循環,サプライチェーン(生産・消費・廃棄),などを想定している。
(5)大学院生及び学部学生に対して熱意を持って指導できること。特に神戸大学国際人間科学部グローバル・スタディーズ・プログラム(GSP)に関わり,国内外の教育研究機関あるいはフィールドを活用した大学院生および学部学生の教育に携われること。
 *GSPについては以下を参照ください。
 https://www.fgh.kobe-u.ac.jp/ja/node/65
(6)博士の学位を有すること(2021年3月末までに取得のこと)。
採用予定日 2021年4月1日
任 期 5年(採用後の教育・研究活動を評価して,適格と判断した場合,任期満了時またはそれ以前に任期の定めのない教員とする。)
応募期限 2020年8月28日(金)(必着)
提出書類 (1)履歴書(写真添付,学歴は高等学校卒業以降,電子メールアドレスを記入のこと)
(2)研究業績一覧表(著書,論文,最近5年間の学会発表,代表として獲得した外部資金,受賞に分類し,論文については,査読付きとその他に,学会発表については,国内と国際に分けること)
(3)主要研究業績(5編以内の現物,別刷またはコピー(掲載予定の場合は証明するものを付すこと),各編200字程度の概要を添えること)
(4)これまでの研究についての説明(A4判2頁以内)
(5)本専攻で実施したい研究プロジェクトならびに共同研究プロジェクトの提案(A4判2頁程度),および教育に関する抱負(同1頁程度)
(6)応募者の業績などについて意見を伺える方の氏名(2名以内)と連絡先
   (住所,電話番号,電子メールアドレスなどを記入のこと)
 
 当研究科では,個人情報保護の観点から,応募書類は次のとおり取扱いますので,あらかじめご了承ください。
(1)提出書類は選考以外の目的には使用しない。
(2)提出書類返却の希望のない書類は,選考後適正に廃棄する。(なお,提出書類返却を希望する場合は返却先を書いた封筒(切手を貼付)を同封のこと)
送付先 〒657-8501 神戸市灘区鶴甲3‐11
神戸大学大学院人間発達環境学研究科長宛
(封筒に「人間環境学専攻教員応募書類(食の複合的研究)在中」と朱書し,書留で送付すること)
問い合わせ先 神戸大学大学院人間発達環境学研究科人間環境学専攻 専攻長 近江戸伸子 メールアドレス: kankyoujokyou04@h.kobe-u.ac.jp
その他 (1)審査の過程で面接及び口頭による研究内容の発表をお願いすることがありますが, 旅費は支給できませんのであらかじめご了承ください。
(2)審査の状況により主要研究業績以外の研究業績を提出願うことがあります。
(3)本研究科・専攻・学部の概要につきましては,下記のURLをご参照ください。
   https://www.h.kobe-u.ac.jp/
   https://www.h.kobe-u.ac.jp/ja/department2013/g-hes
   https://www.fgh.kobe-u.ac.jp/
(4)待遇 [給与]神戸大学年俸制適用教員(退職手当支給型)給与規程等による。

京都ノートルダム女子大学(経済学、経営学分野)

職 名 教授、准教授、講師(応募者の業績・経験等を審査の上,適切な職位とします。)(任期なし)
募集人員 1名
専門分野 経済学、経営学分野
所属学部 現代人間学部 生活環境学科(2021年度より福祉生活デザイン学科から名称変更)
担当科目 【学 部】生活経済学、ライフプランニング論、ライフプランニング演習、ライフプランニング実習、社会保障論Ⅰ・Ⅱ、生活環境概論、生活環境基礎演習Ⅰ~Ⅳ、生活環境特論、卒業研究 等
採用予定日 2021年4月1日
待 遇 (1)勤務時間 本学教員の勤務等に関する規程による。
(2)給 与  本学規程に基づき,経歴等を考慮の上,個別に定める。
(3)休 日  土曜日、日曜日、祝祭日、他に創立記念日、クリスマス、年末年始、夏期一斉休業等、本学の就業規則による。
  *大学行事等により休日を出勤日とする場合があります。
(4)保険等  私立学校教職員共済制度(健康保険・年金)、雇用保険、労働保険
応募資格 次の各号を満たしている者
(1)博士の学位または修士の学位を有すること、もしくは同等の研究業績がある者
(2)経済学、経営学分野に関する業績がある者
(3)担当科目に関する教育歴がある者
(4)その他 地域における実践的活動経験のある者が望ましい。また、本学の建学の精神に則り、キリスト教に理解ある者
応募書類 (1)履歴書 1部 (本学所定様式)
(2)業績書 1部 (本学所定様式)著書、論文などの業績、および教育・職務上の業績などに分類し、発表年度別に整理のこと。
(3)最近10年間の著書・主要論文(または抜き刷り)5点 各2部
(4)着任後の教育・研究に対する抱負を1200字程度にまとめたもの(A4用紙、縦置き・横書き・1枚)
(注1) (1)と(2)については本学所定様式を以下よりダウンロードの上、写真貼付・押印したものを提出下さい。
http://www.notredame.ac.jp/about/recruit/teacher.html
(注2) 公刊予定業績については「掲載証明書」あるいは「出版予定証明書」を添付してください。
(注3) 提出した主要な業績については、業績一覧表に○印を付け、そのうち最も重要なものに◎印を付けて下さい。
(注4) 提出書類は原則として返却しません。返却を希望される場合は、返信用の封筒(切手貼付)を同封してください。
応募期限 2020年6月30日(火)必着
選考方法 (1)一次選考(書類審査)
(2)二次選考(面接、および研究・教育に関するプレゼンテーション、模擬授業等)
※ 二次選考の「研究・教育に関するプレゼンテーション模擬授業等」を行っていただく場合は、別途ご連絡いたします。
※ 二次選考に係わる交通費は自己負担とさせていただきます。
※ 選考結果は、審査後に文書で本人に通知いたします。
応募書類提出先 〒606-0847 京都市左京区下鴨南野々神町1
京都ノートルダム女子大学 教育支援部学事課 宛
(応募封筒に【生活環境学科教員応募書類在中】と朱記し、「簡易書留」など受領が確認できる郵便または宅配便で送付してください。)
備 考 生活環境学科は2021年4月開設予定(2020年5月に名称変更届け出予定)
問い合わせ先 京都ノートルダム女子大学 教育支援部学事課
TEL: 075-706-3661  E-mail:gakuji@ml.notredame.ac.jp

秋田県立大学(食品科学分野)

職名及び人員 助教 1名
所 属 生物資源科学部 応用生物科学科 食品・醸造グループ
専門分野 食品科学分野
食品科学に関する研究の経験と業績を有して、学部生および大学院生の教育・研究指導に積極的に取り組む意欲があり、食品科学に関する研究を推進し、その実用化にも熱意のある人材を求めます。
担当授業科目 以下の科目は全てその一部分を分担します。(学部)基礎化学生物学実験(化学分野)、応用生物科学実験Ⅱ(食品化学・食品加工学分野)、応用生物科学研究室実験(食品化学・食品加工学分野)、食品製造学、卒業論文等
(大学院)食品機能評価論、生物資源科学演習、課題研究 等
応募資格 (1)博士の学位を有すること、または採用日までに取得見込みであること
(2)当該分野の教育と研究に熱意を持っていること、地域貢献にも意欲を持っていること
(3)国籍は問わないが、日本語が堪能であること
(4)採用が決定した場合、確実に着任できること
採用予定日 令和 2年 10月 1日
勤務条件等 (1)身分公立大学法人職員
(2)給与職位・業績・職務内容に応じた年俸制
(3)勤務裁量労働制
(4)任期助教:5年の任期制(再任回数に制限はありません)
(5)定年67歳
応募書類 (1)履歴書(本学所定の様式1による。*)
(2)研究業績書(本学所定の様式2による。*)学術論文は、①学術論文(査読付き)、②国際会議発表論文(査読付き)、③その他に分類して記載してください。また、主要なもの3編に○をつけてください。
(3)主要論文3編(コピー可)
(4)これまでの研究、教育及び社会活動(地域貢献を含む。)の概要(1000 字程度)
(5)教育に対する抱負(1000 字程度)
(6)研究・地域貢献に対する抱負(1000 字程度)
(7)応募者について意見を求めることができる推薦者2名の氏名と連絡先
(8)科研費等外部資金獲得の実績がある場合は、過去5年間における獲得状況の一覧
  注)*印:履歴書(様式1)及び研究業績書(様式2)については、ホームページ(http://www.akita-pu.ac.jp/)をご参照下さい。
応募締め切り 令和 2年 6月 1日(月)必着
選考方法 (1)第一次選考 提出書類審査、学部選考委員会による面接
(2)第二次選考 プレゼンテーション、役員による面接
※面接の旅費等は自己負担となります。
応募書類の提出先及び問い合わせ先 〒010-0195 秋田市下新城中野字街道端西241-438
秋田県立大学生物資源学科部 応用生物科学科 村田 純
TEL:018-872-1573   E-mail:jmurata@akita-pu.ac.jp
※封筒の表に「食品科学分野助教応募書類在中」と朱書きし、簡易書留で送付して下さい。応募書類は返却しません。
その他 本学は、女性の職業活動における活躍の推進に関する法律に基づき、女性活躍のための支援、環境整備に努めており、女性研究者の積極的な応募を歓迎します。
(女性活躍推進行動計画:http://www.akita-pu.ac.jp/gaiyo/pdf/joseikatsuyaku.pdf
(子育て支援等行動計画:http://www.akita-pu.ac.jp/kosodate/kosodate.pdf

安田女子大学(土木工学、建築学分野)

機関名 安田女子大学
機関種別 私立大学
所在地 〒731-0153 広島県広島市安佐南区安東6丁目13番1号
募集地域 特定しない
募集職種 教授~講師
勤務形態 常勤
任期 なし
募集人員 1名
研究分野等
(JREC-IN)
大分類;工学   小分類;土木工学、建築学
担当分野 建築学、構造力学、環境デザインなど
応募資格 1.博士の学位を有する者またはそれと同等以上の研究業績もしくは実務実績を有する者
2.大学等の教育機関において、上記担当分野の教育歴を有する者が望ましい
3.一級建築士資格を有する者
4.本学の建学の精神に従って教育・研究活動のできる者
5.原則として広島市に居住できる者
募集期間 決裁後~2020年4月22日(水)予定 ※公募開始後6週間程度
着任時期 2020年9月1日又は2021年4月1日
応募書類 (1)履歴書(本学指定の様式※)
(2)学位記、資格免許証の写し
(3)研究業績一覧(論文・著書など)
(4)主要業績のうち3点(抜刷、コピー可)
(5)志望動機
(6)着任後の教育と研究についての抱負(800字程度)
(7)推薦状 1部(A4判 様式自由)
 自薦の場合、応募者の教育研究について問合せのできる方1名以上と連絡先
(8)応募フォーム(本学指定の様式※)
 ※指定様式は、本学ホームページの「サイトマップ」>「教職員募集」>安田女子大学・安田女子短期大学>◆学園指定様式◆(大学・短大用)からダウンロードしてください。
【(1)~(7)の書類の送付先】
提出先:〒731-0153 広島市安佐南区安東6丁目13-1
            安田女子大学 庶務課 宛
封筒に「家政学部 建築学 担当教員 応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送してください。
【(8)の応募フォームの送付先】
必要事項を入力の上、データを以下のメールアドレスへお送りください。
 送付先:saiyo-u@yasuda-u.ac.jp
 提出期限:2020年4月22日(水) 必着のこと。※(1)~(8)すべて
応募書類に記載された個人情報は、本選考のみに使用し、その他の目的では一切使用いたしません。
また、応募書類については、採用・不採用に関わらず原則返却いたしません。
不採用となった場合、本学で責任をもって破棄いたします。
選考終了後、履歴書等の応募書類の返却を希望する方は、その旨明記し、応募書類と共に返信用封筒(切手貼付/返送宛名明記)を同封してください。
選考方法 第1次選考:書類選考
第2次選考:簡単な適性検査(30分程度)、面接
備考 所 属:安田女子大学 家政学部
待 遇:(給与)本学園の給与規程による。
    (定年)教授:63歳/准教授・講師:60歳 ※但し定年再雇用制度あり
        助教・助手:雇用契約は3年間 ※但し2年間の更新制度あり
照会先:(応募書類等)事務部庶務課 本石智加
           TEL:082-878-8112 E-mail:saiyo-u@yasuda-u.ac.jp
    (担当分野等)家政学部生活デザイン学科 楠幹江(学科長)
           TEL:080-4416-7181 E-mail:kusunoki@yasuda-u.ac.jp
     ※できるだけE-mailでの問い合わせをお願いします。
本学URL:http://www.yasuda-u.ac.jp/
その他:キャンパスは全面禁煙となっており、喫煙スペースは設けておりません。
    教育・研究以外に、大学運営業務等に携わっていただきます。

京都府立大学(視環境計画学分野)

職名及び人員 准教授または講師 1名
所属 生命環境科学研究科 環境科学専攻
専門種目並びに専門分野 住環境機構学専門種目 視環境計画学分野
担当科目 (1)大学院博士前期課程:視環境計画学特論,住環境機構学演習,住環境機構学実験など
(2)学部:建築環境工学Ⅱ,色彩学,建築設備学Ⅱ(分担),住環境工学実習(分担),住環境学実験(分担),環境デザイン学概論(分担),論文講読法ⅠならびにⅡ(分担),新入生ゼミナール(分担),専攻科目演習(分担),専攻科目実験(分担)など
応募要件 以下のすべてに該当すること
(1)博士の学位を有し,当該専門分野の講義科目ならびに演習・実験等,学部・大学院の教育および研究指導を担当できる者。
(2)住居・建築環境学とくに生活者の視点に立った視環境計画学・光環境計画学に関する該博な知識と,この分野の研究の経験ならびに業績があり,その発展に貢献できる者。
(3)視・光環境のみならず,照明設備や音環境に関しても十分な知識を有し,関連する講義・実習についても担当できる者。
(4)環境科学専攻および環境デザイン学科の理念と目標を理解し,大学院および学部の教育・研究,地域貢献活動,大学運営,外部資金の獲得等に対して意欲を有する者。
(5)教育・研究および大学運営に係わる職務を支障なく遂行できる者。
(6)本学に通勤可能な地域に居住できる者。
着任時期 令和2年10月1日またはそれ以降のできるだけ早い時期
応募書類 (1)履歴書(A4縦置き,横書き)
写真貼付(縦4cm×横3cm),氏名(ふりがな),生年月日,現住所,連絡先住所,電話番号,E-mailアドレス,高校卒業以降の学歴ならびに職歴,資格・賞罰,学会活動(所属学会名,役職名など)ならびに社会活動(嘱託,役員,委員の名称などとその期間)等を記載して下さい。
(2)研究業績等の目録(A4縦置き,横書き)
①博士学位論文,②審査付き学術論文,③国際会議のプロシーディング,④論説・総説・学術著書,⑤科研費などの各種研究助成金の取得状況(研究代表者のものに限る),⑥その他(特許・作品など),に区別して記載して下さい。
(3)主要論文(5編以内),各5部(別刷,コピー可)。
(4)これまでの研究活動の概要(1000字程度)と今後の抱負(500字程度),および学会活動や社会活動の概要(600字程度)と今後の抱負(300字程度)。
(5)これまでの教育活動(1000字程度,社会教育も含む)と今後の抱負(1000字程度)。
(6)本人についての照会が可能な方2名の氏名,所属,電話番号,電子メールアドレス等の連絡先。
なお,応募された書類は原則として返却しません。返却を希望される場合は,返信用封筒と切手を同封してください。
応募締切 令和2年4月28日(火)必着
選考方法 選考委員会で審議選考し,専攻教授会,研究科教授会議を経て候補者を決定します。選考の最終過程で面接やプレゼンテーションをお願いすることがありますが,その際の旅費は自己負担でお願いします。
応募方法,応募書類の送付先および問い合わせ先 (1)応募方法 書留郵便または宅配便などの配達記録の残る方法に限ります。
封筒表面に「視環境計画学教員公募応募書類」と朱書きしてください。
(2)送付先 〒606-8522 京都市左京区下鴨半木町1-5
京都府立大学大学院生命環境科学研究科環境科学専攻
視環境計画学教員選考委員会 宛
(3)問い合わせ先 京都府立大学大学院生命環境科学研究科環境科学専攻
(生命環境学部環境デザイン学科 学科主任 長野和雄 宛)
問い合わせは原則としてE-mailでお願いします。
E-mail: nagano_at_kpu.ac.jp  (『_at_』を『@』に置き換えてください。)
備考 京都府立大学は男女共同参画を推進しています。女性研究者の積極的な応募を期待するとともに,男女共同参画社会基本法の趣旨に則り,業績及び人物の評価において同等と認められた場合は女性を採用します。また,ライフイベント(出産・育児・介護など)に利用できる福利厚生制度を有しています(参考ホームページ:http//kpu-sankaku.jp)。
公募案内資料 https://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?co=ser&frmId=7643
戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会 事務局は4月13日(月)まで在宅勤務しています。
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.