社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

教員公募

金城学院大学(生活経営学・消費者教育分野)
奈良女子大学(住環境学分野)
北海道教育大学旭川校(食物学分野)

金城学院大学(生活経営学・消費者教育分野)

所 属 生活環境学部生活マネジメント学科
専門分野 生活経営学・消費者教育
担当授業科目 生活経営学・消費者教育論・生活リスクマネジメント論・消費者行動論・消費者心理学・消費マーケティング論・入門演習・基本演習・専門演習・卒業論文。これら以外の科目を担当していただくこともあります。
職名・人数 教授、准教授または専任講師 1名
採用予定日 2020年4月1日
応募条件 (1)博士の学位を有する、またはこれと同等の研究業績を有する方
(2)大学院の授業を担当できることが望ましい
(3)教育・研究の他、広報活動、学内運営業務などに積極的に取り組める方
提出書類 (1)履歴書(写真貼付)
(2)研究業績書(著書、論文、口頭発表、その他 項目別に記載)
(3)主な業績(3点程度の実物、抜き刷りまたはコピー)
(4)主となる業績の研究概要(A4一枚ないし800字程度)
(5)教育活動、学会及び社会活動
(6)推薦書(あれば望ましい)
(7)提出書類の概要(CD-Rの電子媒体で提出)
*(1)(2)と(7)の書式は本学指定書式を下記URLよりダウンロードしてご入手ください。(http://www.kinjo-u.ac.jp/document/rireki.html)金城学院提出書類ダウンロードサイト
*すべての提出書類は今回の審査のみに使用し、審査終了次第破棄いたします。また、原則として提出書類の返却は致しませんので、返却を希望される方は、送付先宛名・住所を記入し、返送料分の切手を貼った返送用封筒を同封してください。
面 接 書類選考の上、実施する。
*場合によっては、模擬授業を行っていただく場合があります。
書類提出先 〒463-8521 名古屋市守山区大森2丁目1723番地
金城学院大学生活環境学部 学部長 丸山 智美 宛
*簡易書留郵便による提出とし、「生活マネジメント学科専任教員応募書類」と朱書きしてください。
提出締切 2019年5月31日(金)必着
募集に関する問い合わせ先 金城学院大学 生活環境学部 生活マネジメント学科
FAX 052-798-0370  電子メール sei-mng14@kinjo-u.ac.jp
*電話でのお問い合わせはご遠慮ください。
その他 1)金城学院大学はキリスト教主義の女子大学で、大学院(文学研究科・人間生活学研究科)・文学部・生活環境学部・国際情報学部・人間科学部・薬学部で組織されています。生活環境学部は、生活マネジメント学科、環境デザイン学科、食環境栄養学科からなっています。
2)本学は、1889年(明治22年)にアメリカ人宣教師によって創立され、「プロテスタントキリスト教に基づく女性の教育」を建学の精神とし、同時に全人教育、国際理解の教育を伝統的に重んじています。このことから、キリスト者ないしはキリスト教に理解のある方を求めています。
3)本学では、十分な教育活動を行っていただくため、本学に近いところに住居を定めていただくようお願いしています。 

奈良女子大学(住環境学分野)

職名及び人員 教授または准教授 1名
所 属 奈良女子大学研究院生活環境科学系住環境学領域
担当科目 学部においては、住環境学科関連科目(設計演習及び関連講義科目など)を担当する。また、大学院博士前期課程においては住環境学専攻関連科目を担当し、後期課程においては資格審査の後に社会生活環境学専攻(生活環境計画学講座)関連科目を担当する。
応募資格 ①建築・インテリアなどの設計について豊富な実務経験を持ちそれに関わる知識や理論にも精通し、その分野に関する教育・研究を遂行できること。
②博士の学位もしくは同等の業績を有し、大学院博士後期課程を担当できることが望ましい。
③産学官共同プロジェクトや海外共同プロジェクトに関与できることが望ましい。
④単独または共同で留学生向けの英語による授業を提供できる英語力を有することが望ましい。
着任時期 2019年10月1日以降のできるだけ早い時期
(遅くとも2020年4月1日までに着任できる方)
応募書類 ①履歴書(写真貼付、連絡先明記、高等教育機関での教育歴を明記)
②業績目録(学位論文、原著論文、作品、著書、その他に分類)
③主要作品・論文等の別刷(コピー可、10 点以内、業績目録に○印)
④コンペ等の受賞歴や外部競争的資金等の獲得実績ならびにその成果
⑤これまでの教育・設計・研究・社会貢献などの活動概要(1200 字程度)
⑥着任後の教育・設計・研究・社会貢献などの活動方針・抱負(1200 字程度で具体的に)
⑦本人について照会できる方 2 名の氏名と連絡先
⑧学位記など、保有資格を証明するものの写し
応募締切 2019 年5月31 日(金)必着
その他 ①応募された書類は原則として返却しません。返却を希望される場合には、返信用封筒等を同封してください。
②選考の途中で必要に応じて面接を行う場合があります。この場合、交通費は応募者の負担となります。
③大学院人間文化研究科ならびに生活環境学部の構成などについては、下記のホームページを参照してください。
http://www.nara-wu.ac.jp/daigakuin/senkou/c12.html
http://www.nara-wu.ac.jp/life/2017/
④奈良女子大学は男女共同参画を推進し、女性教員の採用促進を図るためのポジティブ・アクションに取り組んでいます。
提出・問い合わせ先 〒630-8506 奈良市北魚屋西町
奈良女子大学研究院生活環境科学系住環境学領域 根本 哲夫
Tel&Fax:0742-20-3474 E-mail:nemoto@cc.nara-wu.ac.jp
* 封筒表面に「教員公募応募書類」と朱書きし、書留等で郵送して下さい。
給与等 本学の給与基準に基づき決定します。ただし、今後本学規則の改正により、年俸制が適用される場合があります。

北海道教育大学旭川校(食物学分野)

求人件名 教授又は准教授の公募(食物学)
機関名 北海道教育大学
機関URL http://www.hokkyodai.ac.jp/asa/
部署名 教育学部旭川校
機関種別 国立大学
公募のURL http://www.hokkyodai.ac.jp/recruit/
求人内容 [機関の説明(募集の背景、機関の詳細、プロジェクトの説明等)]
○講座等名
 生活・技術教育専攻 家庭分野(学部)
 教科教育専攻 家政教育専修(大学院)
 
○専門分野
 学 部:食物学
 大学院:食物学
 
[仕事内容(業務内容、担当科目等)]
○担当予定授業科目
 学 部:食生活学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、調理実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、食生活学実験、食生活学演習Ⅰ・Ⅱ、卒業研究、その他必要とする科目
 大学院:食生活学特論、食生活学特別演習、教育実践研究、課題研究、その他必要とする科目
 
[勤務地住所等]
北海道旭川市北門町9丁目
 
[募集人員]
1名
准教授又は講師
 
[着任時期]
2019年 10月 1日
研究分野
(2以降は必要に応じて記入)
1 大分類 : 複合領域
小分類 : 生活科学
その他 :
2 大分類 : 社会科学
小分類 : 教育学
その他 :
3 大分類 :
小分類 :
その他 :
勤務形態 常勤 ( 任期なし )
応募資格 (1)大学院修士課程において、大学院生の研究指導補助ができる方
(2)修士以上の学位を有する方、又はそれと同等の研究業績を有する方
(3)学校教育に貢献できる人材育成に強い熱意を持って取り組む方
 
年齢
 特に問わない。(ただし、本校における大学教員の定年は65歳である。)
待遇 (1)身分等:国立大学法人北海道教育大学職員就業規則第2条第2項に定める「大学教員」となり、同就業規則が適用されます。
(2)勤務時間:「専門業務型裁量労働制」を適用(1日7時間45分のみなし勤務)
(3)給与:給与は本学の規定により決定します。なお、職位及び本人の経歴等により個々に異なりますので、担当課までご照会ください。
 また、一定の条件を満たす場合には,各種手当が支給されます。
(4)休日:原則として、土曜日、日曜日、国民の祝日、12月29日~1月3日、6月1日(大学の創立記念日)
(5)各種保険:医療保険・年金保険(文部科学省共済組合)、雇用保険、労災保険及び介護保険が適用されます。
募集期間 2019年 5月22日 (水)必着
応募・選考・結果通知・連絡先 [応募方法(書類送付先も含む)]
(1)著書、学術論文、作品等(研究業績書に記載した全ての著書、学術論文、作品等の現物、抜刷、又はコピー)  各4部
 ※コピーの場合は奥付を付けてください。
(2)上記著書、学術論文、作品等の中から主要業績5点についての400字程度の概要  各4部
(3)経歴書(北海道教育大学教員選考規則別記様式第3号)  4部
(4)研究業績書(同規則別記様式第4号)  4部
 ※様式中の〈「研究業績書」記載上の留意事項〉を参照してください。
(5)教育上の実績(同規則別記様式第5号)  4部
(6)管理運営に関わる貢献(同規則別記様式第6号)   4部
 ※前職及び現職がない方は提出不要です。
(7)社会的活動に関わる貢献(同規則別記様式第7号)   4部
(8)学校教育を中心とした教育への深い理解と関心(同規則別記様式第8号)  4部
(9)主要担当予定科目の授業計画(同規則別記様式第9号、「食生活学Ⅰ」、「調理実習Ⅰ」、「食生活学実験」、「食生活学特論(大学院)」についての授業計画を提出すること。)  各4部
(10)語学力(英語)に関する質問事項  1部
 ※語学力の参考とします。
(11)応募者の連絡先(氏名、電話番号、携帯電話番号及びE-mailアドレス)(A4判用紙使用。書式は自由。)  1部
 
※提出書類の各様式は、本学ホームページ( http://www.hokkyodai.ac.jp/recruit/ )又はJREC-IN(研究者人材データベース)( http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekTop )からダウンロードしてください。
 また、様式をダウンロードできない場合は、北海道教育大学事務局総務部人事課人材開発グループへお問い合わせ願います。
 
【応募書類送付先】
〒070-8621
北海道旭川市北門町9丁目
北海道教育大学旭川校キャンパス長 海老名 尚 宛
 
(内容に関する問い合わせ先)
 北海道教育大学旭川校 生活・技術教育専攻
 審査委員会委員長  渡壁 誠
 電話 : 0166-59-1351
 E-mail:watakabe.makoto@a.hokkyodai.ac.jp
 
(給与に関する問い合わせ先)
 北海道教育大学事務局総務部人事課人材開発グループ
 電話 011-778-0216,0217 / E-mail s-jinzai@j.hokkyodai.ac.jp
備考 (1)提出書類は「書留」とし、表に「教員公募(食物学)関係書類在中」と朱書きしてください。
(2)選考結果については、キャンパス長から直接本人宛に連絡します。
(3)提出された著書、学術論文等は審査終了後返却します。
(4)候補者については面接(模擬授業(食生活学Ⅰ)を含む。)を行います。その際の旅費等は支給されませんので、あらかじめご了承願います。
 また、採用候補者として選考された応募者については、別途、本学役員による面接を実施します。詳細については、後日連絡します。
(5)本学は、男女共同参画を推進しており、女性教員採用促進のためのポジティブ・アクションを定めて、「新任女性教員スタート支援経費」等の一定の経費支援を実施しています。
(6)本学は、主として学校教員の養成に責任を負う大学であり、学校教員の養成及び学校教育の研究に意欲がある方及び地域の教育活動に関心のある方の応募を期待しています。
(7)本学は、教員養成課程における実践的指導力のより一層の育成・強化を図っており、学校現場での指導経験のある方の応募を期待しています。
(8)必要に応じて、他のキャンパスの授業を担当することがあります。
(9)大学の運営状況の変化等により、主たる勤務地が変更になる場合があります。
(10)提出書類に含まれる個人情報については、選考及び採用以外の目的には使用いたしません。
(11)旭川市或いはその近郊に居住していただくことになります。
戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.