社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

教員公募

新潟大学(栄養科学分野)
神戸女子大学(家族社会学分野)
東京家政学院大学(調理学分野)
奈良女子大学(生活環境科学分野)

新潟大学(栄養科学分野)

所 属 教育研究院自然科学系 農学系列
担当学部・研究科 農学部 農学科 食品科学プログラム
大学院自然科学研究科 生命・食料科学専攻
担当予定科目 学 部:食品科学概論、学生実験、食品科学演習、農学入門、食と健康の科学など(分担を含む)
大学院:応用生命・食品科学演習、生命・食料科学特定研究など
職種・人員 助教1名(女性限定)
採用予定日 令和2年3月1日以降の可能な限り早い日
給 与 年俸制(国立大学法人新潟大学新年俸制教員給与規程による)。
職務内容・条件 A(1)農学部および大学院自然科学研究科において、栄養科学に関する教育と研究を行う。学部と大学院の教育に情熱をもって取り組み、博士前期課程及び後期課程の学生指導補助ができること。
(2)栄養科学分野に関連したイノベーション創出を推進し、プロジェクト研究等を通じて地域連携や国際連携などに貢献できること。
(3)大学の運営に意欲をもって取り組むこと。
(4)若手研究者の応募を歓迎します。
応募資格 1)女性であること。
※新潟大学では、男女共同参画およびダイバーシティの視点に立った教育・研究・就業環境の整備を推進しています。本公募では、男女雇用機会均等法第8条に則り、女性教員の割合が相当程度少ない現状を積極的に改善するための措置として女性に限定した公募を実施します。
(2)博士の学位を有すること。なお、令和元年度に学位取得見込みの者を含む。
(3)栄養科学の関連分野において優れた研究業績があること。当該分野に関連する講義を担当でき、学生に分かりやすく教えることができること。
応募書類
(各1部)
(1)履歴書(様式は特に定めない)。ただし、連絡先、大学入学以降の学歴、職歴を記入し、顔写真を貼付すること。
(2)研究業績書(所定の様式)。著書、学位論文、学術論文[査読付き]、その他学術論文[査読無し]、特許、最近5年間の学会発表[国際・国内学会に区分]に区分。
※研究業績書の様式は下記URLよりダウンロード願います。
https://www.niigata-u.ac.jp/university/recruit/faculty-members/
(3)主要論文5編以内各2部(論文は別刷りないしコピー)。
(4)外部資金の獲得状況(科研費、その他競争的資金、受託研究など)について、それらの種目・種類、題目、代表・分担の別(分担の場合は研究代表者名と所属機関)、金額(分担の場合は分担額)をまとめたリスト(最近5年間分)。
(5)これまでの教育研究概要、および採用された場合の教育・研究の抱負について、それぞれ2,000字程度にまとめたもの。卒業研究などの指導経験がある場合は、これまでの指導実績(実質的に指導した卒業論文、修士・博士論文の題名等)のリスト。
(6)学会活動、地域連携、国際連携などの社会貢献に関わる実績をまとめたもの。
(7)応募者について照会可能な2名の方の氏名と連絡先を明記。
(備考)応募書類は返却しません。応募に関する秘密は厳守します。また、本公募手続きにより本学が取得した応募者の個人情報は、「独立行政法人等の所有する個人情報の保護に関する法律」に基づき適正に管理します。
応募の締切 令和元年12月16日(月)必着
選考方法 応募書類による選考を行い、最終選考で面接を行う(旅費は支給しません)。
提出書類の送付及び問い合わせ先 (1)送付先
〒950-2181新潟市西区五十嵐2の町8050番地
新潟大学自然科学系総務課学系庶務係
(封筒の表に「農学系列、栄養科学分野教員応募書類在中」
と朱書きし、簡易書留郵便で送付のこと)
(2)問い合わせ先
新潟大学農学部教授西海理之
TEL/FAX025-262-6663、E-mail:riesan@agr.niigata-u.ac.jp
※新潟大学農学部・大学院自然科学研究科の活動内容については、それぞれのホームページ(https://www.agr.niigata-u.ac.jpおよびhttp://www.gs.niigata-u.ac.jp/~gsweb/index.html)を参照して下さい。
※新潟大学では、男女共同参画室(http://www.niigata-u.ac.jp/geo/)を設置して、女性研究者の支援を推進しています。
※新潟大学では、キャンパス・グローバリゼイションの実現に向けて、グローバル対応力の高い教員の採用を推進しています。教員公募においても、多様な言語を母語とする学生、研究者との日本語、英語を使ったコミュニケーション能力のある方の応募を歓迎します。

神戸女子大学(家族社会学分野)

採用予定職名 教授、准教授、講師または助教(助教は3年任期)
採用人数 1名
採用予定日 令和2年4月1日
所 属 神戸女子大学 家政学部 家政学科
専門領域 家族社会学分野
担当授業科目 学 部:家族関係学、くらしの社会学、社会調査法、生活福祉論、生活プロジェクト演習(家族関係)、家政学を学ぶ(オムニバス科目、家族分野を担当)、卒業研究など。
また、近い将来に大学院を担当できることが望ましい。
現在、カリキュラムの改訂の移行期であり、着任後、一部の科目については変更が生じます。
応募資格 (1)博士の学位を有すること、又はそれと同等の研究業績あるいは専門分野に関する実務経験を有すること
(2)本学家政学科の教育研究目標に賛同できること
(3)本学の教職員と協力して、学部・大学院学生の教育と研究に意欲的に取り組めること
(4)家庭科教員養成ならびに地域連携活動に興味があり、積極的に取り組めること
(5)学生指導に熱心に取り組めること
(6)健康面で講義・演習、学生指導等に支障がないこと
(7)本学への通勤可能な地域に居住できること
(8)令和2年4月着任に支障がないこと
提出書類 (1)履歴書(写真貼付) 1通
(2)教育・研究業績書  1部(著書、原著論文、作品業績、受賞歴、社会貢献、その他に分類)
※履歴書と研究業績書は、「学校法人行吉学園(神戸女子大学)」のホームページ「教職員募集」からダウンロードできます。職務経験、業績等が履歴書に書ききれないときは、適宜記入欄のサイズを変更していただいてもかまいません。市販の履歴書用紙の使用も可ですが、その場合も、Word型式かExcel形式の履歴書をCD-R(W)に取り込み、ご送付ください。
※専門分野に関する実務経験がある場合は、それを明記してください。
(3)論文・著書の中から主要なものを5点程度(コピーでも可)
(4)専門分野に関する研究概要(A4用紙1000字以内) 1通
(5)今後の教育・研究に関する抱負(A4用紙1000字以内) 1通
(6)推薦書 1通
(7)応募者について問い合わせのできる方2名の氏名、職業(所属・役職等)、連絡先
(1)〜(7)を書類として送付するとともに、(1)履歴書、(2)教育・研究業績書についてはCD-R(W)に取り込み、そのCD-R(W)も送付してください。CD-R(W)で送付する履歴書に関しては、写真を貼付する必要はありません。また、データの形式はWord型式かExcel形式に限ります(PDF形式の変換は不可)。なお、CD-R(W)以外の媒体(USBメモリ、フロッピー、MO等)での提出は受け付けません。
応募書類提出先 〒654-8585 神戸市須磨区東須磨青山2‐1
神戸女子大学事務部長 宛
※応募書類は(簡易)書留とし、封筒の表に「応募書類(家政学科)」と朱書きして下さい。
応募期限 令和元年11月18日(月)(必着)
問い合わせ先 神戸女子大学 事務部長 中岡弘一
E-mail: k-nakaoka@yg.kobe-wu.ac.jp
電 話:078-737-2432(直)
その他 (1)候補者については、必要に応じて面接・模擬授業を行うことがあります。その際の旅費は支給できませんので、あらかじめご了承ください。
(2)給与等は行吉学園の規程によります。詳細については上記問合せ先にお尋ねください。
(3)家政学科の教育目標や概要等については、本学ホームページ http://www.yg.kobe-wu.ac.jp/wu/をご覧下さい。
(4)提出された書類は、特に申し出がないかぎり返却しません。

東京家政学院大学(食文化分野)

所 属 現代生活学部 食物学科
担当分野 「調理学」分野
職名及び採用人員 教授または准教授 1名
勤務形態 常勤(任期なし:定年67歳)
担当予定科目

調理学,基礎調理学実習,調理科学実験,応用調理学実習,調理と素材(実習),調理と文化(実習),食事計画論,食生産体験演習A・B(分担),食物総合演習A・B,卒業研究A・B,他学科の指定する科目
(令和2年度のみ現代生活学部生活デザイン学科開講の調理と文化(実習)を担当頂きます。加えて同科の卒業研究A・Bを担当する可能性もあります。)

勤務地 町田キャンパス(東京都町田市相原町 2600 番地)及び
千代田三番町キャンパス(東京都千代田区三番町 22 番地)
応募資格 (1)管理栄養士の資格を有すること。
(2)大学等における「調理学」分野の教育経験を有すること。
(3)修士または博士の学位を有するか,これに準ずる業績を有すること。
(4)地域・行政・企業・教育機関との連携の実績があることが望ましい。
(5)本学・学部・学科の教育方針を理解し,運営協力すること。
(6)本学の建学の精神を理解し,教育・研究に熱意をもって取り組むこと。
採用予定日 令和2年4月1日
提出書類
[(1)~(9)]
(1) 個人調書(本学所定様式-1を必ず使用のこと) 1部
(2) 教育研究業績書(本学所定様式-2を必ず使用のこと)(口頭発表,講演などを含む) 1部
(3) 写真(本学所定様式-3に張付) 1枚
(4) 主要著書,学術論文(現物またはコピー)など10点以内
(5) 教育・研究への抱負(1200字程度) 1部
(6) 「調理学」(2年次開講・講義科目・1 回90 分)及び「基礎調理学実習」(1年次開講・実習科目・1回180分)のシラバス(それぞれ15回分) 1部
(7) 管理栄養士免許証のコピー 1部
(8) 最終学歴を証する書類 1部
(9) 推薦書 1通 (推薦者に問い合わせをすることがあります。)
(注1)本学所定様式1~3は,本学ホームページより入手ください。
URL https://www.kasei-gakuin.ac.jp/site/saiyo.html
(注2)提出された書類の返却を希望される場合は,返信用の封筒(返送先を明記し,所定の金額の切手を貼付したもの)を必ず同封してください。
応募締切日 令和元年11月13日(水)17時[必着]
選考方法 書類選考後に,面接及び模擬授業による審査を行うことがあります。
書類提出先

〒194-0292 東京都町田市相原町2600番地
東京家政学大学総務グループ 電話042-782-9811(代)
(郵送の場合は,封筒の表に【「調理学」分野教員応募書類在中】と朱書し,書留便で送付してください)

照会先

東京家政学院大学 現代生活学部 学部長 三宅 紀子
電話042-782-9811(代)
E-mail:koubo-g@kasei-gakuin.ac.jp

その他

(1) 応募,面接・模擬授業等に必要な費用は,応募者の負担となりますので,ご了承ください。
(2) 提出書類に含まれる個人情報は,選考及び採用以外の目的に使用することはありません。

奈良女子大学(生活環境科学分野)

職名及び人員 准教授または講師または助教 1名
所 属 奈良女子大学研究院生活環境科学系衣環境学領域
担当科目 学部においては、情報衣環境学科衣環境学コースにおいて関連科目(繊維・材料関係科目)を担当する。また、大学院博士前期課程においては生活工学共同専攻において関連科目(繊維・材料関係科目)を担当し、博士後期課程においては資格審査の後に生活工学共同専攻において関連科目(繊維・材料関係科目)を担当する。
着任時期 令和2年4月1日
応募資格 ①博士の学位を有する者あるいは着任までに取得できる見込みである者
②専門分野において、学部において教育と研究指導ができる者で、大学院博士前期課程・博士後期課程を担当できることが望ましい。
任 期 准教授または講師としての採用の場合は任期なし。助教としての採用の場合は5年。
提出書類 ①履歴書(写真貼付、連絡先明記、高等教育機関での教育歴を明記)
②研究業績目録(学位論文、原著論文(査読の有無を明記)、著書、その他に分類)
③主要論文別刷(コピー可、10編以内、研究業績目録に○印)
④外部競争的研究資金等の獲得実績(代表、分担を分けて記載)ならびにその成果
⑤これまでの教育・研究・社会連携活動の概要(1200字程度)
⑥着任後の教育・研究・社会連携活動の方針・抱負(1200字程度で具体的に)
⑦本人について照会できる方1名以上の氏名と連絡先
⑧学位記など、保有資格を証明するものの写し
応募締切 令和元年11月29日(金曜日)必着
書類送付先 〒630-8506 奈良市北魚屋西町
奈良女子大学研究院生活環境科学系衣環境学領域 領域長 才脇 直樹 宛
(封書には「衣環境学領域教員応募」と朱記し,書留にて送付のこと)
問合せ先 奈良女子大学研究院生活環境科学系衣環境学領域 才脇 直樹
Tel: 0742-20-3470、 E-mail:saiwaki@cc.nara-wu.ac.jp
その他 選考の過程で面接を行うことがありますが、交通費は自己負担となります。
奈良女子大学は男女共同参画社会を推進し、女性教員の採用促進を図るためのポジティブ・アクションに取り組んでいます。
状況により応募締切りが前倒しとなる場合があります。
応募された書類は返却いたしませんので予め御了承下さい。
給与等は本学支給基準に基づき決定します。
ただし、今後の本学規則の改正により年俸制が適用される場合があります。
戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.