社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
国際交流  International exchange
MENU

国際交流

 本学会は、国際家政学会(IFHE)、アジア地区家政学会(ARAHE)に役員や評議員として参加し、家政学の国際的課題に取り組むとともに、共同研究、研究交流も活発に行っています。
 IFHEは、1994年に国際家族年に対する活動が認められて国連から表彰を受けています。
日本での国際会議開催に尽力しており、IFHEの第20回国際家政学会議を2004年8月に国立京都国際会館において行いました。ARAHEの会議は、第1回国際会議(1983年、東京)、第10回アジア地区家政学会(1999年、横浜)と節目に開催してきました。
 また、2016年にはIFHE韓国大会のプレコングレスを、2017年には第19回ARAHE東京大会を開催しました。
 国際交流委員会では、会員の国際的な活動に資するよう、情報提供、大会等での講演会等の企画、会費納入支援を行っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

IFHE World Congress 2020 のご案内

2020年8月2日〜8日に、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタにて、第24回IFHE世界大会 が開催されます。
会場は、Atlanta Hyatt Regency Hotel です。
今回のテーマは "Home Economics: Soaring Toward Sastainable Development" です。
詳細は次のHPに順次掲載されますので、ご確認ください。
https://www.ifhe.org/ifhe/meetings/ifhe-world-congress-2020/

IFHE Annual Meeting 2019 のご案内

2019年3月18日~22日に西インド諸島のトリニダード・トバゴの首都:Port of Spain にて、IFHE Annual Meeting 2019 が開催されます。会場は、The learning Resource Center, University of the West Indies, St. Augustine Campus です。
今回のテーマは "Creativity and innovation in Home Economics for sustainable Development"です。
研究発表申し込みはすでに始まっており、10月1日が締め切りとなっております。
参加申し込み期限は2019年1月31日です。
詳細は、HPでご確認ください。
https://www.ifhe.org/ifhe/meetings/ifhe-annual-meeting-2019/


ARAHEセットの販売は終了しました。
第19回ARAHE東京大会(2017年8月6~10日開催)のProgram(大会プログラム)、Abstracts(発表要旨集)、バッグのセットを500円で販売します。
振込先:ゆうちょ銀行 振込口座番号 00120-5-264625
     口座名義 一般社団法人日本家政学会
備考欄に、「ARAHEセット希望」と明記し、送付先住所、氏名をお知らせ下さい。
振込手数料はご負担下さい。

第19回ARAHE2017(日本大会)は無事終了しました。
多くの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。

第19回アジア地区家政学会
6-10 August 2017
Tradition and Innovation: Home Economics Challenges for Sustainable Living
開催場所 東京 国立オリンピック記念青少年総合センター
主催 第19回ARAHE2017実行委員会
共催 (一社)日本家政学会、日本家庭科教育学会、横浜国立大学家政教育学会
Website http://arahe.tokyo/
問い合わせ ad.committee@arahe.tokyo

日程

2016年9月1日 発表申し込み登録開始
12月31日 発表申し込み締め切り
2017年1月1日 早期割引参加登録開始
2月28日 発表受理連絡開始
4月30日 早期割引参加登録終了
6月30日 参加登録終了

<基調講演>
8月7日11:00~12:30
1. 持続可能な生活革新と生活文化の継承
 Nancy L. Granovsky(Professor at Texas A&M University)
2. 組紐・伝統から未来へ
 多田牧子(京都工芸繊維大学 大学院非常勤講師)
8月8日9:00~10:30
3. 日本料理の基本
 村田吉弘(菊乃井主人、日本料理アカデミー理事長)
4. ロボットと生活支援
 小笠原 司 (奈良先端科学技術大学院大学)

<シンポジウム>
災害時の生活問題の解決方法 8月7日14:00~15:30
1.『被災後でも安心・安全に過ごせる家 ~パーフェクトハウス~』
 滝川真哉((株)小野田産業 プロジェクトリーダー)
2. 災害時に活かすアウトドアの知恵
 竹山史朗(株式会社モンベル常務取締役 広報部本部長)
3. ITで被災地の課題を解決する
 宮坂 学(ヤフー株式会社 代表取締役社長)

ロボットによる生活支援 8月8日11:00~12:30
1. 生活機能レジリエンスのための「繋げる人工知能」
 西田佳史(産業総合技術研究所 人工知能研究センター)
2. 革新的サイバニックシステムによる人とテクノロジーの共生
 山海嘉之(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授
        筑波大学 サイバニクス研究センター センター長
        内閣府ImPACT革新的研究開発推進プログラム プログラムマネージャー
        CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長/CEO)
3. 生活支援のための知能ロボット技術
 三浦純(豊橋技術科学大学)

食生産の技術革新と日本型食生活 8月9日9:00~10:30
1. 硬さ制御技術(凍結含侵法)を用いた高齢者・介護食品の開発
 坂本宏司(広島国際大学医療栄養学部教授)
2. 食と健康ー日本におけるその科学と行政ー
 阿部啓子(東京大学大学院特任教授)
3. うまみと和食
 笠松千夏(味の素株式会社)



戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.