社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

研究助成

2019年度「食と教育」学術研究
平成30年度 森永奉仕会研究奨励金・森永奉仕会賞
公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団 2019年度研究助成
不二たん白質研究振興財団 平成31年度研究助成
一般社団法人中央味噌研究所 平成31年度研究助成
第41回(2019年度)公益財団法人 石本記念デサントスポーツ科学振興財団学術研究
公益社団法人エリザベス・アーノルド富士財団 平成31年度学術研究助成
2019年度笹川科学研究助成
うま味研究助成

2019年度「食と教育」学術研究

目 的

「牛乳食育研究会」は、一般社団法人Jミルク(以下「Jミルク」という)と共同して、豊かな食体験及び総合的な食知識の習得や食に対する健全な態度の育成及び適切な食選択能力の向上などの教育的な取り組みを推進し、研究成果を国民の暮らしや社会に還元することを目的に、乳を活用した「食と教育」に係る学術研究を研究者ないし研究グループ(以下「研究者等」という。) に広く公募し、選考のうえ研究者等への委託研究として行う。

研究のテーマ

委託する学術研究のテーマは次の通りとする。なお、全てのテーマは「乳」に係る研究であり、「乳」とは、「食品としての牛乳乳製品やそれを生産流通する産業としての酪農や乳業など」である。また、「教育」とは、学校教育、家庭教育、社会教育などである。

(1) 特定研究

No テーマ 備考
「乳」に係る教育プログラムの開発と検証研究 キーワード:ヘルスリテラシー、食文化、乳特有の教育的価値
「乳」の生産・製造・流通等に係る教育的プログラムの開発と検証研究 キーワード:牧場の多面的な機能、牛乳工場の製造工程における工夫、牛乳のサプライチェーン特性
「乳」の持続可能な開発目標(SDGs)に係る教育的プログラム開発と検証研究 キーワード:社会、経済、環境、栄養
「乳」の学校給食における現代的意義に関する研究 キーワード:栄養バランス、子どもの貧困、学校給食経営

(2) 一般研究
No テーマ 備考
「乳」に関する教育的視点からの研究 補足:「特定研究」以外のテーマで学校・園(幼・保、小・中・高・大)、家庭、地域、社会、企業などにおける教育の場を活用した研究。

※教育目的以外のマーケティングコミュニケーションは除く

研究採用数

上記をテーマとする研究計画の応募申請の中から8件程度を採用し委託する。

応募資格

国内の大学及び短期大学、専修学校、国・地方公共団体の設置する研究所、独立行政法人の研究機関等で学術研究を行っている研究者等(大学院生含む)、またはこれに付随する研究を行っている個人の研究者等とする。

委託の要件

(1) 未発表の研究であること。
(2) 採択された場合、研究者等は、牛乳食育研究会及びJミルクが東京都内で2019年3月21日に開催予定の学術研究計画発表会において研究の計画を発表すること。
(3) 研究については、食と教育学術研究評価委員会(以下、「評価委員会」という)に報告書を提出し、評価を受けること。
(4) 研究結果は、原則として研究期間終了後2年以内に、学会での発表または学会誌及び学内紀要へ掲載すること。
(5) 外部への研究発表に際しては、事前に牛乳食育研究会に連絡するとともに、牛乳食育研究会及びJミルクの学術研究支援を受けたことを明らかにすること。
(6) 研究成果の全部もしくは一部を刊行または発表した場合は、その刊行物または別刷の1部を添付して牛乳食育研究会及びJミルクに報告すること。

委託期間

同一調査・研究課題に対する委託期間は、1年単位とし、原則として1年とする。ただし、研究テーマによって複数年の研究が必要な場合は、その限りではない。申請書に全体の研究計画の概要の他、各年の研究計画の概要がわかるよう記載すること。なお、複数年の場合には収支及び研究の中間報告を毎年実施する。

委託研究費の額

年間1件当たり原則として70万円(消費税込)以内とする。ただし、海外渡航調査など多額な費用が含まれる場合、100万円(消費税込)以内とする。
※個人契約で実施する場合は、所得税法等の規定により源泉所得税の課税対象。研究費からの所得税の支出は認めない(本研究費は、全額を研究費として充てること)。
※本学術研究は全国の研究機関を対象とした公募型のプロジェクトであり、研究助成として業務委託する。本研究費にかかる間接経費は計上できない。本委託研究費は、全額を調査・研究費に充てる為、研究機関に支払う間接費等に関しては、必要に応じて所属機関内にて免除手続き等を行なう。なお、法人契約を希望する場合、申請者はあらかじめ所属機関と確認を行い、申請すること。

委託研究費の支出基準

委託研究費は、調査・研究の実施に必要な次の経費とする。
(1)消耗品費:資材、資料、部品、消耗品等の購入経費
ただし、1件あたり10万円以上の物品は含まない。
(2)謝金等:研究や調査に携わる補助員や学生等の労務に対する作業代や、被験者や被調査者等に対する謝礼など。
(3)旅費:研究者及び補助員(学生・大学院生を含む)の国内外への出張又は移動に係る交通費、宿泊費など。なお、国内外を問わず、単なる学会出席のための旅費は対象外とする。
(4)印刷製本費:資料の印刷、製本等に要する経費
(5)会議費:会議等の開催に要する経費
(6)通信運搬費:郵便料、振込手数料等
(7)賃借料:電子機器等の賃借や使用に要する経費
(8)投稿料:研究成果の学会誌への投稿に要する経費
(9)その他経費:上記の各項目以外に必要な経費
ただし、1件あたり10万円以上の物品は含まない。
具体的な内容の項目を記載し、それぞれの経費の金額を記載すること。

申請手続き

2019年度「食と教育」学術研究申請書(別紙様式1)の定めるところによる。
本実施要領末尾に記載の牛乳食育研究会事務局まで、電子メールまたは郵送により申請すること。なお、申請書の電子データを希望する場合の問い合わせ先も事務局とする。

申請期間

2018年10月1日(月)~12月31日(月)

選考方法

評価委員会が、必要に応じて各分野の専門家の意見を参考とし、審議決定する。
評価委員
委員長 角屋重樹(日本体育大学教育研究科 研究科長)
副委員長 鈴木由美子(広島大学大学院教育学研究科 教授)
委員 石井雅幸(大妻女子大学家政学部児童学科 教授)
委員 木下博義(広島大学大学院教育学研究科 准教授)
委員 木村純子(法政大学経営学部 教授)
委員 児玉浩子(帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科 教授・学科長)
委員 田中博之(早稲田大学教職大学院 教授)

決定通知

(1)採否の結果は、2019年2月中に、別紙の2019年度「食と教育」学術研究申請書に記載された「1.研究代表者」に通知する。
(2)委託研究に採択された研究者等は、2019年3月にJミルクホームページ等において公表される。

委託契約の締結

牛乳食育研究会及びJミルク並びに研究者等は、別に定める委託研究契約書により、契約を締結する。

委託研究費の交付

(1)本委託研究費の支払は、委託研究が完了し、その額が確定した後に行うものとする。
(2)ただし研究者等からの請求に基づき、本委託研究費は概算払いをすることができる。
(3)研究を中止する場合、委託研究費の使途が不適当とみられる場合、または概算払いした委託研究費に残額が生じた場合は、委託研究費の一部または全部の返還を請求することがある。
(4)個人契約の場合、源泉徴収額を差し引いた額を振り込むこととする。

報告書等の提出

(1)研究者等は、研究報告書を委託研究期間の終了後45日以内(提出締め切り日は2020年5月15日)までに提出しなければならない。複数年にわたる研究の場合は、毎年5月15日までに前年度の中間報告書を提出しなければならない。
(2)研究報告書には、研究の目標・方法(手法)及び研究によって得られた新しい知見や試行方法などを明記する。(A4、横書き、3万字程度、本編と資料は別とする)。調査・研究報告書の構成、引用文献リスト及び表・図の記載法について改めて連絡する。

研究成果の公表

(1)研究者等は、牛乳食育研究会及びJミルクが東京都内で2020年8月に開催予定の学術研究報告会において研究成果を発表しなければならない。この報告会において、評価委員会の評価を経て優秀な研究報告は表彰される。
*前述「5.委託の要件」の項における本委託研究の成果を公表する旨の記載については、研究成果の発表については学会等を通じた外部への公表にプライオリティがあるとの判断から、本項(1)に記載した学術研究報告会での発表は本委託研究の“中間報告”段階のものとして扱う。
(2)牛乳食育研究会及びJミルクは、本項(1)の学術研究報告会開催後、提出された研究報告書を取りまとめ、公表する。

経理の区分及び収支の報告

(1)研究者等は、本委託研究費の使用実績については、他の研究等と区別し、帳簿を備えて収支の内容を記録しておくこと。
(2)研究者等は、上記(1)に関する証拠書類を、当該研究の完了した年度の翌年度から起算して5年間保管すること。
(3)研究者等は、本委託研究費の使用実績を支出報告書に記載し、上記15の研究報告書と同様に委託研究期間の終了後45日以内に提出すること。なお、研究費は研究期間内に費用が確定した額とする。論文投稿にかかる費用に限って、研究期間内に費用の支出が確定できない場合は、別に定める研究計画変更届を提出し受理された場合、委託研究の契約変更により3か月以内を上限に研究期間の延長を行う。

個人情報の取り扱い

委託研究申請書類に含まれる個人情報は、学術研究委託事業の業務の目的以外には一切使用しないこととする。

問合せ先・提出先

牛乳食育研究会事務局
〒104-0045 東京都中央区築地4-7-1築地三井ビル5階
一般社団法人Jミルク内「牛乳食育研究会」事務局 担当:前 いずみ
電話 03-6226-6352 FAX 03-6226-6354 E-mail:mae@j-milk.jp

公募ポスター
学術研究申請書

平成30年度 森永奉仕会研究奨励金・森永奉仕会賞

1. 平成30年度「森永奉仕会研究奨励金」の申請について
1)申込期間 : 平成30年10月1日~12月末日
 
2)研究課題 : 「小児の栄養・健康、公衆衛生並びにこれに関連する乳製品等の品質改善に関する調査・研究」
当財団の目的「乳幼児の健康と栄養に関する研究、調査及びこれに関連する乳製品等の品質改善に関する研究、調査に対し助成を行い、その成果をもって公衆衛生の向上に寄与する」に適うものとします。
なお、申請者のご選考は貴学会にご一任申し上げます。
 
3)申請金額 : 研究奨励金の申請金額についてはご自由ですが、当財団の財源の関係から裁量の上交付致しますことをご了承願います。
 
4)特別賞 : 当財団が推薦を依頼した学会(但し、小児科関係を除く)の申請の中から最も優れた調査・研究に対して、贈呈致します。
名称 : 森永賞
賞金 : 100万円
受賞資格 : 応募締切時点(12月末日)で45歳までの申請者
 
5)奨励金の交付期間等についてのお願い
研究奨励金の交付期間は、別添の当財団「審査・交付内規」第7条に記載の通り、原則として1年、継続申請の場合は3年を限度とし、同一人で生涯3回までとさせて頂きます。
 
2. 平成30年度「森永奉仕会賞」のご推薦について
森永奉仕会賞の対象は、平成29年1月1日から同年12月末日までの期間内に既に発表された業績に限定させて頂きます。
申請手続きにつきましては1項1)~3)に準じます。
 
3. 研究報告書の提出について
「森永奉仕会賞」を除き、研究奨励金の交付を受けた翌年度(2020年)9月30日までに、所定の様式により貴学会経由にて当財団理事長あてにご提出をお願い申し上げます。
 
4. 平成30年度貴学会ご推薦依頼件数
「森永奉仕会研究奨励金」ご推薦依頼件数 2件
「森永奉仕会賞」ご推薦依頼件数 1件
なお、同一者による「森永奉仕会研究奨励金」と「森永奉仕会賞」の同時申請は避けて頂きたくお願い申し上げます。
 
5. 申請研究課題及び研究報告書の開示及び公表について
公益財団法人として要請される情報公開の観点から、申請者名、研究課題を公益法人共同サイトの当財団ホームページに掲載させて頂きますので、ご了承願います。(掲載時期は毎年7月の更新を予定)
なお、研究報告書の開示につきましては、事務所に備え置きし一般の閲覧に供することとしていますので、合せてご了承願います。
 
6. 奨励金等交付予定日
2019年7月上旬
 
7. 応募等お問い合わせ先
〒108-0075 東京都港区港南3丁目8番1号港南ビル2階
公益財団法人 森永奉仕会
理事長 藪田 敬次郎
電 話 : 03-5783-0861
FAX : 03-5783-0867
(事務局)主事 : 鴨下 一秀

申請書

森永奉仕会研究奨励金申請書
※印刷の際は用紙サイズB4縦にて印刷をお願いします。

公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団 2019年度研究助成

助成の対象

<一般公募研究> 単年度(2019年4月1日~2020年3月31日)
・食品科学分野:食品の加工・調理・保存及び食品栄養における塩類の役割に関する研究

募集件数および研究助成金額

<一般公募研究>
・食品科学分野: 15件程度
・研究助成金額: 1件当たり120万円以下

応募資格

日本国内の大学、公的研究機関等で研究に携わる人(学生・研究生等を除きます)。
若手研究者の積極的な応募を期待。

応募方法

財団のウェブサイトから2019年度研究助成応募要領(Microsoft Word)をダウンロードし、応募要領に基づいて所定の書式に記入のうえ、書面により提出。

応募期間

2018年11月1日~2018年12月10日まで(締切日財団必着)

提出先

公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団
〒106-0032 東京都港区六本木 7-15-14 塩業ビル3階
電話: 03-3497-5711  URL: http://www.saltscience.or.jp

選考結果の通知

財団の研究運営審議会による審査・選考等を経て、3月に応募者へ書面で通知。

不二たん白質研究振興財団 平成31年度研究助成

研究者の範囲

大学等およびこれに準ずる研究機関に所属する研究者

特定研究(共同研究)

1. 特定研究の対象分野
 人における健康の維持や病気の予防等に期待される大豆たん白質および関連成分の有用性に関する領域の共同研究を対象とします。
2. 研究助成額および研究期間
 1) 助成額は単年度で500万円(採択予定件数1件)
 2) 研究期間は平成31年4月より原則として3ヶ年

一般研究

1. 研究領域と分野
 1) 研究領域は大豆たん白質および関連成分に関する研究を対象とします
 2) 研究分野は、以下の4分野としますが、各分野に跨る応募も歓迎します
   A.遺伝・育種・成分・品質などに関する研究
   B.調理・風味・加工・物性などに関する研究
   C.栄養・健康、疾病予防・治療などに関する研究
   D.食文化、食行動などに関する研究
 3) 萌芽的研究については、選考の際に配慮します
2. 研究助成額および研究期間
 1) 助成額は1件100万円(採択予定件数20件)
 2) 研究期間は原則として平成31年4月より1ヶ年。ただし連続して助成することもあり

若手研究者枠

1. 研究領域と分野は一般研究と同じ
2. 応募資格  応募申請時に満35歳以下であること
   大学院生の応募も可能。ただし、担当教官の承諾が必要
3. 研究助成額および研究期間
 1) 助成額は1件50万円(採択予定件数10件)
 2) 研究期間は原則として平成31年4月より1ヶ年。ただし連続して助成することもあり

応募方法

1. 平成30年9月上旬より、http://www.fujifoundation.or.jpへ助成研究応募要綱等を掲載いたします
2. 応募受付は平成30年10月1日~11月30日
3. 上記ホームページからエントリーし、必要事項を事務局あてご提出下さい
4. 提出された応募書類により、学識経験者からなる選考委員会による選考を経て採否を決めます

問合せ・申込先

〒598-8540 大阪府泉佐野市住吉町1番地 不二製油(株)内
(公財)不二たん白質研究振興財団 事務局 上田、高松
Tel.072-463-1764/Fax.072-463-1756

URL

http://www.fujifoundation.or.jp

一般社団法人中央味噌研究所 平成31年度研究助成

目 的

当研究所は日本の代表的伝統食品である味噌を通して、国民食生活の向上に寄与することを目的としています。本募集は、味噌関連研究及び味噌醸造技術を支援し推進するために実施します。

研究領域

(1)味噌汁摂取と子どもの発育や行動などに関する研究
学童期前、児童、中学・高校生を対象とし、味覚・食習慣形成、生活習慣改善、問題行動低減、学力・体力向上、心の成長等に関する研究とする。
例 子どもの食事における味噌汁の健康効果に関する科学的検証
(2)味噌の健康有意性を示す機構解明研究
例1 妊娠期・授乳期における味噌・味噌汁の健康有意性に関する研究
例2 味噌・味噌汁の熱中症予防効果に関する実証研究
(3)味噌製造技術の発展及び製造工程の改善につながる研究

応募資格

日本国内の企業、大学・短期大学及び研究機関に所属する研究者、またはそのグループ。同研究にて他の助成金を受けていないこと。

応募方法

一般社団法人中央味噌研究所ホームページ(http://www.miso.jp/)より応募用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上、最近の研究論文又は報文を添えて 一般社団法人中央味噌研究所 研究助成審査委員会までお送り下さい。尚、応募書類は返却いたしません。

応募期限

平成30年11月30日(必着)

助成金及び研究期間

(1)1件100万円以内、研究の具体的内容規模などに応じて決定されます。(採択予定件数4件程度)
(2)研究期間は平成31年 4月1日より1年間とします。

選考及び決定

審査委員会にて審査・決定し、応募者に対し平成31年3月上旬までに本人宛に通知します。また一般社団法人中央味噌研究所ホームページにて公開いたします。なお、採用の理由等に関するご照会には回答いたしかねますのでご了承下さい。

研究成果の報告及び取扱い

(1)半年後に中間報告(書式あり)を経て1年後に研究報告書を提出し、当研究所主催の報告会にて研究成果報告をお願い致します。
  報告書は「中央味噌研究所研究報告」に掲載公表し、HPにて公開致します。
(2)学会等で成果を公表される場合は、当研究所の研究助成を受けたことを明らかにし、その内容を当研究所理事長まで連絡して下さい。

個人情報の取扱い

自宅住所・電話番号等の個人情報は、研究助成に関する事業連絡に使用し、助成決定者についてはその後の必要な連絡のほか、関連事業等の連絡に使用させていただきます。

問合せ・申込先

〒104-0033 東京都中央区新川1丁目26番19号
一般社団法人中央味噌研究所 研究助成審査委員会
Tel:03-3551-7165 Fax:03-3551-7168

第41回(2019年度)公益財団法人 石本記念デサントスポーツ科学振興財団学術研究

主 催

公益財団法人 石本記念デサントスポーツ科学振興財団
THE DESCENTE AND ISHIMOTO MEMORIAL FOUNDATION FOR THE PROMOTION OF SPORTS SCIENCE

応募資格

① 体育学、健康科学、人間工学、被服科学、運動施設工学等健康の増進と体力の向上に関わる学術、およびその他スポーツ振興に寄与する学術研究に関する講座を持った大学、およびこれに準ずる研究機関に所属する個人またはグループ。
② 高校生から幼児までの教育機関に奉職しており、1に前述した分野で研究または調査活動を積極的に行っている個人またはグループ。
 この場合、運動生理学的研究でなくとも、あくまで教育現場に於ける身近なテーマで、すぐにも役立つ研究テーマを求めている。
 但し、研究報告等に不慣れな人は、報告書作成に習熟した人を共同研究者に加えて申請のこと。

学術研究テーマ

第一部 課題学術研究
本年度テーマ
① 「暑熱環境下における快適性を実現する手法に関する研究」
年々過酷さを増す夏の環境下において、スポーツウェア、用品の暑熱環境下における暑さ対策は一層重要になっています。スポーツウェア、用品における暑熱環境下での快適性を実現できる幅広い視点からの提言を頂きたい。
② 「衣服内環境を快適にする湿度をコントロールする手法に関する研究」
近年、衣服内の快適性に関して、湿度の影響が注目されていますが、衣服内の湿度分布の探求や素材の吸放湿性、吸汗速乾性などと快適性との関連性が十分には解明されていません。快適性を実現する衣服内湿度の理論とそれを実現する手法に関する提言を頂きたい。
③ 「運動後のリカバリーに有効なクールダウンを実現する手法に関する研究」
運動後のリカバリーはトップアスリートから一般の愛好家まで、スポーツの楽しみを継続するうえで非常に重要です。運動後の疲労回復や運動パフォーマンスの維持向上のための「運動後のリカバリーに有効なクールダウン手法」について提言を頂きたい。
④ 「運動時におけるウエアに関するシミュレーションシステムの構築」
(衣服圧、エアロダイナミクス、衣服内温湿度分布など)
スポーツウェア、用具の開発は実際の人の運動を物理的あるいは生理的に評価し進めることが多いが、開発の精度を高めていくために、あるいは効率化していくために、シミュレーション技術を利用することが不可欠です。
スポーツ時の身体周りの流体シミュレーション(流水抵抗、空気抵抗)や衣服内の温湿度分布シミュレーション、衣服圧シミュレーション等、スポーツウェアの開発に有効なシミュレーション技術の構築について提言を頂きたい。
 
第二部 自由課題学術研究
本財団の主旨に添ったものであり、申請者がこれまで行って来た研究を助成することによって、調査・研究の発展・充実が期待されるものであること。

応募方法

本年度の公募締切日は2018年11月9日です。
応募者は、所定の申請用紙に研究テーマ、第一部・第二部の区分、目的、内容および期待される成果等を簡潔に書き、2018年11月9日(当日消印有効)までに書面にて下記宛提出すること。
(申請書は所定用紙または当財団ホームページより、B4サイズにてダウンロードしたものとする。
但し所定用紙をコピーし使用する場合、第41回申請書をコピーのこと、自作による作表および前回までの用紙は使用しないこと)
 
〒567-0086 大阪府茨木市彩都やまぶき2-3-2(株)デサント R&D センター内
公益財団法人 石本記念デサントスポーツ科学振興財団 編集局
TEL 072ー649ー0910  FAX 072ー649ー0920
ホームページアドレス http://www.descente.co.jp/ishimoto/
E mail zaidan@descente.co.jp

公益社団法人エリザベス・アーノルド富士財団 平成31年度学術研究助成

助成の趣旨

当財団は、事業の一環として、社会的、学術的に貢献度の高いと思われる「主食である米、麦等に関する技術研究」に対しまして、学術研究助成を実施しております。
この助成は、米、麦等に関する研究、調査を通じて、国民の健康な食生活を推進し、食品産業の発展に寄与することを目的とします。

助成の対象

次の3に指定する分野で主に食品科学の研究に関する研究者及び研究機関を対象とします。

研究分野

(1)米、麦等に関する研究
(2)米、麦等を原料とする食品の生産・加工・流通・生理的機能性等に関する研究
(3)米、麦等を原料とする食品製造における技術の向上発展に関する研究
(4)米、麦等を原料とする食品製造における機械の向上進歩に関する研究

助成要件

(1) 学術研究助成
所属研究機関(大学、学部、研究科、研究所等)の長の推薦が得られていることとします。
(2) 舟橋重明記念奨励助成
42歳の若さで、平成10年5月15日に亡くなられた当財団の理事、フジパン株式会社(現 フジパングループ本社株式会社)代表取締役社長 故舟橋重明氏の功績を記念し、上記応募者の中より次の要件を満たす研究者1名に、上記研究助成金の交付に加え、奨励助成金を交付します。
①研究内容が優れ、かつ、斬新で3の研究分野において将来性が見込まれることとします。
②42歳以下の研究者を対象とします。(平成31年4月1日現在)

助成の金額

(1) 学術研究助成
選考委員会での審査により50万円から100万円を助成します。
(2) 学術研究特別助成
選考委員会で特に優れていると認めた者については、(1)の助成に加え最高100万円の特別助成をします。
(3) 舟橋重明記念奨励助成
対象者1名に対し100万円を助成します。
前記(2)および本(3)の助成使用使途は、3研究分野(1)乃至(4)に限ることとし、会計報告は以下13と同様翌年4月末日までとします。
舟橋重明記念奨励助成は、前記(1)(2)との重複助成を妨げません。

助成期間

助成期間は、平成31年4月1日(月)~平成32年3月31日(火)までとします。

助成回数の扱い

当財団から過去5年間に複数回助成を受けている場合は、考慮されることがあります。
ただし、選考委員会が特に認める場合は可とします。

申請手続き

所定の申請書類に必要事項を記入し、当財団宛て1部送付願います。

申請期間

平成30年11月1日(木)~ 平成30年12月14日(金)到着分とします。

選考方法

書類審査の後、当財団の学識経験者による選考委員会の議を経て理事会で決定します。

決定通知

平成31年6月上旬に通知します。

助成金の交付予定

平成31年7月とします。

研究結果等の報告

翌年3月末日の助成期間終了後、研究結果及び研究に要した助成金の使途につき、同年4月末日までに報告していただきます。

お問い合わせ・申請書請求・申請書送付先

公益財団法人エリザベス・アーノルド富士財団 事務局
〒467-0064 名古屋市瑞穂区彌富通一丁目21番地
TEL:052-833-5199
FAX:052-834-2961
E-mail office@ea-fujizaidan.or.jp
http://www.fujizaidan.or.jp

2019年度笹川科学研究助成

申請期間

【学術研究部門】・【実践研究部門】
・申請期間 :2018年 9月18日 から 2018年10月16日 23:59 まで

主な募集条件

【学術研究部門】
 ・大学院生(修士課程・博士課程)
 ・35歳以下の任期付き雇用の若手研究者
 ・ただし、「海に関係する研究」は重点テーマとして支援し、雇用形態は問わない。
 ・助成額は、1件100万円を限度とする
【実践研究部門】
 ・博物館、NPOなどに所属している者
 ・助成額は、1件50万円を限度とする

申請方法

Webからの申請となります。詳細は本会Webサイトをご確認下さい。

本会Webサイト

https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/

募集告知ポスター

https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/data/poster.pdf

うま味研究助成

うま味研究会は、基本味である“うま味”の科学的研究に対して助成を行っており、特に若手研究者の支援をしたいと考えております。
今年度もテーマ特定助成を募集いたします。
従来から実施してまいりました、「うま味に関する基礎研究」及び「うま味に関する応用研究」という広範な分野での募集に加え、よりテーマを絞り込んだ「テーマ特定助成」を募集いたします。

研究分野

下記の分野で募集いたします。ご応募の際には、いずれかをお選びください。
◇「うま味に関する基礎研究」(生理学、分子生物学、神経科学など)
◇「うま味に関する応用研究」(栄養学、食品科学など)
◇テーマ特定助成 テーマ:「うま味物質の減塩への貢献の本質に関する科学的研究」

今年度も、「テーマ特定助成」として、うま味物質の減塩への貢献(うま味物質による減塩食の嗜好性増強効果)の本質に関する研究も募集いたします。 詳しくはうま味研究会ホームページをご覧ください。

研究の対象

下記2つの条件を備えた研究
◇研究テーマが、基本味である“うま味”に関するもの。
◇研究の視点、方法が独創的なものであり、その成果が「うま味の本質」、「おいしさにおけるうま味の役割」、「うま味の有用性」という課題のいずれかに対し新しい科学的知見を加え、食に関する学際的研究の発展に貢献することが期待できるもの。

研究期間

2019年1月1日から2年間。

採択件数と助成額

採択件数は合計5件を予定しております。一件あたり総額100万円程度を基準としますが、最終的には研究の具体的内容、規模等に応じて決定します。

応募資格

日本国内の大学・大学院大学あるいはそれと同等の研究機関に所属する研究者。学部生・大学院生の場合には事前に指導教官と事務局に相談の上、指導教官の名前も併記頂きご応募ください。

応募方法

うま味研究会ホームページ(URL: http://www.srut.org)をご覧ください。
締め切り:2018年10月31日(水) 必着
(〆切、応募内容等は予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。詳細はうま味研究会HPを御確認下さい)

お問合せ先

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目11番8号 ニチト八丁堀ビル3階
うま味研究会事務局
Tel: 03-5244-9466  Fax: 03-3551-4371
E-mail: umami@srut.org
URL: http://www.srut.org

戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.