社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿   支 部   部会・若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
東日本大震災生活研究プロジェクト  The Great East Japan Earthquake life research project
MENU

プロジェクト

プロジェクト紹介

2011年3月11日に発生した未曾有の東日本大震災では、緊急の対処並びに復興に向けた取り組みが進む中で、
生活を主軸に考えていくことの重要性が改めて認識されます。
日本家政学会では、大震災直後の生活上の困難状況、ならびに復興に取り組む中での生活上の課題を明らかにし、
家政学から生活支援体制を確立すると共に、今後の生活のあり方を追求するためのプロジェクトを立ち上げました。

プロ研究代表者
大竹 美登利(日本家政学会前会長・東京学芸大学)

<採択科研費>
H24~28 基盤研究(B)
東日本大震災後のコミュニティの生活再建プロセスにみる課題解決の方法
H25~27 基盤研究(C)
震災被災者の復興過程で生ずる生活問題へのアクションリサーチ法による解決方法の追求

戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.