社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿   支 部   部会・若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
日本家政学会概要  Japan Society of Home Economics
MENU

日本家政学会刊行書籍の紹介

家政学からの提言
震災にそなえて


 東日本大震災を経験して、震災にあった時に少しでも健康で文化的な最低限の生活を送ることができるような方策をお伝えすることが、より良い生活のあり方を追究している日本家政学会の使命であると考え、本書を企画しました。
科学的根拠をふまえながらも、子どもから高齢者までわかりやすく情報を伝えるために、それぞれの内容をポイントを3つ程度にまとめ、絵で示しています。好評につき、改訂版を出版いたしました。大学のテキスト、小中高の家庭科や特別活動の副読本などでさらにご活用ください。
炊き出し衛生マニュアル

 (一社)日本家政学会では東日本大震災生活研究プロジェクトを立ち上げ、被災者の生活再建に向けた支援に取り組み、その一環として2012年にブックレット『震災に備えて 家政学からの提言』を刊行いたしました。これを活用してくださった炊き出し支援を行っていたボランティアの方から、支援団体の衛生管理能力は幅広く、事前の教育にも使える衛生マニュアルのブックレットを作ってほしいとの助言をいただきました。そこで震災シリーズ第2弾として、本ブックレットを刊行いたしました。大学のテキストや、小中高の家庭科や特別活動の副読本などでご活用ください。
東日本大震災
石巻市における復興への足取り

―家政学の視点で生活復興を見守って―

 日本家政学会東日本大震災生活研究プロジェクトと石巻専修大学による「東日本大震災における生活に関する研究」の発災から5年を経た被災地の現状の再検証と,研究課程で見えてきた新たな生活課題の実態などをまとめた成果報告書である。被災者自身が未来に向けて進める新たな取り組みをはじめ,被災経験を他の被災地のみならず日本の多くの人々に伝え生かすことを望み発信している事例も紹介している。
東日本大震災
ボランティアによる支援と仮設住宅

―家政学が見守る石巻の2年半―

 日本家政学会東日本大震災生活研究プロジェクトの被災地での約2年半の調査研究・支援活動をまとめた。まず調査地である石巻市の状況を阪神淡路大震災の被災地と比較して紹介し、プロジェクトの拠点である石巻専修大学の震災後の取り組みをまとめた。料理教室や手芸教室などの支援活動を通じて構築した仮設住宅居住者への調査や支援団体への調査を通じて明らかになった、仮設住宅を中心とした被災者の生活復興の立ち上がりの記録である。
石巻 わかめ料理創作グランプリ

 東日本大震災日本家政学会生活研究プロジェクトは石巻の特産物や伝統文化の情報発信の一環として石巻の特産物であるワカメの活用を目的として日本家政学会・石巻専修大学主催、NPO法人ラブギャザリング共催、宮城漁業組合石巻 北上町十三浜支所協賛、石巻市、宮城県東部地方振興事務所、石巻観光協会、石巻料理店組合、石巻教育委員会、東松島市教育委員会、女川町教育委員会後援で2014年10月12日に「ワカメ料理創作グランプリ」を開催した。そこでの優秀作品のレシピ、わかめの栄養と健康の関わり、十三浜わかめの紹介をしている。
衣服の百科事典

 
児童学辞典

 児童学事典は「子どもの視座から、子どもを理解する」、「生活する子どもの姿に学ぶ」ことをめざし、「子ども」を切り口に、発達、保育、教育、福祉、看護、医学、心理学など多くの学問分野における関心事項、重要事項を集めました。各項目を2ページまたは4ページで解説し、学びのスタートとしても、だれもが興味・関心を広げることができるよう構成してあります。子どもの概念、生活、成長、家族や人間関係、遊び、文化、福祉、社会の変化と支援、研究法に至るまで、そして付録に子どもに関連する法律等、子どもに関する広範な知識も集約されています。ぜひご活用ください。      吉川はる奈(埼玉大)
戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.