社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

関連学協会 催し

第32回 ファッション造形学セミナー「実践!レディスパターン教室 テーラード・ジャケット編」
熱測定サマースクール2020(第84回 熱測定講習会)~基礎から応用まで!充実した個別相談であなたの質問へ回答します~
日本女子大学家政学部学術交流シンポジウム「被服学の担う新しい役割~自然布の温故知新~」
2019年度一般社団法人日本調理科学会関東支部春季講習会 『韓国の食文化を学び、韓国伝統料理を味わい、韓国の食文化への理解を深める』
内閣府食品安全委員会「食品安全モニター」募集
和食と健康2020春 長寿につながる和食を科学的に再発見する
第11回生活科学系博士課程論文発表会
日本学術会議公開シンポジウム 生命科学分野におけるジェンダー・ダイバーシティーに関する課題と今後の展望(仮題)
実践色彩講座2019<考える,わかる,使える“色彩学”>

第32回 ファッション造形学セミナー
  「実践!レディスパターン教室 テーラード・ジャケット編」

 ジャケットの中でも多くのパタンナーが苦手意識を持っている3面マニピュレのジャケット。その構造を独自の理論で分かり易く解説します。また、コンパスを使った襟の作図や、袖の目をずらさずに捻りを入れる2枚袖の作図など、従来とは違う作図法も紹介します。更に、掟破りのアイロンのくせ取りなど、従来の常識に囚われない視点からテーラード・ジャケットを攻略します。
 講師は2017年に東京都優秀技能者(東京マイスター)を受賞されたドレスメーカー学院特任教授の菊地正哲氏をお迎えいたします。皆様のご参加をお待ちしています。

主 催

一般社団法人 日本繊維製品消費科学会

協 賛

一般社団法人 日本家政学会

日 時

2020年3月7日(土) ~8日(日)

会 場

文化学園大学 A館13階実習室(〒151-8523 東京都渋谷区代々木3-22-1)
交通アクセス:JR(山手線・中央線・総武線・埼京線)
地下鉄(都営新宿線・都営大江戸線・丸の内線)
小田急線・京王線→新宿駅南口より甲州街道に沿って初台方面へ徒歩7分

定 員

40名

内 容

3月7日(土)13:00~17:00
12:30~受け付開始
13:00~13:10 開会・お知らせ
13:10~15:00 講義
15:00~15:15 休憩
15:15~16:45 講義・作図師範
16:45~17:00 質疑応答
 
3月8日(日)10:00~15:45
10:00~10:10 開会・お知らせ
10:10~12:00 作図実習
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~15:30 作図実習
15:30~15:45 質疑応答
15:45       閉会
 
 今回は9号サイズの原型を使用して作図をします。ご自分のサイズで作図を希望する方はご自分の原型を持参してください。(原型はバストダーツと後ろ肩ダーツの入ったウエストまでのもの)

持参品

製図用具一式、コンパス、カッター又は紙切りバサミ

参加費

会員(学校)15,000円, 会員(企業・団体・官公庁)20,000円, 学生5,000円,
非会員(学校)20,000円,非会員(企業・団体・官公庁)25,000円

材料費

500円程度

申込み方法

参加をご希望の方は,学会HP上の申込フォームからオンラインでお申し込みください.http://www.shohikagaku.com/

申込・問合せ先

一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局 
(〒530-0035 大阪市北区天満橋2-2-7-4031)
TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442  E-mail:shohikagaku@nifty.com


熱測定サマースクール2020(第84回 熱測定講習会)
  ~基礎から応用まで!充実した個別相談であなたの質問へ回答します~

2020年3月12日(木)~13日(金)
星薬科大学キャンパス(東京都品川区荏原)
【講義内容】(予定)
熱分析の基礎/DTA・DSCの校正とJIS/現場での熱測定とその解釈(ケーススタディ)/熱分析による相転移次数・気相との相互作用の解析法―セラミックスを例として/熱分析による種々材料評価事例/高分子のDSC/研究事例報告―超高速DSC(Flash DSC)の技術革新と将来の応用展望/ITCで何がわかるか/無機物質のDSC/低分子医薬品の物性評価における熱分析の利用法/DSC測定とin-situ X線測定の融合による高分子材料の融解挙動解析
【実習と装置】
DSC(無機・金属,有機・高分子,バイオ・医薬品), TG-DTA(無機・金属),ITC(バイオ・医薬品)の実習より一つ受講できます
日本熱測定学会
http://www.netsu.org/
日本熱測定学会 事務局
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-6-7 宮沢ビル601
TEL:03-5821-7120
FAX:03-5821-7439
e-mail: netsu@mbd.nifty.com


日本女子大学家政学部学術交流シンポジウム
  「被服学の担う新しい役割~自然布の温故知新~」

日 時

2020年3月7日(土)12:30開場 13:00開演

場 所

日本女子大学目白キャンパス百年館低層棟5階506教室

ミニ展示

南洋の島の自然布、植物の恵み

1.講演会 13:00-16:20
  登壇者 全国古代織連絡会事務局長 村井龍彦 先生
        琉球大学教育学部 仲間伸恵 先生
        沖縄科学技術大学院大学 野村陽子 先生
        東京工科大学 下村美文 先生
        本学理学部 上田実希 先生
2.パネルディスカッション 16:25-16:55
  「自然布の活用と被服学」
  ファシリテーター:野村陽子 先生
3.展示解説 13:00-17:30
  宵衣堂 小野健太 氏
4.情報交換会(軽食あり・無料・70年館2階)

参加申し込み・お問い合わせ

日本女子大学家政学部被服学科中央研究室
電話 03-5981-3477(平日9:00-17:00)
hihukujwu@fc.jwu.ac.jp

対 象

一般(中学生以上)

シンポジウムご案内


2019年度一般社団法人日本調理科学会関東支部春季講習会
  『韓国の食文化を学び、韓国伝統料理を味わい、韓国の食文化への理解を深める』

主 催

一般社団法人日本調理科学会関東支部

日 時

2020年2月29日(土)11:00~14:30(10:30受付開始)

場 所

講演会 : 韓国文化院4F 東京都新宿区四谷4-4-1
昼食会 : 妻家房 東京都新宿区四谷3-10-25永明ビル2F

内 容

11:00~12:00 講演「韓国の食文化」
          講師:女子栄養大学准教授 守屋亜記子先生
12:00~12:20 韓国住宅の部屋とキムチ壷のある庭を見学
12:45~14:20 韓国伝統料理の会食

参加費

学会員・学生:6000円、非会員:7000円(昼食代を含む)
参加費は事前の振込みとさせていただきます。

定 員

36名 非会員可、先着順

申込方法

「講習会申し込み」として、E-mailにて氏名、所属、連絡先(E-mailアドレス・電話番号)、日本調理科学会の会員種別(会員、学生、非会員)をお知らせください。先着順に受け付け、確認後、参加費の振り込み先を連絡いたします。

申込期間

2020年1月9日(木)~2月9日(日)

申込&問合せ先

東京ガスリビングホールディングス(株) 杉山 智美
E-mail:satomi-s@tokyo-gas.co.jp


内閣府食品安全委員会「食品安全モニター」募集

内閣府食品安全委員会では、食品の安全性の確保に関する施策等について直接ご意見をお寄せいただくため、食品安全モニターを募集しています。

活動内容

①アンケート等への協力(年1回程度)
②食品安全に関する情報の周囲への提供(日常生活の範囲で随時)
③食品安全行政などに対する提案(日常生活の範囲で随時)

情報提供

上記活動をするにあたり必要となる情報を提供するため、オンライン研修(e-ラーニング)も実施する予定です。加えて、随時、食品安全のトピックスや講座などのお知らせをメールでお送りします。

募集人数及び任期

募集人数:120名程度
任期:1年間(令和2年4月1日~令和3年3月31日まで)
   (延長は1年毎、最長5年間)

募集締切

令和2年1月17日(金) 17時

問い合わせ先

内閣府食品安全委員会事務局「食品安全モニター」担当
電話(03)6234-1143・1154(平日10:00~17:00)
●令和2年度食品安全モニター募集について(お知らせ)
https://www.fsc.go.jp/monitor/bosyu/2020monitor.html
●募集要項、応募フォーム等は以下URLをご参照ください。
http://www.fsc.go.jp/monitor/bosyu/2020monitor.html


和食と健康2020春 長寿につながる和食を科学的に再発見する

開催日時

2020年2月4日(火)13:30-16:50(受付開始13:00)

会 場

富士ソフトアキバプラザ5階アキバホール
千代田区神田練塀町3/JR秋葉原駅中央改札口から徒歩2分

参加費

無料(定員200名)

申込方法

申込フォームをメールまたはFAXでお申込みください
下の専用QRコードからもお申し込みできます

締切日

2020年1月24日(金)

プログラム

開催挨拶 13:30-13:45
 一般社団法人和食文化国民会議 理事・調査研究部会長 大久保洋子
 一般財団法人キヤノン財団 事務局長 星野哲郎
・研究発表Ⅰ 13:45-14:45
 「伝統発酵食品が育んだ和食文化と、我々にもたらす健やかな未来」
 小栁 喬 石川県立大学生物資源環境学部 准教授
休憩 14:45-15:00
・研究発表Ⅱ 15:00-16:00
 「和食が心身の健康に及ぼす影響について」
 辻 一郎 東北大学大学院医学系研究科 教授
・発表者によるパネルディスカッション 16:00-16:45
 コーディネータ 伏木 亨 一般社団法人和食文化国民会議代表理事・会長
閉会挨拶 16:45-16:50

問い合わせ先

一般社団法人 和食文化国民会議 TEL・03-5817-4915

チラシ

ご案内・申込書


第11回生活科学系博士課程論文発表会

 生活科学系コンソーシアムでは、生活科学関連の学問分野の情報交換をより活性化することを目的として、大学院博士課程の論文発表会を平成21年度から毎年実施してきております。これにより生活科学関連分野の博士課程の研究内容を広く公開することで、所属以外の先生方からも、忌憚のないご意見や励ましのお言葉をいただき、今後の研究への発展に繋がってきております。
 終了後は交流会を開催します。ここでは、発表の時には得ることができなかったさらなる情報や意見交換、研究以外の情報も得ることができます。
 また、多くの方に発表会後の交流会へご出席いただくことで、楽しいひと時を共有し、研究者としての将来に広がりを実現する場にしていただきたいと考えております。
 生活科学系博士課程論文発表会でご発表いただいた方には、「生活科学系コンソーシアム学術奨励賞」を授与しており、既に多数の受賞者を輩出いたしました。発表会当日は、論文発表者のみならず、学生、院生等多くの方々のご参加をお待ちしております。

日 時

2020年3月24日(火)13:00~17:00
終了後に情報交換を目的とした交流会(発表会終了後~18:30)を開催する予定。

場 所

共立女子大学(東京都千代田区一ツ橋2-6-1)
発表会場:大学2号館 601教室 交流会会場:2号館カフェテリア
(アクセス方法:半蔵門線、都営新宿線「神保町駅」下車、A8出口より徒歩2分)

申込資格

2018年度・2019年度の博士課程の学位取得者および取得予定者

発表申込締め切り

2020年2月7日(金)17:00

申込方法

発表希望者は発表申込書を生活科学系コンソーシアムのHPからダウンロードし、添付ファイル(word形式)を作成し、下記アドレス宛にメール送信して下さい。
発表時間等の詳細については、申込み締め切り後にメールにてご連絡いたします。
 
E-mail:kshuzui@kyoritsu-wu.ac.jp
 共立女子大学 家政学部児童学科 守隨 香
 
 なお、発表数は8題程度を予定しております。申し込み者が多い場合は、生活科学系コンソーシアム運営委員の方で選ばせていただきますことをご了承ください。また、発表者に対する交通費、謝金等はお支払いできませんのでご了解ください。

ポスター

発表会ポスター


日本学術会議公開シンポジウム 生命科学分野におけるジェンダー・
  ダイバーシティーに関する課題と今後の展望(仮題)

日 時

2020年2月24日(月)13時〜17時

場 所

日本学術会議講堂

主 催

日本学術会議 第二部生命科学ジェンダー・ダイバーシティー分科会

共 催

生命科学アカデミー、日本農学アカデミー、関連学会他

後 援

文部科学省他

内 容

医学、薬学、看護学、家政学、農学など生命科学の多様な分野での現状と課題の違いを明らかにし,それぞれの分野での取り組みから各分野での課題解決の糸口を見出す。

演 者

基調講演: 渡辺 美代子(日本学術会議副会長・JST副理事長)
 
各分野の講演者
医学系:  花岡 裕(虎の門病院消化器外科)
看護学系: 小松浩子(日本学術会議第二部会員・
                 慶應義塾大学看護医療学部学部長)
薬学系:  薬学会の方(未定)
家政学系: 小川 宣子日本学術会議第二部会員・
                  中部大学応用生物学部教授)
農学系:  熊谷日登美(日本学術会議第二部会員・
                  日本大学生物資源科学部教授)


実践色彩講座2019<考える,わかる,使える“色彩学”>

期 間

2019年9月〜2020年2月の土曜日または日曜日(終日)全5回
<9/28(大阪),10/13(大阪),11/9(姫路),12/14(大阪),2/22(大阪)>

時 間

大阪会場 
 1時限目(90分 11:00~12:30)  昼食・休憩(60分 12:30~13:30)
 2時限目(90分 13:30~15:00)  3時限目(90分 15:10~16:40)
姫路会場
 1時限目(75分 11:00~12:15)  昼食交流会(60分 12:30~13:30)
 2時限目(75分 13:30~14:45)  3時限目(姫路城見学会 15:00~17:00)

会 場

大阪会場
 大阪電気通信大学駅前キャンパス(京阪本線寝屋川市駅 徒歩3分)
 https://www.osakac.ac.jp/institution/campus/access/
姫路会場
 姫路護国神社 護国会館(JR姫路駅から 徒歩12分)
 http://www.himeji-gokoku.jp/keidai.html

定 員

40名(定員になりしだい締切ります.学生枠は10名)

受講料

会員 50,000円  非会員 70,000円  学生30,000円(学生・院生で40歳以下)
*上記費用には,レジュメ,姫路会場の昼食交流会費,姫路城入城料,消費税が含まれています.
*協賛団体の会員も会員価格になります.
*万一欠席された場合,当該のレジュメは後日お受け取りいただけます.
*1日受講の募集は,実習や資料配布の都合もあり,現在のところ未定です.

修了証書

授与します.

申 込

メールの件名は「実践色彩講座2019受講希望」とし,氏名・会員種別(正・賛助・学生・非会員,協賛団体会員の場合は団体名も)・連絡先を明記し下記までお申込みください.
日本色彩学会関西支部 tsujino@gold.ocn.ne.jp 実行委員:辻埜まで

受講料

受講を受理した受講者には電子請求書をメールでお送りします.請求書が届きしだい<日本色彩学会 関西支部口座>にお振り込みください.振込先の詳細は請求書に記載します.なお,会場の受付でお支払いの場合はその旨お知らせください.

講義概要

1.化粧心理学と照明技法 9月28日(土) 11:00~16:40 大阪会場
2.アクセシブルデザインでワクワク社会に 10月13日(日) 11:00~16:40 大阪会場
3.姫路城の白壁から学ぶ修復技法と白の魅力 11月9日(土) 11:00~17:00 姫路会場
4.自然色を学ぶ ~育てる・味わう・測る~ 12月14日(土) 11:00~16:40 大阪会場
5.より戦略的なカラーマーケティング 2月22日(土) 11:00~16:40 大阪会場


戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.