社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

日本家政学会 講演会・研究会

2019年度(一社)日本家政学会家政学原論部会・夏期セミナー 日本の家政学のポジション・ステートメント構築に向けて
第38回被服衛生学セミナー『災害と被服衛生学』
(一社)日本家政学会関西支部第41回(通算97回)研究発表会
令和元年度(一社)日本家政学会関西支部若手の会講習会
2019年(一社)日本家政学会・生活経営学部会 夏期セミナー 人生100年時代のコミュニティの創造
第66回(一社)日本家政学会中国・四国支部大会
2019年度被服構成学部会公開夏期セミナー「地域から生まれる技と感性」
2019年度 被服心理学部会夏季セミナー
2019年度(一社)日本家政学会 色彩・意匠学部会夏季セミナー
一般社団法人日本家政学会 食品組織部会主催 2019年度講演・実習会
第47回日本家政学会・被服材料学部会夏季セミナー-尾州・名古屋のものづくり-

2019年度(一社)日本家政学会家政学原論部会・夏期セミナー
   日本の家政学のポジション・ステートメント構築に向けて

日 時

2019年8月26日(月)・27日(火)

場 所

女子栄養大学 駒込キャンパス 2号館2階 階段教室
(〒170-8481 東京都豊島区駒込3-24-3)
http://www.eiyo.ac.jp/ 参照

主 催

(一社)日本家政学会家政学原論部会

題 目

日本の家政学のポジション・ステートメント構築に向けて

内 容

 1日目の午後は「第1部 この10年間の活動から考える家政学として取り組むべき課題」とします。まず、「家政学原論のポジション・ステートメント構築に向けて−IFHEの経験から考える−」と題して工藤由貴子先生からお話を頂き、ポジション・ステートメントについて共通理解を図りたいと思います。次に、研究成果からみた課題について、3人の方にお話頂きます。家政学的研究のガイドラインについては、東 珠実先生、やさしい家政学原論については八幡彩子先生、そして3冊の本を出版されてきた関西の先生方を代表して小倉育代先生です。どのような目的で、誰を対象に作成されたのか、そこから見えてきた家政学として取り組むべき課題は何か、また日本の家政学のポジション・ステートメントにつながる部分はあるか、などをお聞きします。
 2日目の午前は「第2部 課題と枠組み」とします。まず、「IFHEのSDGsポジション・ステートメントからみる日本の家政学」について井元りえが報告します。次に、「家政学原論部会が当面取り組むべき課題―前日の報告を受けて」として岸本幸臣先生にお話頂きます。
 それらを踏まえて、倉元綾子先生をファシリテータとし、ポジション・ステートメントの枠組み(項目立て)を考えていきます。
 最後に今後の予定をご相談したいと思います。
 ぜひ奮ってご参加どうぞよろしくお願い申し上げます。

8月25日(日)17:00~20:00 新旧常任委員会
8月26日(月) 9:00 受付
 9:30~10:20 総会
10:30~12:00 研究発表(発表15分、質疑応答5分)
1) 恒川日出美(金城学院大学・院)「家政学原論における『家庭』『家庭生活』の概念」/2) 小野瀬裕子(共立女子大学・非)「SDGsに向けた日本の青年期の自立への課題」/3) 南有哲先生(三重短期大学)「家政学の対象としての『内部環境』について」/4) 花輪由樹(兵庫教育大学)、宮﨑陽子(羽衣国際大学)、小倉育代(大阪教育大学・非)、岸本幸臣(羽衣国際大学)「現代社会の住まいにおけるシェアのあり方―多拠点システムADRESSを事例に―」
13:00~13:45 わたしの家政学原論〈シリーズ14〉乘本秀樹先生
14:00~16:00
日本の家政学のポジション・ステートメント構築に向けて―第1部 この10年間の活動から考える家政学として取り組むべき課題―
  <はじめに> これまでの議論の整理          倉元綾子
1. 家政学原論のポジション・ステートメント構築に向けて−IFHEの経験から考える−
                                    工藤由貴子
2. 研究成果からみた課題
1) 家政学的研究のガイドライン 東 珠実/2) やさしい家政学原論 八幡彩子/3) 「家政学のじかん」『今こそ家政学』『楽しもう家政学』 小倉育代
16:30~17:00 質疑応答/17:00 閉会
17:00~20:00 第2回 新常任委員会

8月27日(火)
日本の家政学のポジション・ステートメント構築に向けて―第2部 課題と枠組み―
9:00~ 9:30 IFHEのSDGsポジション・ステートメントからみる日本の家政学
                                     井元りえ
9:30~10:15 家政学原論部会が当面取り組むべき課題―前日の報告を受けて
                                     岸本幸臣
10:30~11:30 ポジション・ステートメントの枠組み(項目立て)を考える
                           ファシリテータ 倉元綾子
11:30~12:00 今後の進め方の提案/12:00 閉会の辞

参加費

部会員 3,000円 学生会員 1,000円 会員外 無料

問い合わせ先

井元りえ(2019年度部会長)
E-mail:imoto@eiyo.ac.jp

詳 細

(一社)日本家政学会家政学原論部会ホームページ
http://genron.net/

第38回被服衛生学セミナー『災害と被服衛生学』

主 催

(一社)日本家政学会 被服衛生学部会

日 時

2019年8月27日(火)~8月28日(水)

会 場

エルパーク仙台 
〒980-8555 宮城県仙台市青葉区一番町4丁目11-1
TEL:022-268-8300(代表)
HP交通アクセス・会場案内 https://www.sendai-l.jp/center/lp/
・仙台市地下鉄南北線「勾当台公園」駅下車 南1番出口より地下道で連結
・バス「商工会議所前」または「定禅寺通市役所前」下車 徒歩5分

プログラム

8月27日(火)
12:30~
13:00
受付
13:00~
14:00
一般公開講演1 「避難所の景色を変える.災害関連死を防ぐ取り組み」
  講師 水谷 嘉浩 氏(Jパックス株式会社 代表取締役)
14:00~
15:00
一般公開講演2 「低温環境での体温調節と作業能力」
  講師 若林 斉 氏(北海道大学大学院工学研究院 准教授)
15:00~
15:15
休憩
15:15~
16:15
一般公開講演3 「冬期災害における関連疾患の想定とその予防策」
  講師 根本 昌宏 氏(日本赤十字北海道看護大学看護薬理学領域 教授)
16:15~
17:15
一般公開講演4 「東日本大震災における被災女性の心の回復に向けて」
  講師 宗片 恵美子 氏(特定非営利活動法人イコールネット仙台 代表理事)
18:30~
20:30
懇親会
   
8月28日(水)
9:30~
10:00
研究発表1 「災害時の高視認性安全服の役割~蓄光布の光が人に与える影響~」
  小野寺 美和(甲南女子大学)
  竹本 由美子(武庫川女子大学)
  谷  明日香(四天王寺大学短期大学部)
研究発表2 「漢服における衣服形態の変遷と気候変動,生活様式の影響について」
  YANG SHIZHE(文化学園大学大学院)
  佐藤 真理子(文化学園大学)
10:00~
10:50
講演1 「避難所での子どもの睡眠」
  講師 水野 一枝 氏(東北福祉大学感性福祉研究所 特任研究員)
10:50~
11:00
休憩
11:00~
12:00
講演2 「災害ストレスと発育」
  講師 黒川 修行 氏(宮城教育大学 准教授)
12:00~
12:10
閉会挨拶

参加費

当日受付にてお支払いください。一般公開講演のみの聴講は無料です。
名誉・正・賛助会員 6000円 学生会員 3000円 非会員 8000円

懇親会費

名誉・正・賛助会員・非会員 5000円 学生会員 3000円

参加申し込み方法

被服衛生学部会ホームページ(http://hifukueisei.jp/seminar-eisei2019-3/)の参加申込み用紙をメールまたはFAXで送信してください。

申し込み期限

令和1年 8月10日(土)

申し込み先・問い合わせ先

東北福祉大学 水野一枝
Email:kazue@tfu-mail.tfu.ac.jp TEL&FAX : 022-728-6012

(一社)日本家政学会関西支部第41回(通算97回)研究発表会

日 時

2019年10月26日(土)
12:30~12:50 支部役員会
13:00~13:20 臨時総会
13:30~14:30 公開講演会
14:50~18:00 研究発表会
18:30~20:00 懇親会(要 申込)

場 所

講演会 神戸女子大学教育センター(神戸市中央区中山手通2-23-1)特別講義室
発表会 神戸女子大学教育センター123講義室・演習室(1)・特別講義室・第2講義室
懇親会 萬壽殿(神戸市中央区中山手通2-20-4)

講演会

「局所温熱刺激による皮膚血管収縮反応
 ~お風呂で見られる指のしわしわ~」
 平田耕造先生
(神戸女子大学家政学部家政学科教授・日本家政学会副会長)

会 費

参加費 1,500円(学生1,000円)
懇親会費 6,000円(学生3,000円)
懇親会参加は9月27日(金)17時までに問い合わせ先までメールにてお申し込み下さい。

問い合わせ先

〒631-8585 
神戸市須磨区東須磨青山2-1
神戸女子大学家政学部
(一社)日本家政学会関西支部
第41回 研究発表会 実行委員長・堀田久子
Tel: 078-737-2435
Mail: kasei-kansai2019@yg.kobe-wu.ac.jp

後 援

神戸女子大学

最新の情報は、(一社)日本家政学会関西支部HPをご覧下さい。
http://jshe-kansai.main.jp/

令和元年度(一社)日本家政学会関西支部若手の会講習会

日 時

2019年10月26日(土)10:30~12:00

場 所

神戸女子大学教育センター 123講義室
(神戸市中央区中山手通2-23-1)

主 催

(一社)日本家政学会関西支部若手の会

題 目

「家政学の視点から防災・減災を考える(仮)」

講 師

大阪市立大学大学院生活科学研究科
准教授 生田英輔 先生

内 容

 関西支部若手の会は平成29年度に一新しました。今回は、大阪市立大学大学院生活科学研究科准教授の生田英輔先生を講師にお迎えし、災害時にどのようなメカニズムで人的被害が発生し、どのようにすれば人的被害を防ぐことができるのかについてご講演いただきます。
 また、ご講演後には避難所HUG(静岡県)を用いて参加者の皆様とゲーム感覚で避難所運営を体感していただきます。その上で、家政学の視点から防災・減災のために今からできること、必要なモノ・コトは何かについて話し合う全員参加型の会合にできればと思います。

申 込

当日、直接会場までお越し下さい(定員30名程度)。

参加費

参加費無料。講習会終了後の交流会では、お飲み物やお菓子をご用意しております。

問い合わせ先

谷 明日香(令和元年度代表幹事)
日本家政学会 関西支部 若手の会, E-mail:westkasei.wakate@gmail.com

2019年(一社)日本家政学会・生活経営学部会 夏期セミナー
   人生100年時代のコミュニティの創造

日 時

2019年8月28日(水)・29日(木)

会 場

東京家政学院大学 千代田三番町キャンパス(東京都千代田区三番町22番地)

内 容

 2018年度のセミナーでは、生活の内部環境と社会環境との双方向の関係性を視野に入れつつ、生活経営の視点から長寿社会における地域コミュニティの新たな役割や機能に焦点をあてた。大規模コミュニティにおける社会実験プロジェクトの事例をはじめ、生活者の視点に立った国際的に注目される先駆的取り組みが紹介された。地域コミュニティの課題解決に向けた誰もが安心してくらし続けられるまちづくりは地域のニーズによって異なるという多様性が示唆され、継続してこれらの課題を深めることを期待する声も多かった。
 そこで本年度は、昨年度のテーマを発展させ、「人生100年時代のコミュニティの創造」と題し、基調講演では、「100年コミュニティ」の実践を通し、子どもから高齢者まで、さまざまな価値観を持つ人たちが、世代や立場を超え、お互いの生活を尊重しながらともに支え合う、持続可能な「まちづくり」と「コミュニティネットワーク」のしくみをとりあげる。シンポジウムでは、各地域のコミュニティの実情に合わせた事例から、日常生活の多様なニーズに対しコミュニティそれぞれで取り組まれている活動を掘り下げ、地域の生活課題を自ら発見して自ら解決していく道筋を組み込んだ新たなコミュニティの可能性を追究する。

第1日目 8月28日(水)
11:30~12:30 新旧役員会
13:00~14:30 自由論題報告
14:45~15:45 生活経営学部会総会
15:45~16:45 若手の会、50周年記念出版編集委員会
 
第2日目 8月29日(木)<一般公開>
 公開セミナー 「人生100年時代のコニュニティの創造」
10:00~10:05 部会長挨拶
10:05~10:20 趣旨説明
10:20~11:50 基調講演  人生100年時代のコミュニティづくり
袖井孝子氏(一般社団法人コミュニティネットワーク協会会長・お茶の水女子大学名誉教授)
13:00~16:00 シンポジウム
 1.楽しく生きる健康100年時代の居場所づくり―京都市左京区の公園体操、シニアファッションショーの事例より―
                                    長石 啓子(元兵庫教育大学)
 2.消費者行政による高齢者等見守りネットワークの構築―甲府市消費者安全確保地域協議会の事例から― 
                                         神山 久美(山梨大学)
 3.生活ガバナンスによるまちづくり―高齢化の進むニュータウンを住民力で持続可能なまちに―
                                      石田 好江(愛知淑徳大学)
  総括討論

参加費

部会員,非部会員とも3,000円,学生1,000円(要旨集代を含む)
29日(木)の公開基調講演・シンポジウムのみの一般参加者:無料

問合せ先

生活経営学部会事務局 E-mail:jshe-frm@jshe-frm.jp

第66回(一社)日本家政学会中国・四国支部大会

期 日

令和元年10月12日(土),10月13日(日)

会 場

広島修道大学(〒731-3195 広島県広島市安佐南区大塚東1-1-1)
広島グランドインテリジェントホテル(〒732-0828 広島市南区京橋町1-4)

日 程

10月12日 日本家政学会・日本調理科学会合同公開講演会,機関幹事会,懇親会
10月13日 研究発表会(口頭,ポスター),総会・支部賞授与式

1.全体日程と会場

第1日目(10月12日 土曜日)
1)日本家政学会・日本調理科学会合同公開講演会 時間:13:30~15:50
  会場:広島修道大学8号館8302
2)機関幹事会 時間:16:00~17:30
  会場:広島修道大学8号館8304
3)懇親会 時間:18:30~20:30
  会場:広島グランドインテリジェントホテル
   
第2日目(10月13日 日曜日)  
1)研究発表会(口頭発表) 発表時間:10:00~11:00,14:00〜15:00
  会場:広島修道大学8号館8302,8304,8305
  研究発表会(ポスター発表) 発表時間:11:10~11:50
  会場:広島修道大学8号館8306
2)総会・支部賞授与式 時間:13:00~13:50
  会場:広島修道大学8号館8302

2.日本家政学会中国・四国支部 日本調理科学会中国・四国支部 合同公開講演会
 講演1 13:30~14:35
  演題「保険は生活の質的向上に役立つか」
  講師 中井教雄氏(広島修道大学 商学部 商学科 准教授)
 講演2 14:45~15:50
  演題「食品のにおい成分を測る -魚のにおいを中心に-」
  講師 谷本昌太氏(県立広島大学 人間文化学部 健康科学科 教授)
 
3.申込み締切り期日
 1)研究発表・参加申込みおよび要旨の締切り 8月22日(木)
 2)参加申込みの締切り(研究発表されない方) 9月2日(月)
4.交通手段
 会場へのアクセスは会場案内および広島修道大学HPをご覧下さい。広島修道大学から懇親会会場までは,機関幹事会終了後に出発する無料バスをご利用下さい。

*支部大会に関するお知らせについては,日本家政学会中国・四国支部のHPをご覧下さい。

会場案内

【10月12日(土)】広島修道大学 8号館8302(公開講演会),8304(機関幹事会)
広島グランドインテリジェントホテル(懇親会)
【10月13日(日)】広島修道大学 8号館8302,8304,8305,8306(研究発表会,総会・支部賞授与式)
 
広島修道大学へのアクセス
JR広島駅から
・JR山陽本線:広島〜横川(約5分)→広電バス:横川駅前(4番のりば)〜広島修道大学キャンパス(約19分)
・JR山陽本線:広島〜新白島(約3分)→アストラムライン:新白島〜広域公園前(広島修道大学前) (約32分)
市内中心部から
・広電バス:広島バスセンター〜広島修道大学キャンパス(約26分)
・アストラムライン:本通り〜県庁前〜広域公園前(広島修道大学前) (約36分)
マイカー利用
・山陽自動車道:五日市I.Cを降りてすぐ
 
時刻表はJR西日本のHP(https://www.jr-odekake.net),
広島電鉄株式会社のHP(http://www.hiroden.co.jp),
アストラムラインのHP(http://astramline.co.jp/time.html
などをご覧下さい。
 
広島グランドインテリジェントホテル(懇親会会場)
(〒732-0828 広島市南区京橋町1-4,TEL 082-263-5111 https://intelligent-hotel.co.jp/grand/
アクセス
・JR広島駅から徒歩3分:広島駅南口改札を出たら,そのまま直進し,エスカレーターで降りて地下道へ。
まっすぐ進み,福屋駅前店(エールエール)の前を通り,右手一番奥の8番出口(駅前大橋出口)に出る。
左手の駅前大橋を渡り,直進。横断歩道を渡って道なりに進んだ右手側にホテルがあります。
・インテリジェントホテルは広島市内に3館(本館・アネックス・グランド)ありますので,間違いのないようにお越し下さい。
・広島修道大学から懇親会会場へは,機関幹事会終了後に出発する無料バスがあります。

2019年度被服構成学部会公開夏期セミナー「地域から生まれる技と感性」

主 催

(一社)日本家政学会 被服構成学部会

日 時

2019年8月29日(木)・30日(金)

会 場

滋賀県立大学(彦根市八坂町2500),交通アクセス:大学HPをご覧ください。
(なお8/29のみ,JR米原駅東口から送迎バス2便※1あり)
※11便 9:30(9:20から待機)10:00大学着
  2便 12:00(10:40から待機)12:30大学着

プログラム

◎8月29日(木)
12:30~   受付(A7棟1階)
13:00~   開会の辞
13:10~14:10   <基調講演1>近江商人と呉服太物
    滋賀大学経済学部 名誉教授 宇佐美英機 氏
14:10~15:10   <基調講演2>滋賀の繊維-ものづくりの特性-
    滋賀県東北部工業技術センター 主任専門員 三宅肇 氏
15:10~15:30   休憩
15:30~16:10   <講演1>浜ちりめん-風合いの技を世界に向けて
    浜縮緬工業協同組合 理事長 吉田和生 氏
16:10~16:50   <講演2>絹弦の製造工程とその音色の魅力
    丸三ハシモト株式会社 取締役社長 橋本英宗 氏
16:50~17:30   <部会員報告>
    伝統織物の風合い特性・シルエット特性
    滋賀大学 教授 與倉弘子 氏
    滋賀の織物による浴衣とテキスタイルデザイン
    滋賀県立大学 教授 森下あおい 氏
17:30~18:00   移動(送迎バス)
18:00~20:00   懇親会 
会場:彦根キャッスルリゾート&スパ(彦根市佐和町1-8)
     
◎8月30日(金)  <見学会>(貸切バス)
9:20~   集合(JR彦根駅東口)
9:30~10:10   移動
10:10~12:00   近江上布伝統産業会館(愛荘町愛知川13-7)
    近江上布の技法・生地の紹介とブランド展開について」
    滋賀県麻織物工業協同組合 田中由美子 氏・西川幸子 氏
12:00~13:00   移動(車中弁当昼食)
13:00~14:00   丸三ハシモト株式会社(木本町木之本1427)
    琴糸づくりの工場内見学
      丸三ハシモト株式会社 取締役社長 橋本英宗 氏
14:00~16:00   移動
16:00   閉会の辞
16:20頃   解散(JR米原駅東口)

費 用

会員・非会員とも7,000円    学生 3,000円

懇親会会費

会員・非会員とも6,000円    学生 3,000円

見学会

先着50名のみ、弁当代(お茶代含む) 1,200円

申込締切

2019年7月31日(水)

申込方法

日本家政学会被服構成学部会HP(http://h-kohsei.com/gyouji.html)からお申込みください。

問合せ先

滋賀県立大学 森下あおい morishita@shc.usp.ac.jp

2019年度 被服心理学部会夏季セミナー

日 程

2019年8月26日(月)~ 27日(火)

会 場

富山大学(五福キャンパス)人間発達科学部 大会議室(B1 Zone 2階)
〒930-8555 富山市五福3190 
JR富山駅から市内電車「大学前」行で約20分大学前下車(片道200円),正門より270m

プログラム

8月26日(月) 公開講演会
12:00~ 受付
12:40~13:50 講演1『アパレルの品質に求められるもの -被服心理学の品質への関わりにふれながら-』
  (一社)日本衣料管理協会 会長 小林茂雄氏
14:00~15:10 講演2『アパレルにおけるファスニング製品』
  YKK株式本社 ファスニング事業本部 小野芳行氏
15:20~16:30 講演3『スペインマドリドにおける日本の美術教育の受け止め方』
  富山大学 人間発達科学部 教授 隅 敦氏
16:40~17:10 事例報告『アパレル分野における色彩調和』
  椙山女学園大学 教授 石原久代氏
17:10~17:40 定例部会
18:20~20:00 情報交換会
 
8月27日(火) 見学会
9:30 JR富山駅 北口 集合・出発 貸切バス(駐車場)
10:30~12:00 (株)能作、工場見学 (富山県高岡市)
12:00~ カフェ(IMONO KITCHEN)にてランチ(弁当)
13:30~15:00 (株)ゴールドウイン見学 (富山県小矢部市)
16:00 JR富山駅 南口 到着・解散

参加費

公開講演会 2,000円(学生無料)
情報交換会 5,000円
見学会   7,000円 貸切バス代・ランチ(弁当代)を含む

申込方法

下記E-mailに、①参加者の所属・氏名・連絡先 ②26日の公開講演会参加の有無 ③情報交換会参加の有無 ④27日の見学会参加の有無を明記の上、お申込ください。

申込締め切り

7月31日(水)

申込先・問い合わせ先

富山大学 人間発達科学部 孫 珠煕
E-mail:sohn@edu.u-toyama.ac.jp
Tel:076-445-6344  Fax:076-445-6264

2019年度(一社)日本家政学会 色彩・意匠学部会夏季セミナー

テーマ

《東海地域の伝統文化の色彩と意匠》

日 時

2019年8月21日(水) 13:00~16:30
     8月22日(木) 9:00~16:30

内 容

8月21日 公開講演会
開会の挨拶 13:00~
 
1.講演1 13:10~14:20
  『日本の伝統芸能と色彩』
    講師 元名古屋女子大学教授 林 和利氏
2.講演2 14:30~15:40
  『美濃和紙の歴史、技術と展開』
    講師 岐阜県産業技術総合センター 繊維・紙業部
    主任専門研究員 佐藤幸泰氏
3.講演3 15:50~16:30
  『長良川鵜飼の鵜匠装束』佳代子氏
    講師 岐阜大学教育学部教授 夫馬佳代子氏
 
19:00~ 情報交換会(部会員のみ)
 
8月22日 見学会
 9:00名古屋駅集合(全行程 貸し切りバス使用)
フェザーミュージアム(岐阜県関市)、 刃物会館(岐阜県関市)、うだつのあがる町並み(岐阜県美濃市)美濃和紙の衣服見学、あかりアート館など、各自昼食 、美濃和紙の里会館(岐阜県美濃市)見学、紙すき体験
16:30ごろ 名古屋駅解散

講演会会場

椙山女学園大学 星ヶ丘キャンパス(名古屋市千種区星が丘元町17番3号)

公開セミナー対象者

家政学会員・一般・学生

参加費

講演会参加費 家政学会員・一般1,500円(資料代)、学生 無料
見学会参加費 家政学会員・一般6,000円、学生3,000円(含バス代、入場料、紙すき体験参加費)
情報交換会参加費:9,000円(食事・鵜飼見物)

参加申し込み締め切り

2019年8月6日(火)12:00必着

申し込み・問い合わせ先

名古屋学芸大学 メディア造形学部ファッション造形学科  鷲津かの子
TEL 0561-75-1839(直通) E-mail washizu@nuas.ac.jp
申込みは タイトルに「夏季セミナー申込み」とお書きのうえ、「氏名・所属・メールアドレス・電話番号」を明記し、申込み先(鷲津メール)にお申込みください。

一般社団法人日本家政学会 食品組織部会主催 2019年度講演・実習会
  食品におけるSEMの新しい使用方法

日 時

2019年9月13日(金)13:00~17:00

場 所

日立ハイテクサイエンスセミナールーム
(東京都中央区新富2-15-5 RBM 築地ビル)

プログラム

特別講演 光学顕微鏡で食品の組織構造を見る
東北大学大学院農学研究科 渡邊康一
第一部 SEMの事例紹介
 1)麺の茹で伸び状態を測る
松井病院   古川香
 2)高齢者向き泡状食の観察
東京家政大学 小泉和子
 3)撹拌の違いによる高齢者向きムース食
マルハニチロ株式会社 住田基樹
 4)油脂を含む食品の微細構造
不二製油株式会社 芦田祐子
 
第二部 最新SEM・分析装置の紹介とその実演
 1)食品分野における熱分析の応用
株式会社日立ハイテクサイエンス
 2)卓上SEMでの食品観察事例(温度制御による効果)
株式会社日立ハイテクノロジーズ 市川薫
 3)最新分析装置 実機見学
卓上SEM観察実演 株式会社日立ハイテクノロジーズ 上村健

申込み

非会員4,000円、会員3,000円、学生1,000円

締切日

2019年8月28日

定員

40名

申込受付

事務局へメール本文に名前、ご所属、電話番号ご記載の上お申し込みください。
事務局
東京医療保健大学 西念幸江
E-mail s-sainen@thcu.ac.jp
TEL 03-5799-3712-301
 
食品組織部会代表
東京家政大学 峯木眞知子
TEL 03-3961-7046
E-mail minekim@tokyo-kasei.ac.jp

第47回日本家政学会・被服材料学部会夏季セミナー-尾州・名古屋のものづくり-

日 時

2019 年 8 月25 日(日)・26 日(月)

会 場

名古屋文化短期大学 (愛知県名古屋市葵1丁目17−8)

内 容

尾州は毛織物、名古屋地区は名古屋友禅などの伝統的なものづくりが行われてきた地域です。今年度の夏季セミナーでは、尾州の高品質な毛織物の生産、名古屋の伝統産業である名古屋友禅に関するご講演と、持続可能・環境調和型の毛織物の染色加工に関する研究、刺繍表現の新たな価値を追究して開発されたミシン刺繍機について、ご講演をいただきます。
2日目の実習・見学会では、1日目の講演会の内容を体感するために、名古屋友禅の型染め実習を行います。さらに、新しい刺繍ミシン機と製品の見学および戦災前の文化価値を復元しつつある名古屋城の見学を企画しています。皆様のご参加をお待ちしております。

日 程

〇第1日目(8月25日)講演会、総会、懇親会
12:30~ 受付 アセンブリ ホール
13:00~13:15 開会挨拶 名古屋文化短期大学 学長 成瀬 正春 先生
13:15~13:55 講演会①一般公開 
『毛織物の産地「尾州」 - その魅力と今後 -』
葛利毛織工業株式会社 専務取締役 葛谷 聡 氏
   休憩
14:00~14:30 講演会②『持続可能な繊維染色加工』
金城学院大学 長嶋 直子 氏
14:30~15:30 講演会③『名古屋友禅の歴史と技法』
渡邉染工場 渡邉 芳治 氏(伝統工芸士)
   休憩
15:45~16:45 講演会④『ミシン刺繍の構成と刺繍ビジネスの傾向』
タジマ工業株式会社 マーケティング部参事 岸本 孝士 氏
16:55~17:55 総会
18:30 夕食 懇親会
   
〇第2日目(8月26日)実習・見学会
9:00~ 名古屋文化短期大学集合 C402室
9:30~11:30 『名古屋友禅染色実習』
渡邉染工場 渡邉 芳治 氏(伝統工芸士)
11:30~12:30 昼食、後地下鉄にて新栄駅から市役所駅へ移動
13:30~14:30 『タジマ工業株式会社ショールーム見学』
タジマ工業株式会社 マーケティング部参事 岸本 孝士 氏
14:30~ 名古屋城見学

参加費

25 日の参加費(要旨集代を含む) 部会員、非部会員とも 5,000 円(前納)、学生 3,000 円(前納)、「講演会①一般公開」のみの一般参加者:無料

実習・見学会費

5,500 円、学生 3,500 円(昼食費・名古屋友禅染め実費を含む、交通費は含まず)

懇親会費

6,000 円、学生 3,000 円(布池教会聖ヨゼフ館にて開催)

申込先

〒463-8521 名古屋市守山区大森2丁目1723番地
金城学院大学 生活環境学部 環境デザイン学科 長嶋直子
E-mail:n-nagashima@kinjo-u.ac.jp
TEL:052-798-0180(代) FAX:052-798-0370

申込方法

「日本家政学会被服材料学部会夏季セミナー参加申込」と明記し、氏名、所属、連絡先(郵便番号、住所、電話、E-mailアドレス)、懇親会参加の有無、実習・見学会参加の有無をご記入のうえ、葉書またはE-mailのどちらかで、上記申込先にお申込ください。
お申込確認後、アクセス方法や参加費等振替のご案内をいたします。部会口座に振り込みをお願いします。なお、宿泊は近隣のホテルを各自ご予約ください。

申込締切

平成31年7月31日(水)。参加費等の振込締切8月7日(水)。

問合せ先

〒464-8662 名古屋市千種区星が丘元町17番3号
椙山女学園大学 生活科学部 生活環境デザイン学科 井上尚子
E-mail:inoue@sugiyama-u.ac.jp  TEL:052-781-1186(代)

戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.