社会法人 日本家政学会

English

TOPページ 日本家政学会概要 入会案内 学会誌・論文投稿 支部・部会・
若手の会
催し・公募
研究助成
年次大会 家政学
夏季セミナー
家庭生活
アドバイザー
国際交流 東日本大震災
生活研究プロジェクト
賛助会員・
関連学協会
催し・公募・研究助成  Events
MENU

日本家政学会 講演会・研究会

平成30年度 被服心理学部会「公開春季セミナー」
日本家政学会被服構成学部会平成30年度公開研究例会
平成30年度(一社)日本家政学会 色彩・意匠学部会 春季公開セミナー

平成30年度 被服心理学部会「公開春季セミナー」

日 時

平成31年2月23日(土)

会 場

キャンパスプラザ京都 第4講義室
京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939
(近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車 徒歩5分)

内 容

【講演1】「ユニバーサルデザインの実践と研究
          ~色彩、医療、ファッションの視点から」
  兵庫医療大学 社学連携推進機構 コーディネーター
  薬学部 研究員・非常勤講師
  色彩指導者(日本色彩研究所認定第391号)
                              石崎 真紀子氏
【講演2】「観光都市京都が取り組むユニバーサルデザイン(仮)」
  京都市保健福祉局 障害保健福祉推進室係長 本田 耕志氏
 
【事例報告】「災害時の高視認性安全服の役割と
               蓄光素材布を用いた衣服設計」
                甲南女子大学講師  小野寺 美和氏

タイムスケジュール

12:30~      受付開始
13:00~13:10  開会あいさつ
13:10~14:20  講演1
14:30~15:40  講演2
15:50~16:20  事例報告
16:20        閉会
16:30~17:00  定例部会

参加費

会員・一般 1,000円
学生 無料

申込締切

平成31年2月12日(火)

申込・問合せ先

〒654-8585 神戸市須磨区東須磨青山2-1
神戸女子大学家政学部 十一玲子
E-mail reiko-j@suma.kobe-wu.ac.jp
tel. 078-737-2422
Fax 同上
メールまたはファックスにて、氏名、所属、連絡先、電話、メールアドレスをご記入の上、お申し込みください。

日本家政学会被服構成学部会平成30年度公開研究例会

 被服構成学部会では、例年春季セミナーの中で一般講演会を開催しています。本年度の例会では,名古屋女子大学にて、日本の伝統的な和装に関する以下の2件のテーマを取り上げます。まず,400年の歴史を歩み和装の文化の中で様々な文様を生み出した伝統的染色技法、有松鳴海絞りが衰退をたどる中で海外に活路を見出し23カ国で販売されるまでの10年の軌跡と、伝統をデザインする意味について講演いただきます。また,ゆかた着装を含む教育プログラムの実践とHP,中・高校生を対象としたゆかた着装を含む教育プログラムの実践についてご紹介いただきます。さらに,その後,有松の工房にて説明をしていただきます。
 多くの方のご参加をお待ちしています。また,本例会講演会は日本家政学会より活動助成金を受けることにより,一般公開いたしますので,学生さんや非会員の方々にもご案内いただければ幸いです。

テーマ

「日本の伝統文化 きものを考える」

日 時

平成31年3月11日(月)12:10~16:30

場 所

名古屋女子大学 南4号館204教室

問い合わせ

埼玉大学 川端愽子 E-mail:kawabata@mail.saitama-u.ac.jp

参加費

無料
※見学会はタクシーで乗り合わせての移動になり、1,000円程度を各自ご負担下さい。

申込先

名古屋女子大学短期大学部 原田妙子 E-mail: harada@nagoya-wu.ac.jp
(ご所属とお名前、見学会の参加の有無をお知らせください)

申込締切日

平成31年2月20日(水)

プログラム

12:10~ 受付
12:30~12:40 部会長挨拶
12:40~13:40 講演1「手仕事の付加価値が世界を動かす
―伝統をデザインするブランディング」
  SUZUSAN クリエイティブディレクター 村瀬弘行氏
13:40~13:55 事例報告「きもの文化の伝承と海外発信をめざして」
    茨城キリスト教大学 教授 扇澤美千子氏
13:55~14:25 授業実践報告
  「きもの文化学習を軸とした衣生活領域の学習」
    山梨県立大学非常勤講師 大矢幸江氏
14:30~15:00 移動
15:00~16:30 有松見学(有松・鳴海絞会館,SUZUSANショールーム他)

平成30年度(一社)日本家政学会 色彩・意匠学部会 春季公開セミナー

日 時

平成31年2月25日(月) 13時00分~16時20分

会 場

京都光華女子大学/京都光華女子大学短期大学部
〒615-0882 京都市右京区西京極葛野町38

テーマ:「あじわい たのしむ 色とくらし」
 今回のセミナーは、くらしに息づく京都のものづくりにフォーカスした講演会です。京都のものづくりとそれらに関る色の楽しみを、京菓子、漆工芸、染色を切り口に、各分野で著名な講師の方々をお招きし、お話いただくという企画です。この講演会は一般公開としておりますので、会員外の方や学生の皆さんもお誘い併せのうえ、ぜひご参加ください。なお、本セミナーは会場校である京都光華女子大学短期大学部ライフデザイン学科の共催によるものです。

内 容

開会の挨拶 13:00~
1.講演1 13:10~14:10
「伝統素材「漆」を現代に活かす - MR漆を使った新規利用分野の開拓‐」
               講師 佐藤喜代松商店代表取締役 佐藤 貴彦 氏
2.講演2 14:20~15:30
「菓子における色彩とにおひ」
           講師 公益財団法人有斐斎弘道館代表理事 太田 達 氏
 
~ティータイム「老松のお茶菓子」とともに~
 
3.講演3 15:40~16:20
「復活した希少染色技法「マドレー染」の活用  ‐ビジネス展開に向けて‐」
            講師 京都女子大学家政学部 准教授 青木 美保子 氏

参加費

家政学会員・一般 1,000円(資料代、茶菓子代)、
学生 講演のみは無料 茶菓子をいただく人は400円(茶菓子代実費)

申込方法

〆切: 平成31年2月8日(金)17:00必着
下記メールアドレスに、タイトルに「春季セミナー申込み」とお書きのうえ、「氏名・所属・メールアドレス・電話番号」を明記し、申込み先にメールにてお申込みください。
申込先メールアドレス:kumada@gaines.hju.ac.jp

問合せ先

広島女学院大学 人間生活学部
 生活デザイン・建築学科、生活デザイン学科 熊田亜矢子
E-mail : kumada@gaines.hju.ac.jp  TEL :(082)555-8123(直通)

戻る このページの先頭へ
(一社)日本家政学会
〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-15 学園台ハイツ502号
事務局 E-mail : kasei-info@tokyo.email.ne.jp
TEL : 03-3947-2627  FAX : 03-3947-5397
Copyright(c) 2006 The Japan Society of Home Economics All Rights Reserved.